• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 関東学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 理工学部
  • 応用化学コース

私立大学/神奈川

カントウガクインダイガク

関東学院大学 理工学部 理工学科 応用化学コース

定員数:
63人

環境・IT・ナノテクなど最先端の知識と技術を身につけ、実践的な化学技術者をめざします

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学とは、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組む学問です。「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。したがって、学校によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。まずは環境科学の概要をつかみ、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    材料工学とは、新たな材料を生み出すことや、それらを活用するための技術を開発・研究する学問です。「そのままでは有効活用が難しい」とされている物質でも、加工することによって利用価値の高い「材料」にできます。まず、化学、物理、数学といった科目と、材料工学の基礎を学びます。ここで物質の特性をしっかりと理解し、次のステップとして、現在使われている材料について、実験も交えて身につけていきます。金属、無機、有機材料について横断的に学ぶことで理解を深め、専門的な学びや研究へと進んでいきます。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • 金属・材料技術者

    さまざまな金属やセラミックなどの新素材の開発をしたり、製品の製造現場での新しい技術を開発したりする。

     モノを作る現場では、モノを作るための素材が必要になる。機械などの場合は、さまざまな金属やセラミックなどの新素材がそれ。どういう目的で、どんな形状のものを作るかという話になった際、重要なのがこの材料。目的にかなった強度や加工のしやすさ、耐久性など、材料次第でうまくいくことも失敗することもある。しかも、商品にするためには、コスト管理も欠かせない。そのような金属や材料に関しての専門知識を持ち、時には新しい素材の開発を行ったり、加工技術に工夫を凝らしたりするのが金属・材料技術者。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2020年度納入金(参考) 166万円 

関東学院大学 理工学部 理工学科 応用化学コースの学科の特長

理工学部 理工学科 応用化学コースの学ぶ内容

化学をベースとした即戦力の技術者を育成します
ものを変化させる技術である化学を「材料化学」「環境化学」「表面工学」を柱に実験・実習重視のカリキュラムで学修。技術者倫理、グループ研究の際の問題解決力、特許の知識も身につけ、社会人力を養成します。世界に先駆けてプラスチックめっきの工業化に成功した特徴を生かして、独自のインターンシップも行っています。

理工学部 理工学科 応用化学コースの授業

「実装技術」の社会での重要性を学ぶ「エレクトロニクス実装工学」
実装技術の重要性について、その定義から、高密度実装技術の実際までを学びます。実装とは、設計された機能を具現化するため、空間的・機能的・時間的に最適配置・接続する操作です。電子機器の小型化など実装技術が果たしている役割を知り、社会における重要性を学びます。

理工学部 理工学科 応用化学コースの実習

実験技術やコミュニケーション能力を高める「環境・化学工学実験」
専門実験は、実験技術の習得、講義で学んだ知識の定着、報告書作成の習熟が目的です。この実験は、環境保全技術となる水質試験や活性炭による吸着など、化学工学を用いた複数の実験を実施。また、工場見学により化学系工場の成り立ちも学習。グループで行う毎回の実験は、コミュニケーション能力を高めるのにも役立ちます。

理工学部 理工学科 応用化学コースの卒業後

化学系および関連製造業やプラント建設業などに就職
新物質や材料の創製などの最先端の知識や技術、そして化学の幅広い分野での応用力を活かし、化学系および関連製造業やプラント建設業などにおいて、開発・製造・管理の業務を担当する技術者としての活躍が見込まれます。また、より高い専門知識や研究開発能力を身につけるため、卒業生の2~3割は大学院に進学しています。

理工学部 理工学科 応用化学コースの施設・設備

学生の興味に応じた、充実の施設・設備
ハイテクリサーチセンター、材料・表面工学研究所、工学総合研究所などの研究所のほか、応用化学コースに関する実験施設やラウンジ、シャワールームを備えたオリーブテクノセンターなど、学生の興味に応じて、いつでも触れることができる充実の施設・設備を用意しています。

関東学院大学 理工学部 理工学科 応用化学コースの学べる学問

関東学院大学 理工学部 理工学科 応用化学コースの目指せる仕事

関東学院大学 理工学部 理工学科 応用化学コースの資格 

理工学部 理工学科 応用化学コースの取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (一種) 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国>

理工学部 理工学科 応用化学コースの受験資格が得られる資格

  • 高圧ガス製造保安責任者<国> 、
  • 危険物取扱者<国> (甲種)

油濁防止管理者<国>

理工学部 理工学科 応用化学コースの目標とする資格

    • 毒物劇物取扱責任者<国> 、
    • 技術士<国> (実務経験7年) 、
    • 計量士<国> 、
    • 公害防止管理者<国> (甲種)

関東学院大学 理工学部 理工学科 応用化学コースの就職率・卒業後の進路 

理工学部 理工学科 応用化学コースの主な就職先/内定先

    化学工業、化粧品関連、エレクトロニクス・材料開発関連企業、環境エンジニアリング、情報サービス関連、教員(中学・高校)、独立行政法人研究施設 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

※大学院進学を含む

関東学院大学 理工学部 理工学科 応用化学コースの入試・出願

関東学院大学 理工学部 理工学科 応用化学コースの問い合わせ先・所在地・アクセス

〒236-8501  神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL045-786-7019(アドミッションズセンター)

所在地 アクセス 地図・路線案内
横浜・金沢八景キャンパス : 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1 京急線「金沢八景駅」下車、「関東学院循環バス乗場」から京急バス 約5分 人間共生、教育、栄養、看護学部は「関東学院東」、法、経済、経営、理工、建築・環境学部は「関東学院正門」にて下車《運休期間あり》
「金沢八景駅」バス停から京急バス 約5分で「内川橋」下車、徒歩約2分。
京急線「金沢八景駅」から徒歩 15分

地図

 

路線案内


関東学院大学(私立大学/神奈川)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路