• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 関東学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 阿部 真里奈さん(経営学部 経営学科/営業)

自信を持って紹介できるものを売る仕事は魅力的です

先輩の仕事紹介

女性ならではの感性を生かして、医療従事者や患者さんを支えていきたい。

営業
経済学部 経営学科(現・経営学部 経営学科)/2017年3月卒
阿部 真里奈さん

この仕事の魅力・やりがい

私の勤務先ナガイレーベンは、100年以上の歴史をもつ白衣メーカー。ナースウェアやドクターウェア、オペ室用ウェアなどの製造・販売を行っています。今の職場を選んだ理由は、業界トップクラスの企業でお客様に胸を張ってお勧めできるような商品を売りたいということ。もう1つは、ユニフォームで医療従事者の働きやすさをサポートすることで、間接的ではありますが患者さんの命の力になれるからです。現在は営業部に所属し、栃木県の病院や介護施設などを担当しています。多くの人との出会いも営業の魅力の1つ。病院とやり取りする時は主に看護部長が窓口になるのですが、私の母と同年代の方が多いので、皆さん娘のように可愛がってくれます。

学校で学んだこと・学生時代

私が所属していたゼミは、学外の様々なプロジェクトに参加することが特色でした。特に印象に残っているのは、高校生と一緒にビジネスプランを考え指導する取り組み。石油元売会社や製薬会社など様々な企業の方と接する機会もあり、ビジネスマナーの基礎や「報・連・相」の大切さを学ぶことができました。その経験を生かし、3年次には「リクルート幹事」という役職を務めました。どんな学生をゼミ生として採用したいかを決め、それに基づいて面接を行う、いわば人事部長のような役割です。たくさんのプロジェクトを一緒に乗り越えてきた分、ゼミ生同士の結びつきはとても強く、当時の仲間とは今でも連絡を取り合っています。

大学での経験は今でも仕事に役立っています

これからかなえたい夢・目標

医療従事者の中で、一番大きな割合を占めるのは看護師です。近年は男性の看護師も増えてきましたが、やはり女性もののナースウェアがまだまだ主流。現在販売している商品にも、インナーが透けないウェアやスタイルが良く見えるウェア、顔色が明るく見えるパステルカラーのウェアなど、女性からの意見が生かされていますが、まだまだ拾いきれていないニーズがあると感じています。今後はお客様との信頼関係を深め、男性には言いにくいことも話していただけるような存在になりたいですね。またナースウェアはもちろん、肌の露出を最小限におさえる検診衣など、女性の視点を生かした商品の企画・開発にも携わりたいと考えています。

女性営業としてできることはたくさんあります

阿部 真里奈さん

ナガイレーベン株式会社 営業本部 営業1部1課/経済学部 経営学科(現・経営学部 経営学科)/2017年3月卒/特待生として関東学院大学に入学した阿部さん。ゼミで業界トップクラスの企業で働く先輩の話を聞き「何かで1番の企業で働きたい」と考えるように。「それまでは営業というと製品を売り込む仕事だと思っていたのですが、顧客のニーズを引き出し、最適なものを提案することが営業の役目だと知り、魅力を感じました。今の勤務先は商品企画から製造・販売までを一貫して行っているので、お客様のご要望をすぐにデザイナーや製造現場に伝えることができます。このようなスピード感も業界トップクラスの企業ならではの強みです」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
関東学院大学(私立大学/神奈川)