• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 創形美術学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ビジュアルデザイン科

東京都認可/専修学校/東京

ソウケイビジュツガッコウ

ビジュアルデザイン科

募集人数:
40人

変化しつつある世の中で、時代や環境にとらわれない応用力を身につけ、しなやかに時代を乗り越えるクリエイターを育成

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • 美術スタッフ

    場面に合わせた道具やセットを用意する

    映画やTV、舞台などで美術を担当する。その場面に合わせた室内などを作り上げたり、そのなかに置かれているあらゆる道具を用意するのも仕事。映画などでは時代考証に合わせた古いものを集めてきたり、または、同じようなものを作り上げる技術も必要。

  • エディトリアルデザイナー

    出版物の紙面をレイアウトする

    写真、イラスト、図表、文章など印刷物に使う素材を限られたスペースに効果的に配置する。単にスペースに必要な要素を収めるだけではなく、編集者の意図や雑誌のテーマをしっかりと把握し、誌面全体にその流れを盛り込んだデザインを施さなければならない。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • 雑貨デザイナー

    文具や食器など生活雑貨をデザイン

    生活雑貨を中心に、形や素材などトータル的にデザインしていく。このところ雑貨人気もあり、デパートなどでも雑貨コーナーを、新設・拡大する傾向にあるようだ。使いやすく、しかも見た目も洗練されたレベルの高いデザイナーが求められる。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • カメラマン

    被写体を見る目、構図、センスが重要

    雑誌、単行本、ポスター、その他さまざまな印刷物や展示などのために写真を撮影する仕事。「何をどう撮るか」だけでなく「どう見せるか、伝えるか」といった自分なりの視点が求められる。報道写真、広告写真、営業写真といったジャンルや撮るもの(人物・物・動物・ファッションなど)によって求められる作品も違うので、高度な専門技術が必要。

  • CGアニメーター

    デジタル技術を駆使してアニメーションの作製をする

    CG(コンピュータグラフィックス)などのデジタル技術を駆使しアニメーションを作る。大胆な動きを表現したり、3Dアニメーションを作製する。映画業界、TV業界、CM業界など活躍の場は多岐にわたり、どの業界でも欠かせない存在となっている。

初年度納入金:2017年度納入金 139万5200円  (入学金18万円、1年次で使用する教材・画材代なども含む)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

新しい時代を切り開く、応用力の高いクリエイターの育成を目的としています
創形では時代性や地域性にとらわれない柔軟な応用力を身につけるためにも、技術だけに頼るのでもなく、感性だけに頼るわけでもなく、柔らかい頭で、コンセプトからディレクションまで柔軟な応用力で活躍できるクリエイターを育みます。

カリキュラム

1年間の基礎課程と2年間の専門課程の計3年制の特徴を活かした独自のカリキュラム
しっかりとした基礎の上に高度かつ実践的な技術、柔軟な応用力が学べます。1年次は表現基礎力「5つの力」を通して、プロに必要な基礎を習得。2年次からはビジュアルデザインの基礎を学び、自分の表現の魅力を見つけていきます。3年次はより高度な専門知識と技術を深め、卒業時にプロのクリエイターの第一歩を踏み出します。

授業

少人数制のメリットを活かした実践的な授業
先生が学生一人ひとりに向き合い、家庭教師のように指導していきます。それは少人数制だから可能になったこと。プロのクリエイターが実践的な授業で直接指導。クリエイターの心を伝え、学生の中に眠っている才能を見つけ、プロとして羽ばたけるよう、一緒に考え、共に歩んでいきます。

先生

プロのクリエイターによる直接指導
創形には教師を本業としている先生はいません。創ることの本質を理解しているプロのクリエイターしかいないのです。創作のマニュアルを教えるのではなく、実際の現場で必要なこと、大切なことを学生一人ひとりに直接指導します。

雰囲気

少人数制で家族のような雰囲気で一緒に学んでいきます
創形は少人数制で、アットホームに創ることを楽しみながら、プロのクリエイターを育てます。先生と学生、先輩と後輩の距離が近く、それぞれの個性を認めながら、明るく活発な雰囲気の中で学んでいきます。

研修制度

インターンシップ制度
2年次に希望者を対象としてインターンシップ制度を行っています。実社会での就労体験を通じて自分の進路や職業に対する関心を高め、自分の適性や適職を見極めて、将来の進路選択において実践的に考える機会になります。また会社などの最新の情報や人材に対するニーズが把握できます。

募集コース・専攻一覧

  • グラフィックデザイン専攻

  • イラストレーション・絵本専攻

  • アニメーション&コミック専攻

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    A・F・T色彩検定

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    昭和カートン株式会社 、 株式会社ナイスクラップ 、 株式会社ブラックアートセンター 、 株式会社協和アート校正 、 シグニフィ株式会社 、 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント 、 株式会社ミームプランニング 、 株式会社パルディア 、 アソビモ株式会社 、 株式会社クレア ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-31-2
TEL 03-3986-1981 創形美術学校事務局
sokei@sokei.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都豊島区西池袋3-31-2 「池袋」駅から西口を出て徒歩 5分
「池袋」駅から地下1a出口を出て徒歩 1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

創形美術学校(専修学校/東京)