• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 新潟
  • 専門学校 新潟国際自動車大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • モータースポーツ2級整備士科(3年制)

新潟県認可/専修学校/国土交通大臣指定/新潟

センモンガッコウ ニイガタコクサイジドウシャダイガッコウ

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

専門学校 新潟国際自動車大学校 モータースポーツ2級整備士科(3年制)

定員数:
10人

モータースポーツも整備も楽しむ。卓越した技術を極める。クルマ業界で幅広く活躍できる可能性

学べる学問
  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

目指せる仕事
  • 自動車整備士

    自動車を点検・整備・修理して、安全確保に努める

    自動車整備士は、自動車に関する専門知識をもち、乗用車やバス、トラックなどさまざまな車を点検・整備・修理する技術と資格を有するエンジニアです。車社会である現代では、自動車を安全で快適に使用するために必要不可欠な仕事で、交通事故などを減らす社会的な役割も担う重要な人材となっています。最近ではハイブリッド車や電気自動車など自動車の進化とともに必要とされる知識や技術がより高度になっていることもあり、ニーズが高く、将来性もあって、やりがいのある仕事として注目されています。自動車整備士は国家資格であり、一定の受験資格を満たしたうえで、技能検定試験にパスする必要があります。

  • レーシングメカニック

    レーシングチームのハイテクエンジニア

    カーレースは、ドライバーとレベルの高いメカニックチームが一緒になって戦う。レーサーメカニックはコンピュータでマシンを管理し、走っている車の水温、油温、油圧、エンジン回転数、残熱量、スピードなどのデータを基に燃費やペースを分析してドライバーに指示したり、整備したりする。

  • プロドライバー・運転手

    レーシングドライバーからタクシー運転手まで車を運転する

    自動車を運転する仕事には、F1、F3000などのレーシングドライバー、運送会社のトラックやトレーラーなどの運転手、タクシー、バスの運転手などがある。モータースポーツのドライバーはレースの種類に応じたライセンス取得が必要で、そのほかの運転手も車種に応じた運転免許が求められる。

  • カーチューナー

    自動車・オートバイ・自転車など、乗り物の性能を最大限に引きだす

    エンジンのパワーを上げ、加速をスムーズにするなど、自動車・オートバイ・自転車の性能を最大限に引きだす仕事。シリンダーを削る、吸気排気のタイミングを調整するなどエンジン本体のチューンだけでなく、エアクリーナーやマフラーの交換、車高やサスペンション、ブレーキの調整などトータルバランスを意識しながら仕上げていく。

  • レーシングエンジニア

    レースチームの技術面の責任者

    レースチームの技術面の責任者として、ベストの状態でレースに参戦できるようマシンを管理する。テスト走行の結果や次に参戦するレースコースの特色を踏まえ、マシンのチューニングの総指揮をとる。同時に新たなパーツの開発にも参加し、そのためにメーカーやスポンサーとの折衝も進める。

  • カスタムメカニック

    カスタムパーツをその場で素速く取り付ける自動車・バイク専門のメカニック

    自動車やバイクのメンテナンス、機能拡張などを行う。車種とそれに適した部品に関する幅広い知識、溶接や機械加工、板金といった特殊技術が求められる仕事だ。また、取り付けるパーツや車の仕様に関するトレンドなども把握しておく必要がある。

  • レストア技術者

    自動車・オートバイ・自転車など、往年の乗り物をよみがえらせる

    クラッシックカーに代表される、今は生産されていない往年の乗り物をよみがえらせるため、中古車や廃車同然の状態から修理、補修を行う。ボディ、足回り、内装、塗装からチューニングまで仕事の範囲は多岐にわたる。こうした専門知識に加え、こだわりと愛着をもって一台一台仕上げていく。

  • カーディーラー営業

    自動車販売会社のショールームなどで接客をするほか、企業や個人宅を回って営業することも。

    街中にある自動車販売会社で営業を行うのがカーディーラー営業。新車や中古車など、扱うものはその自動車販売会社によってさまざま。自動車が好きであることはもちろんだが、来客したお客様がどんなことを望み、何を求めているのかを的確にキャッチする「聞く力」が重要な仕事。自分の好みを押し付けるのではなく、お客様の要望に沿った提案をいかにできるかが営業の仕事。ショールームなどで接客することも多いが、平日の日中などは担当地域の個人宅や企業を回り、話をして、メンテナンスや買い替えの要望を引き出すことも大切。

  • 自動車商品企画

    消費者のニーズなどを調べ、「売れる新車」のアイデアを練り上げる

    自動車メーカーで新車の企画をする仕事。消費者のニーズや他社の動向、自社の技術力などを総合して、「売れる自動車」のアイデアを考える。マーケティング部門と連携しながら、自らも調査をして、「今、どんな車が求められているのか」をリサーチし、技術部門と相談をしながら新車の構想を具体化していく。価格設定や販売戦略に関わることも。新車の開発には多大な時間と費用がかかるため、商品企画担当者が担う役割は重要。マーケティング的な要素も強い仕事なので、文系出身者も活躍している。

  • 自動車開発・設計

    さまざまな分野の技術者が力を合わせ、新車を作り上げていく

    自動車メーカーで、新車の設計や開発を担当する技術者。商品企画部門が考え、社内会議で採用された新車のアイデアを、技術力を生かして形にしていく。担当は、外観の設計、内部構造の設計、エンジンの開発、制御システムの開発といったように細かく分かれており、デザイン、機械工学、電気・電子工学、ITなど多様な分野のスペシャリストが活躍している。それぞれの部門が連携しながら技術的な課題を解決し、何度も試作車を作って、企画に沿った自動車を完成させていく。

初年度納入金:2022年度納入金 138万5000円 
年限:3年制

専門学校 新潟国際自動車大学校 モータースポーツ2級整備士科(3年制)の学科の特長

モータースポーツ2級整備士科(3年制)の学ぶ内容

レースを学びながら二級自動車整備士の取得を目指す!
学校所有のレーシングカート、フォーミュラカー、ツーリングカーで心おきなくモータースポーツに取り組める環境。サーキットでの走行練習やレース参戦を通してドライビング技術や状況に応じた適切なセッティング技術を磨きます。さらに、2級自動車整備士資格を取得することで、整備業界での将来を掴む可能性も。
リアル(現実)とeスポーツ(バーチャル)。レーシングドライバーを目指せる充実した環境
レーシングカートからスタートし、フォーミュラへステップアップ。走行中の動きを瞬間的に再現できる『レーシングシミュレータ』を導入、オフシーズンや本レース直前まで校内でトレーニング。さらにグランツーリスモSPORT*を使用して学び、eスポーツレースに参戦。*(株)ソニー・インタラクティブエンタテインメントの商標

モータースポーツ2級整備士科(3年制)のカリキュラム

ドライビングテクニックから高度な整備技術まで。幅広い知識・技術を実践的に学ぶ
1・2年次はレーシングカートやフォーミュラカー・ツーリングカーのレース参戦を通して、運転・整備技術を習得します。3年次は自動車整備科の2級整備士カリキュラムを学ぶことで、さらにクルマの知識を深め2級自動車整備士を目指します。モータースポーツ業界・整備業界の両方で活躍できる知識と技術を身につけます。

モータースポーツ2級整備士科(3年制)の卒業生

卒業後は多方面で活躍。『レーシングドライバー』『メカニック』。さらには『開発技術者』も
モータースポーツの知識・技術をいかしてレース業界やテストドライバーへの就職。さらに、2級自動車整備士の国家資格をいかして自動車開発技術者や自動車ディーラーへの就職も可能です。就職活動はキャリアカウンセラーとクラス担任のダブル体制で完全バックアップ。学生一人ひとりの個性にあった就職をサポートします。

モータースポーツ2級整備士科(3年制)の施設・設備

専用モータースポーツトレーニングセンター『スピードパーク新潟』。圧倒的な走行量を実現
アルビレックスレーシングチームの本拠地で、国内最大級のカートコース。レーシングカートやフォーミュラカー、ツーリングカーをサーキット内でメンテナンス、コース走行をしながらセッティング確認できる実践的な授業。サーキットとの教育提携で、圧倒的な走行量を実現しました。さらに休日も無料で個人練習ができます。

モータースポーツ2級整備士科(3年制)の研修制度

国内最高峰レースSUPERGT・スーパーフォーミュラ参戦チームから招集。学生がスタッフとして参加
全日本選手権参戦チームの要請を受け、レーシングメカニックとして学生を派遣しています。レースウィークはチームと共に行動し、実戦の中でプロメカニックのノウハウを学びます。チームへの派遣はインターンシップとなり、そのままインターン先へ就職の可能性もあります。レース業界で活躍するための第一歩はここから。

専門学校 新潟国際自動車大学校 モータースポーツ2級整備士科(3年制)の募集コース・専攻一覧

  • フォーミュラコース

  • ツーリングカーコース

  • eスポーツプレイヤーコース

  • 自転車コース

専門学校 新潟国際自動車大学校 モータースポーツ2級整備士科(3年制)の学べる学問

専門学校 新潟国際自動車大学校 モータースポーツ2級整備士科(3年制)の目指せる仕事

専門学校 新潟国際自動車大学校 モータースポーツ2級整備士科(3年制)の資格 

モータースポーツ2級整備士科(3年制)の受験資格が得られる資格

  • 二級ガソリン自動車整備士<国> 、
  • 二級ジーゼル自動車整備士<国> 、
  • 二級二輪自動車整備士<国> 、
  • 三級自動車ガソリン・エンジン整備士<国> 、
  • 三級自動車シャシ整備士<国>

モータースポーツ2級整備士科(3年制)の目標とする資格

    • 危険物取扱者<国> (乙種) 、
    • ガス溶接技能講習<国> 、
    • 有機溶剤作業主任者<国> 、
    • 玉掛技能者<国> 、
    • 損保一般試験

    中古自動車査定士(小型車)  
    国内Aライセンス、国内Bライセンス ほか

専門学校 新潟国際自動車大学校 モータースポーツ2級整備士科(3年制)の就職率・卒業後の進路 

モータースポーツ2級整備士科(3年制)の就職率/内定率 100 %

( 就職希望者数104名 )

モータースポーツ2級整備士科(3年制)の主な就職先/内定先

    オートテクニックジャパン、4MINUTSR&D、トヨタユーゼック、トヨタUグループ、新潟日産自動車、NSホールディングス、日産プリンス新潟販売、新潟スバル自動車、ホンダ四輪販売新潟、スズキ自販新潟、新潟ダイハツモータース、モトーレンニイガタ、新潟ヤナセ ほか多数


※ 2021年3月卒業生実績 (学校全体)

専門学校 新潟国際自動車大学校 モータースポーツ2級整備士科(3年制)の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒950-0914 新潟県新潟市中央区紫竹山5-2-10
TEL:0120-593-173(フリーコール)

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新潟市中央区紫竹山5-2-10 JR「新潟」駅南口バスターミナル1番乗り場「南部営業所行」乗車5分「弁天橋」バス停前

地図

 

路線案内


専門学校 新潟国際自動車大学校(専修学校/新潟)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT