• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 自動車・航空・宇宙
  • 自動車整備士
  • なるには
自動車整備士になるには

自動車整備士になるには

自動車整備士になるには、国家資格取得が必須となります。学ぶ期間は、学校・学科によって2~4年と幅があり、2年制の短大・専門学校であれば、卒業時に二級自動車整備士の受験資格が得られます。4年制の専門学校や大学には一級の受験資格が得られるところもあります。いずれの場合も、自動車の構造や整備技術について基礎から学び、卒業後にディーラー(販売店)や整備工場などに就職します。
なお、就職の際には資格は必須ではなく、実務経験を重ねた後に、自動車整備士の資格を取得することもできます。

国家資格の取得

自動車整備士になるためには、一定の受験資格を満たしたうえで、国土交通大臣の行う自動車整備士技能検定を受けて、合格しなければなりません。
自動車整備士の資格には一級・二級・三級・特殊の4種類があり、整備内容・技術によってさらに細分化されていますが、主に求められる資格は、2級ガソリン自動車整備士と2級ジーゼル自動車整備士だといわれています。

自動車整備士になるための王道ルート

自動車整備士になるためにはいくつかのルートがありますが、最も多くの人がたどる王道は、高校を卒業後に国が定める自動車整備士養成学校(2年制の自動車整備士専門学校や自動車短期大学など)に進み、自動車整備士技能検定(二級)を受けて合格後、ディーラーや整備工場などに就職するコースです。この場合、学校で自動車整備の基礎的な知識や技術が身につくため、必要とされる実務経験(二級の場合2年)が免除され、実技試験も免除されるメリットがあります。

工業高校(自動車科など)の場合

工業高校の自動車科の場合、卒業と同時に3級自動車整備士の受験資格が得られます。また、機械科の場合には、卒業後、自動車整備工場に就職して、6ヵ月の実務経験を積めば、三級の受験資格が得られます。
また、それ以外の学科や普通高校を卒業した人でも、まず自動車整備工場などに就職し、自動車整備士見習いとして1年間の実務経験を積めば、3級の受験資格が得られます。さらに、自動車整備振興会の講習を修了すれば、実技試験が免除されるメリットがあります。

1級を目指すルート

一級自動車整備士になるには、通常、二級合格後に3年間の実務経験が必要となります。ただし、専門学校である自動車大学校(4年制)などでは、2年終了時に二級自動車整備士の資格を取得した後、4年卒業時には一級小型自動車整備士の受験資格を得ることができます。

就職する

二級自動車整備士免許があれば、自動車整備工場を起業することもできますが、現実には、ほとんどの人が自動車メーカーのディーラーや民間の自動車整備工場、カーショップなどに就職して、自動車整備士のキャリアの第一歩とします。就職率は、ほぼ100%です。

全国のオススメの学校

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

自動車整備士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路