• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 自動車・航空・宇宙
  • 自動車整備士
  • 求められる人物は?適性を知る
自動車整備士に求められる人物は?適性を知る

自動車整備士に求められる人物は?適性を知る

全国のオススメの学校

自動車整備士には、エンジンの仕組みや車体の構造などに関して幅広く正確な知識をもっていることが求められます。最近の車には次々に新しい技術が導入されているため、ITやハイテクノロジーへの興味と知識も欠かせず、自動車や機械に関心を持ち、勉強熱心で探求心を持っていることも大切です。また、お客様や仕事仲間とのやりとりも仕事を進めるうえで大切になるので、コミュニケーション能力も求められます。

車の構造に関心がある

車の構造や仕組みに強い関心があることは適性になります。車を整備したり故障を修理する際には、自動車の複雑な構造を理解したうえで、故障箇所を見分ける、観察眼の鋭さも必要です。

好奇心と探求心

完全自動運転の可能性が報じられるほど、自動車の進化はとどまるところを知らず、技術の向上は日進月歩。10年先にはどんな自動車が登場するのか、わくわくしながら車の未来を想像する好奇心のある人が向いているといえます。
さらには、日ごろから探究心をもって新しいメカニズムやテクノロジーを知ろうとする探求心のある人は、技術の進歩から取り残されることなく、自動車整備士として長く仕事ができる人材となります。

持久力と集中力

一日中車体やパーツと向き合い仕事をこなしたり、近年では、ITを活用した診断も増えているので、持久力や集中力が必要となる場面が多くあります。しかし、コツコツと仕事に取り組んでいけば、きちんと成果をあげられ、どんどん技術が磨かれていき、一人前の自動車整備士となることができます。

手先の器用さ

自動車整備の仕事は、細部まで点検・整備・修理ができる能力が求められますが、小さな部品も扱うので、手先が器用であることが仕事をするうえで有利となります。子どものころから図工やプラモデルを作るのが好きで、機械いじりをしてきた人は、整備士の適性をもっているといえます。

コミュニケーション能力

サービス・エンジニアである自動車整備士は、お客さまが何に困っていて、どうしてほしいのかを聞き取り、適切に対応しなければなりません。さらに、修理を終えた時には、問題の原因やどんな修理をしたのかをわかりやすくていねいに説明したり、時には扱い方のアドバイスをすることもあります。また、作業現場では仲間と一緒に働くため、チームワークも欠かせません。人と話をする、コミュニケーション能力があらゆる場面で必要になります。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

自動車整備士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
RECRUIT