• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 愛甲農業科学専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • システム栽培学科

大阪府認可/専修学校/大阪

アイコウノウギョウカガクセンモンガッコウ

システム栽培学科

定員数:
80人

栽培の基礎からハイレベルな技術まで「完全人工光型水耕栽培」の技術・指導責任者としての知識を中心に学習

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    食料となる穀物や野菜、動物、さらには住居や衣服となる植物など、私たちが生活のために利用するあらゆる生き物を対象に、その生産から販売の各過程について研究するのが農学です。育てて消費するというだけでなく、それが将来にわたって持続可能になるよう、さまざまな角度から探究していきます。農業実習や加工実習、フィールドワークなど、実体験を通じた学びが多いのも特徴です。卒業後の進路としては、食品関係の企業に就職する人が多数を占めますが、流通や販売についても学ぶため、そうした強みを生かす道もあります。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

目指せる仕事
  • 経営コンサルタント

    経営の専門アドバイザー

    企業の経営に関するトータルコンサルティングを行う。主に、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをする仕事。経営者の心強いパートナーともいうべき存在だ。

  • マーケットリサーチャー

    製品開発に欠かせない調査員

    モノ余りの時代には、ヒット商品を生み出すために、どんな人たちがモノを欲しがっているか、商品についての需要予測や消費者の嗜好動向、購入層、過去の販売実績、販売方法など市場の動きを正確に把握する必要がある。マーケットリサーチャーはこれら調査の専門家として社会調査やその結果を集計・分析する。

  • グリーンコーディネーター

    植物を使って空間を演出。

    観葉植物を使って、店舗やオフィス、イベント会場、家庭の空間を装飾、演出する専門家。さまざまな条件を考慮し、飾り付ける植物を選択。さらに、仕入れ、搬入、手入れまでをトータルに担当する。

  • 農業

    米や野菜、花からハーブまで、自然の中で育てて生産するスペシャリスト

    農業は、自然の中で、季節を感じながらさまざまな農作物を自分の手で生産するのが仕事です。農業を始めるにあたって学歴や特別な資格は必要ありませんが、土作りから収穫まで、育てる作物やその土地の気候、地質によって異なるので、土や肥料についての知識や経験が必要になります。家が農家の場合は実践を積むのが近道ですが、そうではない場合、それらの知識を身につけるには農学部のある大学や農業の専門学校、農業大学校などを経て、個人事業者として開業するか、農業法人、企業の農業研究機関に就職する方法があります。最近では、無農薬栽培や有機栽培、また生命科学(バイオサイエンス)などを応用した作物の栽培も注目され、農業の幅は広がっています。ただし、台風や積雪などの天候に左右されて収入が不安定になりやすい、難しい仕事でもあります。長く安定的に続けるためには専門的な知識を常に学んでいくことも大切です。

  • 農業技術者・研究者

    効率的な農業経営のため、農機具や農薬、肥料、種などの開発・研究を行い、技術指導や生産相談にのる。

    農業技術者は、都道府県の農業試験場で増殖技術や肥料、環境に配慮した農薬の開発などで農家を支援する。また、地域の農業改良普及センターでは、農業技術者が農業改良普及員として活躍し、より農家と密着した作物栽培へのアドバイスを行ったり、農機具や経営の相談に乗ったりする。種苗会社や肥料、農薬、農機具などのメーカーでも、農業技術者がよりよい製品の開発などで活躍している。一方、農業研究者(農学研究者)は、バイオテクノロジーを活用した作物の改良や、土壌改良など、科学的な研究によって農業を支える。

  • 環境コンサルタント

    環境保全活動などへの助言・指導を行う

    環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を持ち、その知識や経験に基づき市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対する助言や指導を行う。また、自治体の環境政策、企業の環境アセスメントなどをどうすすめればいいか考え、企画、調査、事業の管理を行うこともある。

  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

初年度納入金:2019年度納入金 128万円  (早期出願特典/AO出願は入学金20万円⇒5万円、通年前期施設費免除。推薦出願は入学金20万円⇒10万円)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

「完全人工光型水耕栽培」の技術・知識を専門的に学習。生産者、指導者を目指す
未来の農業、食を支えるとして大きな期待を集めている「完全人工光型水耕栽培」について学習します。人工光と水のみで栽培する技術を実習・演習で身につけます。また、現代の農業経営に欠かせない生産管理や栄養管理、環境対策、食に関する知識、プラスαとして会計や簿記、語学といった要素も学んでいきます。

実習

最新鋭の植物工場で実践的に学び、現場で即戦力となる新たな農業の担い手に
日々進化を続ける植物工場の現場に対応できる人材を育成するために、学生が最新鋭の植物工場を見学し、学びに行っています。また、農業経験が豊富な先生の指示のもと、学生自身が学校の水耕栽培の整備や管理も行い、現場で即戦力となる新しい農業の担い手を輩出します。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    災害に負けない未来の農業。いつか砂漠での野菜づくりに挑戦したい!

    東日本大震災による大規模な塩害をニュースで知ったとき、以前テレビで見た植物工場のことが頭に浮かびました。「これなら被災地でも野菜が作れるんじゃないか」。そう思って、いろいろ調べ始めたのがきっかけです。

    愛甲農業科学専門学校の学生
  • point キャンパスライフレポート

    土を使わない新しい農業は毎日が挑戦!失敗しながらも前進しています。

    なんとなく大学へ行くよりも、専門的なことを学びたいと思っていました。興味のあった生物分野で調べていくうち、出合ったのが水耕栽培。まだ進化の途中で、これからの可能性に満ちた未来の農業に魅力を感じました。

    愛甲農業科学専門学校の学生

卒業後

水耕栽培の専門家として、あらゆる業界から高いニーズ
「完全人工光型水耕栽培」は、大手だけでなく中小企業や個人でも導入が進み急成長しています。一方でスペシャリストが少ないためニーズが高いことが魅力です。外食や流通、医療など、水耕栽培を導入している企業や生産工場での管理者や指導者、農作物のバイヤー、さらには生産者として独立の可能性もあります。

施設・設備

三連多段式の栽培棚など実験的な設備も取り入れ、いろいろなことに挑戦可能
環境を制御して生育や品質を調整する「完全人工光型水耕栽培」施設を備えています。三種(「葉菜」「果菜」「根菜」を同時に栽培)多段式(段ごとに条件を変えて実験できる)の設備を設置しており、温度調節された快適な環境での実習が可能です。温度調節、衛生対策も万全で、さまざまな実験、研究も行えます。

イベント

種植え体験してみよう!オープンキャンパスも開催中
カリキュラムや施設・設備を紹介するオープンキャンパスも随時開催中。施設見学や体験授業を通して、水耕栽培を体験してみてください。実習室で実際の水耕栽培の種植えを体験したり、採れたて新鮮野菜を使った軽食を楽しんでいただくこともできます!入試説明や個別相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 電気工事士<国> 、
    • フードコーディネーター 、
    • 日商簿記検定試験 、
    • TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 、
    • 簿記能力検定試験 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

    無人航空従事者試験(ドローン検定)、農業簿記検定、日本農業技術検定、日本農業検定、日商ビジネス英語検定、マーケティング・ビジネス実務検定 ほか

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

植物工場(関連メーカー含む)、種苗メーカー、農業コンサルタント、官庁、役所、JA、研究所、大学 ほか

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒531-0041 大阪府大阪市北区天神橋7-15-1
TEL.06-6356-5901 (入学事務局)
agri@aicoh.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
本校 : 大阪府大阪市北区天神橋七丁目15番1号 OsakaMetro谷町線・堺筋線、阪急千里線各「天神橋筋六丁目」駅から6番出口を出て左へ、天神橋筋を北へ徒歩5分。
JR大阪環状線「天満」駅から北へ徒歩15分。

地図

 

路線案内


愛甲農業科学専門学校(専修学校/大阪)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る