• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 国際文化学
やりたいことを見つけよう!

国際文化学

国際文化学

歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

学び方

講義
文化の国際比較について専門研究をするための方法を学んだり、個別の地域に関しても学ぶ。ネイティブの講師による語学力の習熟も重視。
調査
各国あるいは各地で調査やアンケートを行い、そのデータから文化の共通点や違いを探る。
フィールドワーク
研究対象地域の文化を研究するために海外に出かけることもある。現地の人との交流や生活を体感する。

国際文化学 学びのフィールド

異文化理解に不可欠な国際コミュニケーション論や語学、文化人類学、民族文化論などの<基礎研究分野>と、国際関係学、平和学、現代社会学などの<応用研究分野>、文学史、文化史などの<個別研究分野>がある。

<基礎分野>
●国際コミュニケーション論
比較文化の視点からマス・メディアと国際関係、マス・メディアと国際理解、マス・メディアの国家や市民等への影響などを考える学問。
●語学(外国語)
各国言語の読む・書く・聞く・話す能力を身につけるだけでなく、言語が使われている国の文化や政治、歴史、社会なども学ぶ。
●文化人類学
「異文化理解」の学問。自分たちとは異なる社会文化について考察し、それらを互いに比較し、「文化とは何か」「人間とは何か」を考える。世界中の民族の社会や文化を比較研究する。
●民族文化論
民族の伝統文化だけでなく、さまざまな伝承文化や日常のごく身近な生活習慣に目を向け、それらを包括的に捉えていくことで、民族の心意を探る。さらに他民族との比較を通し、その民族の文化の独自性、異文化との共通性の両者を考えていく。
<応用分野>
●国際関係学
国際社会のさまざまな事象や問題を政治、法律、経済、社会、文化といった学問分野と、世界の各地域の地域研究から考察し、問題の本質を探り、解決法を考える。
●平和学
単に戦争のない状態ではなく、飢餓や貧困、社会的差別、環境破壊、教育や医療政策の遅れによって、人間一人ひとりの自己実現が妨げられることのない状態を平和と定義し、そうした社会を実現するための学問。
●現代社会学
大衆社会論・産業社会論・情報化社会論・消費社会論などのように特定の現代的傾向を取り上げ、現代社会の時代を診断することを試み、将来的な展望を模索する社会理論。
<個別分野>
●文学史
日本文学史やイギリス文学史など各国文学史がある。時代で作品をとらえるが、同時代の複数の作品を見ていくことで時代特有な文芸思想を浮かび上がらせ、また、その文芸思想が生まれた時代背景全般を概観することによって、地域や時代を問わず普遍的な人間の心の動きを探る。
●文化史
日本文化史や西洋文化史、東洋文化史など、人間の営みとしてのさまざまな文化の時間的変化を把握したうえで、幅広い観点から各文化の構造を比較研究する学問。

国際文化学に関連する記事

国際文化学を学べる学校を探すならリクナビ進学