• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 検察事務官
  • ズバリ!将来性は?
検察事務官のズバリ!将来性は?

検察事務官のズバリ!将来性は?

全国のオススメの学校

検察事務官は国家公務員の中でも、ここ数年注目度が高まり、人気を集めている職業です。日本の人口は減少傾向ですが、だからと言って犯罪や事件が激減するとは限りません。そのため、正当な裁きをするためのスタッフの一員である検察事務官の仕事は、今後も存在し続けるでしょう。インターネットやコンピューターを使ったサイバー犯罪など、さらに巧妙化が予想される犯罪や事件に対応する検察事務官の仕事の重要性は高まると思われます。

犯罪や事件と共にある仕事

将来的に人口が減少しても、犯罪や事件は起き続けると考えられます。犯罪や事件には適正な捜査による法の裁きが必要です。検察庁法により検察庁に検察事務官を置くことが決められていることもあり、検察官の補佐を行う検察事務官の仕事がなくなることはないでしょう。犯罪や事件は今後ますます巧妙化が予想されるため、それに対応する検察事務官の仕事の重要性は、高くなっても低くなることはないと思われます。

高い注目度

国家公務員の中でも、検察事務官は近年、注目度の高い職種となっています。安定した地位と収入が期待できることが理由のひとつです。検察事務官としてのキャリアを積んで一定の受験資格を満たした後、試験の合格により、さらに地位と給与の高い副検事や検察官への道が開かれていることも魅力となっているようです。また、女性が復職しやすい職業であるとも言われていることも注目される理由と考えられます。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

関連する仕事の将来性もチェックしよう

検察事務官を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路