• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 裁判所事務官
  • 気になる?年収・給料・収入
裁判所事務官の気になる?年収・給料・収入

裁判所事務官の気になる?年収・給料・収入

全国のオススメの学校

裁判所事務官は、行政職(俸給表一)に当たる国家公務員特別職です。給与水準は高く、勤続年数に合わせて一定の昇給があります。平成28年国家公務員給与等実態調査によると、平均給与は約41万円、平均年収は約667万円。ただし、総合職と一般職の別、最終学歴によってスタート時の等級(初任給)が異なるため、手にできる収入には個人差があります。

裁判所事務官の平均給与・年収

平均給与 41万984円/月
年収 約667万4380円

※平均年齢43.6歳、平均経験年数22.0年
※年収の計算方法:平均給与月額(41万984円)×12カ月+年間賞与(174万2572円)
※人事院「平成28年国家公務員給与等実態調査」行政職俸給表(一)より

初任給

・総合職(院卒者区分) 25万1280円/月
・総合職(大卒程度区分) 21万9240円/月
・一般職(大卒程度区分) 21万3840円/月
・一般職(高卒者区分) 17万5320円/月

※東京都特別区内に勤務する場合の一例
※2017年4月1日現在(予定)のデータです(裁判所のホームページより抜粋)

初任給の水準は高く、各種手当も充実

裁判所事務官は、国家公務員と同待遇の国家公務員特別職に当たります。そのため給料も国家公務員並みの高水準となっているほか、扶養手当・住居手当・通勤手当・超過勤務手当など、各種手当も充実しています。また裁判所は昔から成績主義・能力主義に基づく人事管理が徹底されていることで有名で、個人の能力や勤務態度に基づいた昇進・昇給が行われています。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

関連する仕事の年収・給料・収入もチェックしよう

裁判所事務官を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路