• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • マスコミ・芸能
  • ナレーター
  • 気になる?年収・給料・収入
ナレーターの気になる?年収・給料・収入

ナレーターの気になる?年収・給料・収入

全国のオススメの学校

ナレーターの平均年収は約350万円~420万円程度と言われています。しかし、その乖離は大きく、ほとんど収入がないナレーターから年収1,000万円を超えるナレーターまでいるため、一概に350万円~420万円程度稼ぐことができるわけではありません。多くのナレーターはアルバイトなどと掛け持ちで仕事をしています。ナレーターだけで生活していくためにはオーディションに合格し、仕事の幅を広げること、そして徐々に継続したレギュラーを勝ち取ることが必要です。

事務所に所属、もしくはフリーランス

仕事の依頼の数や仕事の単価などにより、年収は数十万円から数千万まで大きな幅があります。特に駆け出しの頃は1回限りの単発の仕事で、ギャラが数千円ということも少なくありません。実績を積み、レギュラーの仕事が入るようになると収入は安定するようになりますが、番組改変などがあればその仕事自体がなくなってしまうことももちろんありますので、常に「安定」することはありません。そのため、いくつかの仕事を並行してこなしつつ、トータルで安定した収入を得ることができるように目指します。しかし、なかなかナレーターだけで食べていくことは難しく、多くのナレーターがさまざまな「声」にかかわる仕事と兼業しながらナレーターもおこなっていることが多いのが現状です。たとえば、イベントや結婚式などの司会業、声優やアナウンサー、さらにある程度の経験があれば養成所や専門学校の講師として仕事をしている人もいます。

コンテンツ制作企業

コンテンツ制作企業へ社員として就職した場合、一般的な会社員同様、年収は300万円~400万円前後となるでしょう。しかし、仕事内容がナレーターだけということはなかなか難しく、あくまで「制作スタッフ」としてその他の業務もおこなわなければならないことがほとんどです。もしも「ナレーターの仕事以外はしたくない」という場合には、事務所に所属する道を選ぶことをおすすめします。

取材協力

野﨑 千華(ナレーター/フリーアナウンサー)

元南日本放送アナウンサー。放送局退社後、養成所を経てナレーター、フリーアナウンサーとして活動。声優事務所やナレーター事務所に所属し、テレビ番組やCMナレーション、情報番組では生ナレーションにも携わる。2018年よりフリーランスで活動中。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

関連する仕事の年収・給料・収入もチェックしよう

ナレーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路