• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 広告・新聞・雑誌・本
  • コピーライター
  • なるには
コピーライターになるには

コピーライターになるには

全国のオススメの学校

“言葉”を商売道具に、腕一本で勝負できるコピーライターは、特別な資格やスキルが無くても目指すことができる仕事。大胆なことを言えば、「私はコピーライターです」と宣言すれば、誰でもいつでも、コピーライターにはなれるのです。
しかしだからといって、名乗ればすぐ仕事が発生するわけではありません。そのため、多くのコピーライター志望者は、広告会社などのコピーライター職に応募し採用されることで、コピーライターとしての仕事を手に入れています。
募集数が多いのは大手の広告会社や制作会社になりますが、その場合の多くは、総合職として入社後、適性試験をパスしなければコピーライター職に就くことはできません。適性試験ではコピーを書く力だけでなく、広告コンセプトから考えられるような発想力や独創性、論理的思考力を問われることが多いようです。
コピーライターを目指す人の中には、プロから発想術を学んだり、人脈を広げたりするために、コピーライター養成講座などのスクールに通う人もいます。

まずは広告会社や制作会社への就職を目指す

安定的に収入を得られるコピーライターになるには、コピーライター採用をしている広告会社や制作会社に入社することが一番の近道。
大学や専門学校を卒業し、就職試験を受けて採用された後、コピーライター適性試験の合格を目指すことになります。いずれ独立してフリーランスのコピーライターを目指すにしても、多くの仕事に関わった経験、ベテランの先輩から学べるスキル、仲間との切磋琢磨の日々、築いた人脈は、いずれ自分の仕事に活きてくるでしょう。

一般公募の広告賞にチャレンジする

フリーランスのコピーライターとして活躍する人の中には、一般公募の広告賞に応募し、そこでの受賞をきっかけに業界から注目されてコピーライターへの道を歩んだ人も。
企業や商品のキャッチコピーを考案するなど、実際のコピーライターの仕事と同じような課題が出されるので、腕試しにチャレンジしてみるのもいいでしょう。また、過去の広告賞の受賞作品や、著名なコピーライターのコピー全集に目を通すことからも多くの学びを得ることができます。

コピーライターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路