• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 植物・フラワー・園芸
  • フラワーコーディネーター
  • やりがいを聞いてみよう
フラワーコーディネーターのやりがいを聞いてみよう

フラワーコーディネーターのやりがいを聞いてみよう

全国のオススメの学校

フラワーコーディネーター(フラワーデザイナーを含む)は接客やフラワーデザインの技術など、さまざまなスキルが求められます。それでは、どのようなやりがいをもって仕事に取り組んでいるのでしょうか。大好きな花を扱えること、お客さまのよろこぶ顔が見られること、会場を華やかに彩れることなどたくさんあります。詳しく見ていきましょう。

お客さまのことを考えて花をデザインする

花束一つとっても、お客さま希望の大きさや色合い、イメージ、予算はバラバラです。花を買いに来るお客さまの目的も、自分のためだったり、贈り物だったりと人それぞれです。お客さまの目的や気持ちを考えて花をデザインしていくのは、花が大好きな人だととても楽しいですよね。フラワーコーディネーターは「花を通してお客さまに笑顔になってほしい」と気持ちを込めて仕上げています。花を渡してお客さまによろこんでいただける瞬間が、最もやりがいを感じるというフラワーコーディネーターは多いのではないでしょうか。

技術を生かすことができる

お客さまの要望に合わせて作り上げた花束は、きっと世界に一つだけの花束でしょう。フラワーコーディネーターの仕事は、花やデザインの選び方でイメージがガラりと変わります。そのため、自分の知識や技術が最大限に生かせます。色彩感覚やデザイン理論、フラワーデザインの技術を身につけ、イメージどおりに作れるとお客さまにもよろこんでもらえますし、自分自身もうれしいものです。

取材協力

CHACO

国家検定フラワー装飾1級技能士、NFD本部講師、花阿彌プロフェッショナルインストラクター。ジャパンフラワーフェスティバル金賞ほか受賞多数。老舗花店、ホテル花店、専門学校講師など多様な現場経験。色彩とデザイン理論に基づいたデザイン、指導に定評がある。セレンディピティ フルール主宰。

フラワーコーディネーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路