• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 植物・フラワー・園芸
  • フラワーコーディネーター
  • 仕事をするときの心がけ
フラワーコーディネーターが仕事をするときの心がけ

フラワーコーディネーターが仕事をするときの心がけ

全国のオススメの学校

花の管理や接客、掃除など、さまざまな業務をこなすフラワーコーディネーター。店頭に立ったり、裏方仕事をこなしたりするうえで、どのようなことを意識しているのでしょうか。フラワーコーディネーターが仕事で心がけていることは何なのか、話を聞きました。

植物にも人にも誠意をもつ

植物にも人にも誠意をもつ

お客さまに花束を作るときも、教室で生徒に教えるときも、誠意をもって仕事をすることを心がけています。お客さまあっての花なので、お客さまの要望に応えられる色合いやデザインにしています。そのために、お客さまには5W1Hや価格などの要望をかなり詳しく聞きますね。色やデザインはイメージが違わないように、写真やカラーカードで確認しながらていねいに進めます。お客さまの要望を大切にしながら、プロとしてのアドバイスもしています。もちろん、植物に対する誠意も忘れません。

花も人もそれぞれに合った対応を心がける

花はどんなにステキなものに仕上がっても、1時間で枯れてしまったら残念ですよね。自分のもっている知識やこれまでの経験を最大限に生かして、できるだけ良い状態の花を仕入れて、より良い花を作り上げるようにしています。植物によって水揚げのしかたや管理のしかたも違うので、それぞれに適切な取り扱いをします。花に使うバケツやナイフ、はさみなどの道具をきちんと洗って清潔にして、バクテリアを繁殖させないようにするのは最低限の基本です。
フラワーデザイン教室では、生徒の目的に合わせて教えています。プロやプロを目指す生徒には仕事として成り立つ手仕事ができるように、趣味で花に癒されたい生徒には無理せず楽しめるように、一人ひとりに合わせています。

体調管理も仕事のうち

フラワーコーディネーター(フラワーデザイナー)は体力勝負です。ブライダルや葬儀のお花を中心に扱うところでは徹夜で作業する場合もあります。ホテルでは宴会もたくさん行われるので、一つ宴会が終わったらまたすぐ次の準備に取りかかるといったことも珍しくありません。そのため、体調管理はとても大事です。特に、栄養不足や栄養過多にならないように食事にはかなり気を使っています。細胞は食べたもので作られていると考えているので、添加物や農薬など体に害になるようなものをなるべく取り込まないように心がけていますね。

取材協力

CHACO

国家検定フラワー装飾1級技能士、NFD本部講師、花阿彌プロフェッショナルインストラクター。ジャパンフラワーフェスティバル金賞ほか受賞多数。老舗花店、ホテル花店、専門学校講師など多様な現場経験。色彩とデザイン理論に基づいたデザイン、指導に定評がある。セレンディピティ フルール主宰。

フラワーコーディネーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路