• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 植物・フラワー・園芸
  • フラワーコーディネーター
  • 休日の過ごし方
フラワーコーディネーターの休日の過ごし方

フラワーコーディネーターの休日の過ごし方

全国のオススメの学校

フラワーコーディネーターは休日をどのように過ごしているのでしょうか。もちろんゆっくり休むことも大事ですが、仕事に生かせることができたらいいですよね。ここでは普段なかなか知ることのできない、フラワーコーディネーターに休日の過ごし方を聞きました。

美術館や展示会に行って感性を磨く

美術館や展示会に行って感性を磨く

休日は感性を磨くために美術館や展示会に足を運んだりもします。「artscape」というサイトなどを使って、周りでどんな展示が行われているかを常にチェックするようにしていますね。FacebookなどのSNSから情報を仕入れることもあります。「フラワーデザインに生かせそうだな」という観点で見に行くこともありますが、仕事に生かせるかよりも自分が「見てみたい!」という気持ちを大切にしています。特にジャンルなども決めず、興味のあるものはなるべく逃さないように、外出時の空き時間なども活用して見にいくようにしています。私は美術館にある絵画や彫刻などのアート作品だけでなく、建築や音楽からもインスピレーションを受けています。

「良いものを見よう」と普段からアンテナを張る

私は、花だけでは表現できない造形として、花と金属や和紙といった異素材の物を組み合わせた作品も作ります。そのため日本の伝統工芸のような手仕事にも興味を持ってよく見ています。
「良いものを見聞きしよう」といつも意識してアンテナを張っていれば、自然と良いものが集まってきます。

外出先の花屋さんもチェック

外出先で花屋や花のディスプレイがあったら、時間がなくても必ず少しは見るようにしています。どんな種類の花が並んでいるか、新種の花などは品種名もチェックしています。

取材協力

CHACO

国家検定フラワー装飾1級技能士、NFD本部講師、花阿彌プロフェッショナルインストラクター。ジャパンフラワーフェスティバル金賞ほか受賞多数。老舗花店、ホテル花店、専門学校講師など多様な現場経験。色彩とデザイン理論に基づいたデザイン、指導に定評がある。セレンディピティ フルール主宰。

フラワーコーディネーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路