• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 工学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部

私立大学/東京

コウガクインダイガク

工学部

専門分野の知識と、その応用技術を学び、創造的な“モノづくり”ができる技術者に!

学べる学問
  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    電磁気学、電子工学などを基礎とし、有線・無線通信、光通信などの通信技術を研究・開発する。音声や画像の新しい伝送技術の研究が注目されている。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    物質を構成する素粒子の一つである電子の流れ、つまり電流を、実験や実習を多用して、エネルギーや情報伝達の要素として研究していく学問。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    実験や実習を多用して、材料の物性や構造を知り、人類にとって必要な機能と性質を持った材料・新素材を開発し実用化をめざす学問。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 精密機械技術者・研究者

    電子・光学技術や知識を活かし、カメラ、時計、望遠鏡、顕微鏡、測定器などの精密機械の研究・開発をする。

    精密機械は現在の生活の中では欠かせない。例えば携帯電話にはデジタルカメラが付き、当たり前のように日常生活の中にある。また、医学の世界では極小化するカメラや高性能の顕微鏡、精度の高い測定器などによって飛躍的に治療や診断、手術の方法なども変化している。これらの精密機器の設計、開発、製造管理などを行うのが精密機械技術者。精密機器メーカーで活躍するのが一般的で、営業などと組み、どのような商品をどういう目的でどのくらいの形状にしたいかなど、十分に打ち合わせをして製作する。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • 電気技術者・研究者

    家電製品から電力会社まで電気を扱う分野は幅広い。それらの電気を扱う場所での技術管理や研究開発を行う。

    あらゆる分野で「電気」は必要不可欠なものになっている。それに伴い、電気を扱う技術者はすべての企業や業界で活躍している。大きく分けると家電製品や通信・エレクトロニクスで使用する「弱電」を扱う電機機器や通信機器の開発・製造管理をする「弱電技術者」と、電力会社や送電所、変電所、大規模な工場などで使用する「強電」の電気設備を開発・管理する「強電技術者」の2種類になる。電気技術者は企業や工場などの現場ですぐ役立つ開発や管理を行うのに対し、研究者はより長期的な視野に立った電気技術の研究を行っているといえる。

  • 電気通信技術者・研究者

    現代社会では欠かせない通信やネットワークに関する様々な技術や研究開発を行う。

    電話やインターネットなど、電気通信に関するさまざまな技術を開発し、新しい通信システムなどを設計・管理するのが電気通信技術者。電話会社や情報通信会社、それらの設備設計・施工を行う会社や、電気機器メーカーなどで活躍する。銀行のATMシステムやインターネットバンキング、電車や飛行機などの制御システムなど大規模なものから、企業内のイントラネットなどの設計・管理など個別のものまでさまざまな分野に関わる。これらの電気通信技術が今後どのように成長し、それが世の中をどう変えていくのかなど研究する。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

環境・エネルギー問題の工学的な解決を視野に、生活を支えるさまざまな機械を研究

機械システムのハードウェアから管理技術のソフトウェアまで、柔軟な発想と、さまざまな視点を持った技術者を育成

先端技術と地球環境の双方から新しい電気電子分野にアプローチ、「地球と人にやさしい」エンジニアを育成

キャンパスライフShot

工学院大学 機械工学科の機械製図の授業では、手描きとCADの両方を修得。製図の重要性を深く理解します
機械工学科の機械製図の授業では、手描きとCADの両方を修得。製図の重要性を深く理解します
工学院大学 機械システム工学科のメカトロニクス基礎演習では、移動ロボットを実際に設計・製作します
機械システム工学科のメカトロニクス基礎演習では、移動ロボットを実際に設計・製作します
工学院大学 電気電子工学科の実験では、少人数による共同作業で実験を行い、学修した内容の理解を深めます
電気電子工学科の実験では、少人数による共同作業で実験を行い、学修した内容の理解を深めます

学部の特長

学ぶ内容

機械工学科
エネルギーと設計について学び、独創的な「モノづくり」に挑みます。自動車、コンピュータ、ロボット、飛行機、人工衛星、人工臓器など、私達の生活を支える機械の原理やメカニズム、材料・加工、安全性などについて研究。工作実習のための新施設「ふらっと」も完成し、社会で即戦力となる技術を習得できます。
機械システム工学科
ハードウェアから管理技術のソフトウェアまで、機械技術とシステム技術を融合した新分野を学びます。この学科では、1年生に1人1台ロボットを作るという課題を与えています。実際に手を動かして作ることで、部品の特徴を知るのはもちろん、さらに高性能にするためには何が必要か、といった次なる学びへの動機づけにもなります。
電気電子工学科
電気自動車やエコ材料など、新しい時代の工学に必要不可欠なテーマを通して、「エネルギー」、「エレクトロニクス」、「システム」を学び、高度な実験や研究から、社会のなかで電気電子技術が支えている幅広い要素を理解します。その上で技術者としての能力を養い、社会のニーズに応える人材を目指します。

授業

機械工学基礎演習
レポート・報告書の書き方、プレゼンテーションの方法など、大学の授業で必要な技能を修得。また、プロペラで推進する車モデルの組み立てなど実験・制作をグループで行い、ものづくりの楽しさやコミュニケーションの大切さを学びます。
パワーエレクトロニクス
パワーエレクトロニクスとは、電力を効率よくコントロールする半導体や電子回路の技術のこと。それを実現する電力変換装置の基本動作の特性や、電力用半導体素子に関する基礎知識を学び、各装置の基本的な動作を理解します。
アメリカ・ハイブリッド留学(R)
最大の特徴は、「まず語学の習得から」というこれまでの留学スタイルから脱却し「まず海を渡る」ことを最優先させ、海外で暮らしながら国際感覚や英語力を養成させていくことを目的としているところ。1年次前期から約10週間ほど渡米し、ホームステイしながら語学力を磨いて、現地の州立大学で学びます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    授業や学生プロジェクトでの経験を、人の役に立つ仕事に生かしたい

    ソーラーカーやロボット、フォーミュラなどの製作に取り組む学生プロジェクトがあったこと。そして、その活動を支えるサポートが手厚く、他大学ではできない経験を通して自分が成長できることに惹かれました。

    工学院大学の学生

就職率・卒業後の進路 

■2017年3月卒業生就職実績
東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、トヨタ自動車、本田技研工業、マツダ、スズキ、三菱自動車工業、日野自動車、いすゞ自動車、日立製作所、ボッシュ、YKKAP、大日本印刷、凸版印刷、三菱日立パワーシステムズ、東京電力、KDDI、大林組、大成建設、国土交通省 など

問い合わせ先・所在地

〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2
03-3340-0130 
〒192-0015 東京都八王子市中野町2665-1
03-3340-0130 

所在地 アクセス 地図・路線案内
八王子キャンパス : 東京都八王子市中野町2665-1 京王線「京王八王子駅」から西東京バス 工学院大学下車 20分
JR「八王子駅」北口から西東京バス 工学院大学前下車 20分
JR、西武線「拝島駅」南口から西東京バス 工学院大学前下車 25分

地図

 

路線案内

新宿キャンパス : 東京都新宿区西新宿1-24-2 JR、京王線、小田急線、地下鉄各線「新宿駅」下車 西口より徒歩 5分
西武新宿駅下車 徒歩 10分
都営大江戸線「都庁前駅」下車 徒歩 3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

工学院大学(私立大学/東京)