• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生物資源科学部
  • 海洋生物学科(仮称)

日本大学 生物資源科学部 海洋生物学科(仮称)(2023年4月設置予定(届出中))

定員数:
146人

海洋生物や棲息環境に関する知識と技術を応用し、海洋資源の活用と人のくらしの調和を創造します

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学とは、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組む学問です。「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。したがって、学校によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。まずは環境科学の概要をつかみ、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

初年度納入金:2023年度納入金 未定  (2023年設置予定学科につき納入金は未定)

日本大学 生物資源科学部 海洋生物学科(仮称)の学科の特長

生物資源科学部 海洋生物学科(仮称)の学ぶ内容

海洋環境、水族館、魚類・海生ほ乳類
地球の七割は海です。そこに棲息する海洋生物は多種多様で、食料資源としても大きな役割を果たしています。海洋生物の多様性維持と生物資源としての効率的な生産や利用は、海洋環境保全と持続的発展には不可欠な分野です。本学科は人の豊かな暮らしと海洋環境の調和を創造できる人材の養成を目指しています。

生物資源科学部 海洋生物学科(仮称)の実習

ありのままの自然、そして世界を体感するフィールドサイエンス教育
講義で得た知識を実践力に進化させるポイントがフィールドサイエンス教育です。充実した施設・設備の活用だけではなく、ありのままの自然や環境に触れることで学修を深めます。また多様な観点の指導は広く視野を開き、さまざまな考え方や分析能力も習得していきます。

生物資源科学部 海洋生物学科(仮称)の卒業後

活躍が期待される分野
食品の製造・流通・分析・検査、環境アセスメント、海洋関連研究機関、製薬関係、通信・情報関連、建設に関連する企業・団体、水族館、博物館などの学芸員、中学校・高等学校教諭、国家公務員・地方公務員(技術職を含む) など。

日本大学 生物資源科学部 海洋生物学科(仮称)の学べる学問

日本大学 生物資源科学部 海洋生物学科(仮称)の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒252-0880 神奈川県藤沢市亀井野1866
TEL 0466-84-3812

所在地 アクセス 地図・路線案内
生物資源科学部キャンパス : 神奈川県藤沢市亀井野1866 小田急江ノ島線「六会日大前」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT