• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 日本大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生物資源科学部
  • アグリサイエンス学科(仮称)

日本大学 生物資源科学部 アグリサイエンス学科(仮称)(2023年4月設置予定(届出中))

定員数:
140人

先端技術を駆使した食料生産とフラワー装飾ヘ。生命科学の知識と技術を習得します

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    農学とは、食料となる穀物や野菜、動物、さらには住居や衣服となる植物など、私たちが生活のために利用するあらゆる生き物を対象に、その生産から販売の各過程について研究する学問です。育てて消費するというだけでなく、それが将来にわたって持続可能になるよう、さまざまな角度から探究していきます。農業実習や加工実習、フィールドワークなど、実体験を通じた学びが多いのも特徴です。卒業後の進路としては、食品関係の企業に就職する人が多数を占めますが、流通や販売についても学ぶため、そうした強みを生かす道もあります。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学とは、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組む学問です。「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。したがって、学校によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。まずは環境科学の概要をつかみ、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

初年度納入金:2023年度納入金 未定  (2023年設置予定学科につき納入金は未定)

日本大学 生物資源科学部 アグリサイエンス学科(仮称)の学科の特長

生物資源科学部 アグリサイエンス学科(仮称)の学ぶ内容

フラワー装飾・食資源・ブランド化
生命科学のさまざまな理論を学び、キャンパス内のフィールドでは作物生産や動物飼育などの技術を習得します。理論→実践→検証の相互循環型学習から、価値の高い植物・動物性食資源を生産し、安定的に供給するしくみの構築や、多様化する消費者ニーズに対応する能力を育成します。

生物資源科学部 アグリサイエンス学科(仮称)の実習

ありのままの自然、そして世界を体感するフィールドサイエンス教育
講義で得た知識を実践力に進化させるポイントがフィールドサイエンス教育です。充実した施設・設備の活用だけではなく、ありのままの自然や環境に触れることで学修を深めます。また多様な観点の指導は広く視野を開き、さまざまな考え方や分析能力も習得していきます。

生物資源科学部 アグリサイエンス学科(仮称)の卒業後

活躍が期待される分野
地域ブランド食品関連企業、農学専門職、種苗の開発、農薬・肥料に絡む仕事、農業資材関係、農業法人、食品企業の農産物部門、食品メーカー、サービス業、造園業、農産物の小売・市場、国家公務員・地方公務員、中学校・高等学校教諭 など。

日本大学 生物資源科学部 アグリサイエンス学科(仮称)の学べる学問

日本大学 生物資源科学部 アグリサイエンス学科(仮称)の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒252-0880 神奈川県藤沢市亀井野1866
TEL 0466-84-3812

所在地 アクセス 地図・路線案内
生物資源科学部キャンパス : 神奈川県藤沢市亀井野1866 小田急江ノ島線「六会日大前」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


日本大学(私立大学/東京・福島・千葉・神奈川・静岡)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT