• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 立教大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 観光学部

私立大学/東京・埼玉

リッキョウダイガク

観光学部

定員数:
370人

観光に関する総合的・体系的な視点を身につけ、世界的に観光産業をリードする

学べる学問
  • 地理学

    産業や自然環境から地域の特質を解明する

    風土や産業、交通、人と文化との関わりなどをテーマに、対象とする地域の特質や構造を解明する。産業や文化を創り出し、人の生活を豊かにすることに貢献する学問。

  • 文化人類学

    世界の文化から、特性や相互関係を調査する

    さまざまな民族や文化圏の衣・食・住・家族などを対象に未開と文明を比較し、フィールドワークなどを通じて、人類の文化の共通性、異質性、多様性を知る学問。

  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

目指せる仕事
  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 事業開発

    会社にそれまでなかった新たなビジネスを提案し、立ち上げる

    民間企業などで、その会社にそれまでなかった新たなビジネスプランを考え、立ち上げる仕事。事業の仕組みづくり、コストや売上げ・利益のシミュレーション、営業活動を担当する社員の組織づくりなど、会議などで社内の承認を取りつつ実現させていく。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • ツアーコンダクター

    楽しく安全な旅をナビゲートするサポート役

    ツアーコンダクターは添乗員とも呼ばれ、旅行会社のパッケージツアーなどに添乗して出発から解散までの間、旅程を見守る現場責任者です。スケジュールの管理、交通手段や宿泊先、食事などの予約確認や調整、海外であれば出入国手続きのサポートを行い、すべての参加者に楽しい思い出をもち帰ってもらえるように力を尽くします。ツアーコンダクターに必要な資格は旅行業法で定められており、国内ツアーに添乗する場合は国内旅程管理主任者、海外でも添乗業務を務めるには、総合旅程管理主任者の資格が必要です。

  • ツアープランナー

    様々なニーズに対応した旅行の企画を立てる

    パック旅行の企画はもちろん、個人の旅行コースの相談にのり、個性的な旅を演出するのが仕事。飛行機やホテルの予約手続きはもちろん、見たいお芝居や、行きたいレストランなど、こまかい要望を聞きながら、安心して旅行できるように段取りし、手配する。

  • 観光局スタッフ・地域コーディネーター

    各国の観光局で観光案内を行う

    観光局スタッフは、各国の窓口となり、政府に代わって観光案内を行う。情報収集や本国とのやり取りがあるため、その国の語学が堪能であることは必須。メディアに対してPRすることも重要な仕事だ。地域コーディネーターは、まちづくりのキーパーソンとして、地域の課題を探り出し、地元のヒトやモノを結びつける新たな事業を生み出していく仕事。たとえば、地元の若者と企業をつなぐインターンシップ事業や地域独自の観光資源を生かした新たなツアーの企画など、さまざまな取り組みが実践されている。

  • 旅行代理店販売・営業

    行く先の相談から出発の手続きまで、旅のお手伝いをする営業職

    旅行会社の窓口スタッフや営業担当として、個人や企業・学校などの顧客に対し、旅行プランの提案・販売を行う。単なる販売職ではなく、顧客の目的や要望、嗜好、予算などをしっかりと聞いて、ニーズに合ったプランを提案するコンサルタント的な役割も担う。そのほか、宿泊施設や乗物の予約、保険手続きなど、安全で快適な旅に向けた準備のお手伝いも大切な仕事。国内外の観光地に関する幅広い知識や旅行・交通に関する専門的な知識が求められる。

  • コンシェルジュ

    ホテルの何でも相談係

    ホテルには様々な目的を持った人達が大勢宿泊している。なかには日本に不慣れな人や日本語のわからない外国人もいる。そこでいろいろな要求に対し、さまざまなサービスをする専門家。例えば、宿泊客の要求に応じて、街の地理案内や観劇の切符の手配、病気の時なケアなどをする。別名ゲスト・リレーションズとも呼ばれている。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

伝統ある「立教の観光」。新しい観光産業の担い手と、地域振興のリーダーを育成する。

地域研究をもとに多文化への視点を養い、その状況下で交流の実をあげうる国際的人材の育成をめざす。

キャンパスライフShot

立教大学 国際的ネットワークを活用した多彩なプログラムを実施。日常的に国際感覚を磨くことができます。
国際的ネットワークを活用した多彩なプログラムを実施。日常的に国際感覚を磨くことができます。
立教大学 地場産業としての林業について学ぶなど、観光を総合的に研究する体験型の学習も行います。
地場産業としての林業について学ぶなど、観光を総合的に研究する体験型の学習も行います。
立教大学 国内や海外のフィールドで、交流文化の実際を体験的に学ぶ「早期体験プログラム」。
国内や海外のフィールドで、交流文化の実際を体験的に学ぶ「早期体験プログラム」。

学部の特長

学ぶ内容

観光学科
経営や計画、地方行政などさまざまな場面で新しい観光の姿を構想し、観光事業・産業を改革する起業家や、地域振興に寄与しうる地域リーダーの養成をめざします。観光学科の教育は「観光産業の経営」、「観光による地域活性化」という2つの視点から構成されています。旅行業、ホテル、航空会社などの経営問題や観光・リゾート開発などに関する充実したプログラムに加え、さらにそれらを「ホスピタリティ」産業と位置付け、新しい観光サービスのあり方を模索し、事業化していくための方策を考えます。環境や文化的背景に配慮した観光地計画のあり方も学習できます。
交流文化学科
交流文化学科の教育における第1の視点は、国際親善や文化的交流など観光の持つ交流的側面が人々の生活や社会に与える影響を学ぶこと。第2は、観光が地域にもたらす文化的影響を明らかにする地域研究の方法について学ぶことです。また、受け身の学習ではなく、「トラベルジャーナリズム論」をはじめとして旅の楽しさを伝え、文化を記述する発信能力を高めるプログラムが充実しています。コミュニケーション能力が身につく少人数の演習科目も多彩。エコツーリズム体験、農村観光体験などの体験型授業が多いのも特徴的です。異文化への視点を養い、この多文化状況の中で交流の実をあげうる国際公務員、ジャーナリストなど、新しいタイプの国際的人材の育成をめざします。

資格

取得できる資格
司書〈国〉、学芸員〈国〉、中学校教諭1種免許状(社会)〈国〉、高等学校教諭1種免許状(地理歴史)〈国〉、旅行業務取扱管理者、他

学生支援・制度

海外との学部間提携
ベトナム国家大学ハノイ・社会人文大学(ベ トナム)、ラオス国立大学(ラオス)など、世界各国の大学と協定を結び、教育・研究の 相互協力を行っています。強固なネットワー クにより、交換留学や語学留学だけではなく、海外から著名な学者を招いての授業など、国際プログラムが充実。国際感覚を磨く環境が整っています。
多彩な体験型学習
早期体験プログラムやインターンシップ、海外フィールドワーク(社会調査、ボランティア活動)など、多様な体験学習の機会を提供。学びに積極的な学生のニーズに応えるバック アップ体制が整っています。主に、現場での 体験から学生自身が問題意識をもち、発展させ、学んでいく過程をサポート。教員の指導のもと、自分なりの解決策を導き出すことで、観光をより深く学び、問題解決能力が自然と身につきます。

就職率・卒業後の進路 

■平成29年3月卒業生就職実績
三菱東京UFJ銀行、JTB関東、全日本空輸、エイチ・アイ・エス、JTB首都圏、エヌ・ティ・ティ・データ、楽天、プリンスホテル、
JTBグローバルマーケティング&トラベル、ANAエアポートサービス、東日本銀行、北海道庁、サッポロビール、帝国ホテル、
ニューオータニ、日本航空、成田国際空港 他
就職率99.4%(就職希望者337名)

問い合わせ先・所在地

〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
03-3985-2660 入学センター

所在地 アクセス 地図・路線案内
新座キャンパス : 埼玉県新座市北野1-2-26 「志木」駅から徒歩 約15分
「志木」駅からバス 約10分 ※スクールバスも有
「新座」駅から徒歩 約25分
「新座」駅からバス 約10分 ※スクールバスも有

地図

 

路線案内


立教大学(私立大学/東京・埼玉)