• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 米田柔整専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 柔道整復科第1部

米田柔整専門学校 柔道整復科第1部

定員数:
80人

スポーツトレーナーや接骨院の先生への近道。国家資格「柔道整復師」でケガ治療のプロを目指そう。

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 柔道整復師

    打撲や捻挫、骨折などに対し施術を行う専門家

    柔道整復師は、厚生労働大臣により医業類似行為が認められた国家資格をもつ専門家で、骨つぎ、接骨師、整骨師などとして知られています。柔道から派生した日本独特の伝統療法である柔道整復術を習得。骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対し、手術などの出血を伴う観血的療法ではなく、手技による非観血的療法によって整復・固定などを行い、身体に本来備わっている治癒能力を最大限に引き出す施術をします。国家資格取得後は、整骨院などで働くのが一般的ですが、スポーツトレーナーとなったり、機能訓練指導員として介護の分野で活躍する人もいます。

  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツ種目や、健康運動の指導を行う

    主にスポーツクラブなどの運動施設で、健康運動やスポーツ種目のスクール運営・レッスンを行う。(スポーツクラブの実例が多い運動種目の例として多いスイミング、ゴルフ、テニスなど)スポーツ種目以外にもフィットネスクラブのスタジオやプールなどでエアロビクス・アクアビクスやヨガなどのグループエクササイズのレッスン運営をメインの業務としているスポーツインストラクターを、クラブスタッフは「インストラクター」として呼称していることが多い。(フィットネスインストラクターなどと呼ばれることもある)運動に関わる職種には、トレーニング指導や身体の機能調整(コンディショニング)を主に行う「(スポーツ)トレーナー(=アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー)」があるが、近年ではスタジオやプールでのグループエクササイズ指導と兼業して、パーソナルトレーナーとしてトレーニング指導を提供しているインストラクターも増えている。他にもランニングやウォーキングの他、ダンスやアウトドアスポーツなどの指導を行う職業もインストラクターとして分類されるが、ここではスポーツクラブまたはフィットネスクラブでの活動を軸に活動しているスポーツインストラクター(=フィットネスインストラクター)を中心に紹介する。

  • アスレティックトレーナー

    スポーツ競技者の健康・コンディション管理やリハビリなどをサポート

    試合や競技会、練習などのスポーツの現場で、競技者の健康やコンディションの管理、ケガの予防や応急処置、リハビリのサポートなどを行う。ストレッチやテーピング、アイシングなどの専門的な技術が求められる。最近では、スポーツ競技者だけでなく、福祉施設などで高齢者の健康増進やリハビリのために働くケースも増えている。日本スポーツ協会が認定するアスレティックトレーナーなどの資格があるほか、理学療法士、柔道整復師などの国家資格を生かして活躍している人も多い。

初年度納入金:2023年度納入金(予定) 150万円  (別途、教材費・外部実習費などが必要)
年限:3年制

米田柔整専門学校 柔道整復科第1部の学科の特長

柔道整復科第1部の学ぶ内容

ケガの判断・施術・トレーニング・予防に必要な、業界トップクラスの専門知識・技術が学べる!
柔道整復師は、筋肉などの組織にアプローチして回復を促したり、テーピングやギプス・包帯などを施して痛みを和らげたりします。医療系国家資格の為、授業では人体の仕組みやケガに関する知識・技術をしっかりと学んでいきます。授業外のスポーツトレーナー育成プログラムではトレーナーに必要な知識・技術も学べます。

柔道整復科第1部の実習

臨床経験豊富な講師陣から学ぶ、実践的で充実した実習
包帯・ギプス・テーピングなどの固定技術、骨折や脱臼の整復技術、トレーニングやストレッチの効果的な方法など、実技実習の時間を充実させ、現場での即戦力となる人材を育成しています。また学校外の病院・接骨院・デイサービスで行う臨床実習、トレーナーサークルで体験できるスポーツ現場でのトレーナー活動も魅力です。

柔道整復科第1部の学生

  • point キャンパスライフレポート

    半年で骨や筋肉の名前をだいぶ覚えることができ、今は包帯やテーピングにも励んでいます!

    ケガをしたとき、リハビリの先生がモチベーションを上げてくれたことがきっかけです。将来は開業もしたいので、柔道整復師育成の専門校として有名で、更にトレーナーの資格取得も目指せる米田柔整を選びました。

    米田柔整専門学校の学生
  • point キャンパスライフレポート

    バスケ部マネージャーとして、ケガをした選手の支えになりたいと思ったのが進路決定のきっかけ!

    オープンキャパスに参加して、スポーツトレーナーも目指せること、臨床実習や実技授業が本格的で充実していることを知り「この学校だったらしっかりと知識を深められる!」と感じ、すぐに入学を決めました。

    米田柔整専門学校の学生

柔道整復科第1部の卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    スポーツトレーナーや接骨院の先生として、ケガへのアプローチができる仕事です。

    ケガをしたときに辛いのは、痛みや苦しみを周囲に理解してもらえないことや、先が見えないことへの不安だと思います。そんな患者様に対して、苦しい気持ちに寄り添い、ひとりの人間としてゆっくりと話を聞き、道筋を示してあげることが出来たとき、そしてケガの痛みや不安から抜け出す助けになれたとき…

    米田柔整専門学校の卒業生

柔道整復科第1部の卒業後

卒業した後も一人ひとりを強力バックアップ!
卒業生へのサポート体制として、転職サポートや求人案内、卒業生向けのセミナーや勉強会を行っています。万が一国家試験が不合格だった場合でも、授業の聴講や補講・模擬試験への参加ができるので安心です。また、2020年度からは「米田塾」として新しいサポート制度がスタート!苦手分野を克服して、合格へと導きます。

柔道整復科第1部の奨学金

本校独自の各種支援制度や「奨学金」で授業料も安心!
柔道整復師を目指す方々に経済的にも最大限応援したいとの想いから、本校では、ひとり親家庭支援制度、引越し支援制度など様々な支援制度をご用意・ご案内しています。また、高等教育の就学支援新制度や独立行政法人日本学生支援機構からの奨学金を利用することもできます。詳しくは、本校へお問い合わせください。

柔道整復科第1部の入試

一人ひとりに合った入試方法を選べます!
(1)AO、 (2)スポーツ推薦、(3)自己推薦、(4)学校長推薦、(5)卒業生推薦、(6)一般選抜、(7)社会人選抜、(8)キャリアアップ選抜の8種類から、自分に合った試験を選べます。試験の詳細は募集要項をご覧ください。ご不明な点につきましては、オープンキャンパス参加時やお電話でご相談いただけます。

米田柔整専門学校 柔道整復科第1部のオープンキャンパスに行こう

柔道整復科第1部のOCストーリーズ

米田柔整専門学校 柔道整復科第1部の募集コース・専攻一覧

  • 午前クラス (定員数 : 30人)

  • 中間クラス (定員数 : 30人)

  • 全日クラス (定員数 : 20人)

米田柔整専門学校 柔道整復科第1部の学べる学問

米田柔整専門学校 柔道整復科第1部の目指せる仕事

米田柔整専門学校 柔道整復科第1部の資格 

柔道整復科第1部の受験資格が得られる資格

  • 柔道整復師<国>

柔道整復科第1部の目標とする資格

    JATI-ATI(日本トレーニング指導者協会認定 トレーニング指導者資格)
    スポーツ医学検定(1~3級)

米田柔整専門学校 柔道整復科第1部の就職率・卒業後の進路 

柔道整復科第1部の就職率/内定率 100 %

( 就職希望者48名中48名が就職 )

柔道整復科第1部の主な就職先/内定先

    米田病院、富田浜病院、服部整形外科、にしはら整形外科スポーツクリニック、株式会社SUZUKI HEALTH PLANNING、久美接骨院、まはろ接骨院、らくだ接骨院 ほか

※ 2021年3月卒業生実績 (学校全体)

※卒業後はほとんどの人が接骨院や医療機関に勤務。数年間の勤務経験を経て、独立開業する人も多くいます。

米田柔整専門学校 柔道整復科第1部の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒451-0053 名古屋市西区枇杷島二丁目3番13号
0120-733-121
jusei@yoneda.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県名古屋市西区枇杷島二丁目3-13 「東枇杷島」駅から徒歩 5分
「栄生」駅から 徒歩8分

地図

 

路線案内


RECRUIT