• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • リハビリ・マッサージ・心理
  • 柔道整復師
  • ズバリ!将来性は?
柔道整復師のズバリ!将来性は?

柔道整復師のズバリ!将来性は?

柔道整復師は身体の仕組みに精通した医療従事者として活躍の裾野が広がっています。整骨院にて高齢者の健康維持を担うだけでなく、手技を駆使した自然治癒力を引き出すアプローチは、身体への負担も少ないことから、介護施設でのリハビリ指導、スポーツチームでのトレーナー活動など、身体にかかわるさまざまな分野での応用が期待できます。

高齢社会に期待される地域医療の担い手

世界でも類を見ない高齢社会を迎えた日本の新たな課題は、できるだけ病気やケガのない状態で人生を全うするための“健康寿命の維持”に向けられています。高齢者は転倒や膝の痛みをきっかけに、寝たきりになったり、老化に拍車をかけてしまうこともあるので、年齢を重ねても自分の足で歩き続けられるよう、筋肉や関節にかかわる損傷を専門的に扱える柔道整復師が、地域医療の最前線で活躍することに期待が寄せられています。

スポーツ選手や高齢者の身体づくりのサポーターとして

平成12年(2000年)から柔道整復師には機能訓練指導員として働ける資格が付与されるようになりました。機能訓練指導員とは、運動機能に障害がある人へのリハビリ指導やサポートのできる人材です。特別養護老人ホームやデイサービスセンターでは、機能訓練指導員を最低1名配置するよう義務づけられています。また、柔道整復師は5年以上の実務経験があると、ケアマネジャー(介護支援専門員)の受験資格が得られ、介護・福祉分野でステップアップしていくことも可能です。そのほか柔道整復師が備えている専門知識や技術はスポーツ選手のケアにも有効であり、チームや選手個人のトレーナーとして活動する道もあります。

全国のオススメの学校

関連する記事

柔道整復師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路