• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 長野
  • 松本調理師製菓師専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 製菓技術学科

松本調理師製菓師専門学校 製菓技術学科

定員数:
40人

製菓衛生師国家資格を取得し、一流のパティシエやブーランジェを目指す

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

  • クッキングアドバイザー

    製品のPRを兼ねた調理アドバイザー

    調理器具メーカーや食品メーカーに勤める営業の一種。製品の販売促進を目的として、調理方法のアドバイスや新製品の情報提供をする。デパートやスーパーなどで実演したり、実際にユーザーの家庭やグループを訪問して行う場合がある。経験を積んで、メーカー主催の料理教室の講師となったり、PR用のハンドブックの編集をするケースもある。

  • 和菓子職人

    和菓子作りの達人。繊細な和の世界観・季節感を菓子に表現

    和菓子職人は和菓子を専門に手がける菓子職人です。和菓子は歴史ある日本の伝統的なお菓子であり、和菓子職人はわび・さび、季節感など、“日本ならでは”を表現することを大切にしています。蒸す・焼く・練るといった技法をベースに、自然の美しさや芸術性を自らの感性で感じ取り、小さな菓子に表現します。資格や免許が必要な職種ではありませんが、一人前になるまで時間と努力を要します。和菓子職人になるには製菓専門学校で和菓子独特の技術を学び、和菓子店や和菓子メーカーに就職するのが一般的ですが、和菓子屋の門を叩き、弟子として下積みから和菓子職人を目指している人もいます。世界中で和食ブームの今、和菓子への注目も高まっており、和菓子職人が世界で活躍することも夢ではありません。

  • パン職人

    食卓に驚きを。人々の笑顔を引き出す、理想のパン作りを追求

    パン職人は美味しいパンをつくるプロフェッショナル。パンは老若男女問わず広く愛され、今や日本人の生活に深く浸透しています。スーパーやコンビニでも購入することができますが、パン屋さんのパンはやはり特別。焼きたてのパンを求めるお客さまのため、朝早くからお店をオープンさせます。パン職人になるのに必要な免許や資格、問われる学歴はありません。自分で店を開きたいなら「菓子製造業許可」や「飲食店営業許可」を取得すればOKです。ただし、美味しいパンが焼けるようになるにはコツがいりますので、製菓・調理専門学校に通うほか、パン屋で働くなどして、プロの技から学ぶ必要があります。

  • パティシエ(洋菓子職人)

    洋菓子店やレストランの洋菓子専門シェフ

    洋菓子だけを専門につくるシェフ。ケーキ、ムース、ババロア、クッキーなど洋菓子とひと言で片付けられないほど、幅広いメニューをつくり出す。店舗でお菓子作りをするだけでなく各種コンテストに出場したり、講習会の講師としても活躍するケースがある。

  • ショコラティエ

    チョコレートを専門に扱う洋菓子職人

    ショコラティエ(Chocolatier:フランス語)とは、チョコレートを使ったデザートやケーキを作る洋菓子職人のことです。チョコレートは品質管理や加工が難しい食材です。そのため、ショコラティエには、チョコレートをやわらかくしたり、型に入れて固めたり、チョコレートで装飾したりといった加工技術に加えて、製菓に必要な素材に関する知識が必要とされます。また、創作したチョコレート菓子などを商品として売り出すときは、見た目の美しさも重要になるため、優れたデザインセンスも欠かせません。一人前のショコラティエになるには、洋菓子店やレストランなどに勤務しながら知識や技術を磨き、やがてチョコレート部門の仕事を任されるようになるのが一般的です。

  • パン製菓店員・店長

    おいしいパンやケーキ、和菓子を製造し、販売する仕事

    ベーカリーショップや洋菓子店、和菓子店で働くスタッフや店長。接客や会計を担当するスタッフのほか、店舗内でパンやケーキ、和菓子を作っている場合は、製造を担当するパン職人やパティシエ、和菓子職人などのスタッフもいる。小規模な店舗ではその両方を担当するケースも多い。これらの店は、全国展開しているチェーン店も多いが、地元に愛されている個人経営の店も多く、職人としての腕を磨けば、独立開業することも十分可能な仕事だ。

初年度納入金:2020年度納入金(参考) 115万8000円  (別途、教科書・実習着・製菓実習器具等の費用が必要となります。)
年限:2年制

松本調理師製菓師専門学校 製菓技術学科の学科の特長

製菓技術学科の学ぶ内容

和菓子・洋菓子・製パンの知識・技術を身につけ、製菓衛生師<国>の資格取得を目指す
1年次は和菓子・洋菓子・製パンに関する基本的な知識・技術を習得し、2年次には洋菓子実習を中心としたカリキュラムにより、より高度で実践的な技術を身につけます。また、1年次に製菓衛生師受験資格の取得に必要な科目を履修します。2年次在学中に製菓衛生師国家試験を受験し、資格取得を目指します。

製菓技術学科の授業

和菓子
饅頭からはじまり、蒸し菓子、流し菓子に生菓子と季節を先取りして学んでいきます。餡作りや包餡など、基礎を繰り返しやることで和菓子作りに大切な感覚や技術を身につけていきます。
洋菓子
洋菓子の基礎的な技術、知識を身につけ、さまざまな原材料の組み合わせ方、作り方を経験し、さらに応用力が利いた洋菓子作りを学んでいきます。菓子の材料名や器具名は、フランス語も使います。
製パン
毎回パンの基本であるフランスパンを中心に作りながら、季節や天候の変化による出来上がりの違い、原材料や作り方の違いを体験することで、実践的なパン作りの技術や知識を学んでいきます。

製菓技術学科の卒業生

お客様の笑顔に喜びを実感します
自分が作ったお菓子で笑顔になる家族や友人を見て「もっと人を幸せにするケーキが作りたい」とパティシエールを目指しました。今は生菓子の仕上げ、焼き菓子の仕込みをしながら修行の毎日ですが、お客様が笑顔で帰る姿を見ると「この仕事に就いて良かった」と思っています。(宮澤莉奈さん/パティスリー27/2018年3月卒)

製菓技術学科の資格

「調理師」と「製菓衛生師」2つのライセンスを取得!
本学科を卒業後、再入学して「調理師」と「製菓衛生師」2つの資格取得を目指せる再入学制度があります。調理、製菓、製パンの技術を身につければ、将来の可能性がグンと広がります。

松本調理師製菓師専門学校 製菓技術学科の学べる学問

松本調理師製菓師専門学校 製菓技術学科の目指せる仕事

松本調理師製菓師専門学校 製菓技術学科の資格 

製菓技術学科の受験資格が得られる資格

  • 製菓衛生師<国> 、
  • 菓子製造技能士<国> (2級) 、
  • パン製造技能士<国> (2級)

松本調理師製菓師専門学校 製菓技術学科の就職率・卒業後の進路 

製菓技術学科の主な就職先/内定先

    THE GATE HOTEL、リゾナーレ小淵沢、アマンダンスカイ長野、くらすわ、信州里の菓工房、パティスリー・ケイノシン、パティスリー・チーア、マンマ・ミーア、安曇野菓子工房彩香、パティスリー27、パティスリー・ブロッサム、ペストリー・ブティック・ストーリー、パティスリー・ニューモラス、パティスリー・レーヴ ほか

※ 2019年3月卒業生実績

松本調理師製菓師専門学校 製菓技術学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒390-0863 長野県松本市白板2-2-10
TEL:0263-36-2555
E-maiil:info@m-chouri-seika.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
長野県松本市白板2-2-10 「北松本」駅から徒歩 2分
「松本」駅から徒歩 12分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース