• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 薬剤師

薬剤師

薬剤師

薬の調剤をはじめ、薬品の研究や開発も行う

医師の指示にもとづき、薬局や病院、診療所で薬の調剤、薬品の管理や販売にあたる。活躍の場は幅広く、薬局や病院、診療所のほかに製薬会社に勤務して薬品の研究や開発に携わる場合もある。また薬局を開業するケースもある。薬剤師は不足傾向にあり、採用は広がっている。

薬剤師のやりがい

薬を処方するのは医師の仕事だが、実際に患者さんに薬を提供し、薬の作用や服用法について説明するのは薬剤師の仕事。定期的に薬を提供している患者さんがトラブルなく回復していく姿を見るのは薬剤師にとって満足感を覚える瞬間の一つ。また、自分が服用する薬に対する一般の人の関心も高まっており、患者さんからの専門的な質問も多くなっている。こうした質問に的確に答え、患者さんから信頼されるようになることも大きなやりがいにつながる。

薬剤師の就職先・働く場所

薬剤師の代表的な就職先は、医師・歯科医師の処方箋に従って薬を提供する調剤薬局。そのほかでは、病院や街のドラッグストア、製薬会社などで働く薬剤師も多い。病院では、薬の専門家として、医師や看護師と連携しながらチーム医療にあたる。ドラッグストアでは、薬剤師としての業務のほか、品出しや接客など店員としての業務も加わる。製薬会社では、新薬の開発のほか、医師に自社の薬に関して情報提供するMRという職種に就くことも。

  • 病院
  • ドラッグストア・薬局

薬剤師の年収・給料・収入

平均給与 37万2600円/月 ※年間賞与その他特別給与額81万7900円  ■厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」

薬剤師の将来の展望

医療分野で薬剤師は必要不可欠な役割を担っているので、調剤薬局や病院では今後も安定したニーズがあると見られている。ただし、薬剤師を養成する大学が急速に増えたこともあり、資格取得者も増加傾向。そのため、薬剤師の間の競争は厳しくなっていく見込みだ。最近は薬剤師の資格をもつMR(医薬情報提供者)が求められる傾向もあり、今後は製薬会社で働く薬剤師がさらに増えていくかもしれない。

薬剤師になるには

薬剤師になるには、国家資格の取得が必須。薬剤師国家試験の受験資格を得るには、大学の薬学部に設けられている6年制の薬剤師養成課程(通常は薬学科)に進学して卒業する必要がある。なお、大学の薬学部には研究者養成を目的とした4年制の薬科学科もあるが、こちらを卒業しても薬剤師の受験資格は得られない。今のところ、その後大学院に進学した場合、薬剤師の受験資格が得られるようにする措置が採られてはいるが、最初から薬剤師を目指しているのであれば遠回り。薬学科を目指すのが一般的だ。

薬剤師の適性・求められる力

医師・歯科医師が作成した処方箋に基づいて薬をそろえたり、調合したりする行為は、法律上薬剤師にしか認められていないので、薬剤師の資格取得は必須。それはイコール、薬や医療に関する幅広く正確な専門知識が求められるということでもある。また、間違いが許されないのと同時に、ミリグラム単位の細かな調合なども行う仕事なので几帳面さも大切。さらに、薬の服用法について患者さんに正確に伝える必要があるので、相手が理解しているかを確かめながらていねいにコミュニケーションする力もポイントになる。

薬剤師の学校の選び方

薬剤師を目指すなら、6年制の薬学科を目指すことになる。基本的カリキュラムはどの大学も共通しているが、違いが表れるチェックポイントもいくつかある。まず国家試験対策が充実しているかどうか。学部として研究者養成に力を入れている大学の場合、国家試験対策をそれほど重視していない場合もあるので合格率の数字とあわせてしっかり調べておこう。そのほかでは、実習環境の充実度も大切。また、例えば、大学によっては漢方について学べるところもあり、将来の仕事の幅を広げたいなら+αの教育内容もチェックしておきたい。

薬剤師<国>

薬学の高度な知識を活かし、人々の健康な生活に貢献する国家資格

医師が記載した処方せんに基づき、早く正確に薬を調剤する仕事。患者の体質やアレルギー歴、服薬状況などに応じて、処方せんに疑わしい箇所があるときは、記載した医師に問い合わせるなど、人々の健康管理に重大な役割を担う。病院に勤務する場合、医師らとともに入院患者のもとにおもむき、直接服薬指導を行う。薬局勤務の場合でも、在宅患者宅を訪問して服薬指導を行うことがあるなど、業務は多様化している。

薬剤師<国>の就職先

病院や診療所、薬局、ドラッグストアで調剤業務に従事することはもちろん、製薬会社や医薬品販売企業で研究開発や薬の製造に関わる。また、行政機関から食品・化粧品メーカーまで多方面にわたって活躍が期待できる。

薬剤師<国>をとるには

薬剤師<国>の受験資格

薬剤師国家試験の受験資格は、大学(6年制)において薬学の正規の課程を修めて卒業した者など。

薬剤師<国>の合格率・難易度

合格率
60.8%
※2014年3月実施(第99回)

資格団体

厚生労働省
電話:医薬食品局 総務課分室03-5253-1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/
薬剤師を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

薬剤師に関連する学問

薬剤師に関連する記事

  • 薬局・病院から食品・化粧品業界まで! 薬学部卒業生のお仕事

    大学の薬学部は、「薬剤師になるために学ぶところ」というイメージが強い。6年制の薬学部を卒業した後、薬剤師国家試験に合格して国家資格を取得すれば、保険薬局や病院などで「薬剤師」として働くことができる。 実際、薬学部の卒業生の主な進路は、保険薬局・ドラッグストア・病院が大半。 しかし、実は薬剤師 …

  • 今人気の薬学部。「6年制」と「4年制」では何が違うの?

    ●6年制は薬剤師養成、4年制は研究者養成 医療系の分野に興味がある!何か一生使える資格をとりたい!という高校生にとって、大学の薬学部は注目しておきたい進学先の一つ。 少し調べたことのある高校生なら、薬剤師を取得するには、薬学部に6年間通って国家資格を受験する必要があることは知っているのでは? …

薬剤師を目指せる学校を探すならリクナビ進学