• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 航空・船舶・自動車工学
やりたいことを見つけよう!

航空・船舶・自動車工学

航空・船舶・自動車工学

航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

学び方

特別講義
企業の研究者や技術者を講師に招き、実践的かつ最新の研究テーマを学ぶ。
実験・実習
実験・実習は重視される。満足な結果を得るまで実験を繰り返すため長時間に及ぶことも。

航空・船舶・自動車工学 学びのフィールド

機械工学の一分野としての基礎研究と個別研究の2つに分かれる。

<基礎研究>
●材料工学
鋼材、樹脂、ゴム、新素材など素材の強度、柔軟性、耐久性などの研究のほかに、最近はリサイクルも研究されている。
●運動工学
駆動系、伝達系などで、エンジンのパワーをいかにロスなく効率よく伝えるかを研究する。さらにそれらを制御するためにコンピュータも研究されている。
●熱力学
エンジンの燃料、燃焼効率、耐久性などを研究。熱を仕事のエネルギーに変換するプロセスを研究する。最近では水素、天然ガス、電気など環境にやさしいエネルギーが注目されている。
●加工
圧延、プレス、溶接など加工法や強度の研究。また、一つの部品を作り出すための方法を学ぶ。
●流体力学
空気や水の抵抗や揚力、浮力などを研究する。
<個別研究>
●航空工学
エンジン、機体の構造、飛行姿勢の制御とともに、空気力学と翼の関係などを研究する。飛行機の整備実習などもある。
●船舶工学
エンジン、船体構造など船舶自体の研究とともに、海洋プラントなどの研究も行う。
●自動車工学
エンジン、車体構造など自動車の基本構造の研究とともに、新世代の省エネルギー車、電気自動車、ソーラーカーなど新エネルギー車の研究にも積極的だ。

航空・船舶・自動車工学に関連する記事

航空・船舶・自動車工学を学べる学校を探すならリクナビ進学