• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 経営工学
やりたいことを見つけよう!

経営工学

経営工学

企業の資源について、より合理的で有効な活用法を考える

会社の資源である、人・もの・金・情報の上手な使い方を工学的に考える学問。組織・工程・機械などあらゆる要因を、実験、実習を重ね総合的に研究する。

学び方

実習
プログラミング実習、情報処理実習を通してコンピュータの扱いを習得する。
実験
機械の動きや速度の変化を実測したり、材料試験や、人間の動態視力・味覚実験など。
見学・研修
工場見学や企業研修を通して実際の社会の仕組みや問題点を探る。

経営工学 学びのフィールド

機械や情報などの工学の<基礎研究>分野と、生産、管理などの<個別研究>分野に分かれる。

<基礎研究>
●機械工学
機械工学全般の幅広い知識は、経営工学の一分野として基本にある。
●統計工学
複雑に入り組んだ社会のあらゆる出来事を数学的に整理・分析し、事象の説明や予測に応用する。
●情報理論
情報システムをいかに活用するかが、これからの経営の決め手になる。そのために情報をどうとらえるかを学ぶ。
●人間工学
機械が複雑かつ高度になるにしたがって広がってきた人間と機械との間のギャップを埋めるために、心理学、解剖学、生理学的な面から人間本位の設計を研究する。
<個別研究>
●生産管理
一つの商品を生産するための、生産ライン、機械から品質管理まですべての面にわたって理想の生産管理システムを研究する。
●管理工学
生産ラインや機械などの作動を、正常な状態にあるか管理し、誤作動をチェックするためのシステムを研究する。
●環境管
生産過程を含めて企業活動全般が必要とするエネルギー、その結果生まれる排出物などをいかに少ないレベルで抑えるか。そのシステム全体を研究する。
経営工学を学べる学校を探すならリクナビ進学