• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 映画・映像・番組製作
  • 放送作家
  • なるには
放送作家になるには

放送作家になるには

全国のオススメの学校

放送作家の養成スクールを卒業して放送作家になる人もいます。
授業や実習などで学んだ知識や経験はそのまま現場で生かすことができるため、現場のディレクターなどから高評価を得ているそうです。
ベテランの放送作家が立ち上げた事務所に就職する方法もあります。入社当初は助手扱いですが、下積み仕事を経験する中できらりと光る才能を見せることができれば、やがて放送作家の仕事をまかされるようになるでしょう。
また、ラジオ番組などにネタを投稿する“はがき職人”からピックアップされ、その番組の放送作家として招かれたり、放送作家の事務所入りを勧められたりするケースもあるようです。

放送作家の養成学校を卒業

放送作家の養成スクールに通い、優秀な成績を収めて放送作家になるケースもあります。
現役として活躍する放送作家が講師を務めるスクールもあるため、授業などを通じて関係を築き、仕事を紹介してもらうこともあるようです。
スクールで学んだアイデアの出し方、台本制作のノウハウなどがそのまま役立つため、現場担当のディレクターからは高い評価を得ているそうです。

放送作家の事務所に就職

ベテランの放送作家が立ち上げた事務所に就職するケースもあります。
求人サイトに応募要項が掲載されるほか、過去には放送作家のツイッターやフェイスブックに「弟子募集」のような形式で求人情報が出たこともあります。
入社当初は助手扱いで、リサーチや番組宛てに送られてくるはがきの選定などを担当しますが、こうした下積み仕事を経験する中できらりと光る才能を見せることができれば、やがて放送作家の仕事をまかされるようになるでしょう。

はがき職人からステップアップ

さまざまなメディアで活躍する放送作家の中には、かつて有名な“はがき職人”だった人が何人もいます。
はがき職人とは、主にラジオ番組の中で出されたテーマに対して、おもしろい話を書き記して投稿する一般リスナーのことで、投稿内容が格段におもしろい場合、その投稿者はやがてはがき職人と認定されます。
はがき職人は特定の番組に絞って数多くのはがきを投稿するため、その番組の構成作家として招かれたり、放送作家の事務所入りを勧められたりするケースがあるようです。

放送作家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路