• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 自動車・航空・宇宙
  • 航海士

航海士

大海原を舞台に大型船舶で働く
総トン数が20トン以上の大型船舶で、船の安全な航海のために機関士・通信士などとともに働くのが航海士です。航海士の仕事は船の操縦、荷物の運搬、船員の指示管理や統括など多岐にわたります。航海士になるには、1~6級まである国家資格の海技士(航海)資格取得が必要です。民間の海運会社で、客船、貨物船、タンカーに乗船勤務する以外に、海上保安庁の巡視船などでも活躍しています。
航海士
海技士<国>

航海士

大型船舶を運行するための資格
総トン数20トン以上の大型船舶の船長や機関長、通信長などには、かならず海技士の免許が必要。海技士免許は航行する区域や船の大きさなどによって次のように分かれている。海技士(航海)1級~6級、海技士(機関)1級~6級、海技士(通信)1級~3級、海技士(電子通信)1級~4級。海技士になるには、一定の乗船経験を積んだ後、海技士国家試験に合格する必要がある。
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校

航海士の学校の選び方

POINT
航海士になるためには、船舶職員を養成する教育機関で学ぶのが最も一般的な方法です。船舶職員を養成する教育機関には、文部科学省所管の国立大学、商船高等専門学校や、国土交通省所管の海上技術学校、海上技術短期大学校などがあります。これらの学校で所定の課程を修めると、海技士資格(航海)3級や4級の受験資格が得られます。同時に学んだ学校の種類に応じて国家試験の筆記試験が免除になります。

航海士に求められる人物は?適性を知る

POINT
休みなく長時間の労働が強いられることもある航海士の仕事には、過酷さもあります。安全な航海の実現には、厳しい船上での労働条件を克服する肉体的・精神的な強靭さが求められます。また航海士の仕事は、うっかりミスによる行為が重大な事故につながる可能性があります。個々の作業には、細心の注意と責任感をもって当たらなければなりません。予期せぬアクシデントに遭遇した際に、慌てずに対応できる冷静さも必要です。

航海士の必要な試験と資格は?

POINT
航海士になるには、国土交通省所轄の海技士(航海)国家試験の合格が必須です。試験は年に4回、北海道から九州まで10カ所の地方運輸局などで実施されます。海技士(航海)の資格には最上級の1級~6級まであり、試験はそれぞれの級ごとに行われます。資格に応じた一定の年齢に達していること、一定の乗船履歴があることが受験資格になっており、実習の乗船が乗船履歴になる船舶職員養成のための教育機関で学び、受験するのが一般的です。

航海士を目指せる学校の学費(初年度納入金)

POINT
大学・短大
初年度納入金
39万 8300円
 ~ 174万 4200円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
※ 
記載されている金額は、入学した年に支払う学費(初年度納入金)です。また、その学費(初年度納入金)情報はスタディサプリ進路に掲載されている学費(初年度納入金)を元にしております。卒業までの総額は各学校の公式ホームページをご覧ください。
航海士の仕事内容

航海士の仕事内容

大型船舶の運航には、操船、航海計器(GPS、速度計など航海に用いる計器)の整備や甲板(かんぱん:船のデッキ)全体の統括などを担う航海士の存在が欠かせません。航海士には上から順に船長、一等航海士、二等航海士、三等航海士に分かれており、それぞれ仕事内容が異なります。小型の内航船(国内の港の間だけを航海する船)では、少ない人数の航海士が業務をまとめて行っています。求められるのは、トラブルなく安全に目的港まで航海すること。そのために船上ですべき仕事は数多く、それぞれの航海士が分担して行っています。各航海士の業務には責任が伴いますが、特に船のトップである船長には、大きな権限とともに重い責任が課せられています。

航海士の気になる?年収・給料・収入

POINT
安全な航海のために従事する大きな責任や危険を伴う仕事だけに、航海士の給料は他の職業に比べて高く設定されていることが多いようです。海上勤務と陸上勤務を繰り返すのが基本ですが、海上勤務の場合は乗船手当などの諸手当が付与されるため、陸上勤務の期間よりも高い給料が支払われます。また長期間、閉ざされた船舶内で過ごす海上勤務中は、お金の使い道もないため、陸上に戻った際に多額の浪費をしなければ、お金を貯めやすい職業だとも言われています。

航海士の就職先・活躍できる場所は?

POINT
航海士の働く場所には、客船・貨物船・タンカー・フェリーなどを運航する民間の海運会社や、国家公務員として働く海上保安庁などがあります。その他、漁船や数は少ないですが調査研究船などで働くこともできます。民間会社ではキャリアを積み重ねながら、最終的には船長を目指す道も開けています。また海上保安庁では、海上保安官として巡視船などに乗り組んで働くことになります。
  • 海外

航海士のズバリ!将来性は?

POINT
国土交通省のデータによれば、日本の船員数は、昭和49年(1974年)をピークに激減。今は低いレベルで横ばいとなっており、航海士も同様です。しかし、島国である日本にとって船は重要な存在で、運航に欠かせない航海士の需要は今後も変わることはないと言えます。また、日本の航海士は仕事ぶりの勤勉さなどから世界的にも評価が高く、その重要性は、高いまま保たれるでしょう。他の職業に比べて高い給与水準や充実した年金制度などもあり、収入面でも安定しています。

航海士の先輩・内定者に聞いてみよう

航海士として働く矢野 輝さん
大型船を安全に航海させる判断力と、緊急時の対応力がある航海士が目標です
国立波方海上技術短期大学校
海技士教育科海技課程専修科 卒
船長として働く猪田 隆志さん
雲を読み、風に聞いて、波に学ぶ。自然を見ながら大型船を操縦しています
国立清水海上技術短期大学校
海技士教育科海技課程専修科

航海士のやりがいを聞いてみよう

航海士の仕事は、安全に物資や人を船で運ぶことです。貿易で運ぶさまざまな物資は、日本や世界の人や社会を豊かにするために役立っています。豪華客船などでは、乗船客を大いに楽しませています。人や社会の役に立っていると実感したとき、やりがいを感じるようです。また、外国の港に寄港する航路に乗船していると、寄港地で現地の人と交流が持て、日本とは違う特産品、味覚に出合えて楽しさとともにやりがいを感じると言う人もいるようです。

航海士の志望動機を教えて!

実際に客船などで航海士としてきびきびと働く人の姿を見たこと、航海士としてのやりがいや、航海して知ることができる世界の人々や文化、海上でしか味わえない景色などについてなど、働く人の生の声を聞いたことが、航海士を目指すきっかけとなる人も多いようです。海技士は資格が1~6級まであるため自らの努力でステップアップができ、またある程度の年齢になっても転職しやすくなっています。国家資格である海技士(航海)の価値と評価の高さに魅力を感じて志望したという人もいるようです。
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校
海技士<国>の就職先

海技士<国>の就職先

貨物船、タンカー、フェリーなどの各船舶。
航海士をとるには

海技士<国>をとるには

海技士<国>の受験資格

資格により年齢制限、必要な乗船経験(履歴)が異なる。

海技士<国>の合格率・難易度

合格率
※非公開

資格団体

国土交通省および各運輸局
電話:045-211-7232(関東運輸局) ※関東の場合。試験は各地の運輸局で実施されている。
URL:http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_tk10_000023.html
目指せる仕事・資格

航海士を目指せる資格

大学・短大

専門学校

エリアから探す

北海道

北海道

東北

青森

岩手

宮城


秋田

山形

福島


東北すべて

関東

茨城

栃木

群馬

埼玉


千葉

東京

神奈川


関東すべて

甲信越

新潟

山梨

長野


甲信越すべて

東海

岐阜

静岡

愛知

三重


東海すべて

北陸

富山

石川

福井


北陸すべて

近畿

滋賀

京都

大阪


兵庫

奈良

和歌山


近畿すべて

中国・四国

鳥取

島根

岡山

広島

山口

徳島

香川

愛媛

高知


中国・四国すべて

九州・沖縄

福岡

佐賀

長崎

熊本


大分

宮崎

鹿児島

沖縄


九州・沖縄すべて

航海士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路