• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • メイク・ネイル・エステ
  • ネイリスト
  • 就職先・活躍できる場所は?
ネイリストの就職先・活躍できる場所は?

ネイリストの就職先・活躍できる場所は?

ネイルアートやネイルケアを専門にしているネイルサロンはもちろん、結婚式場や美容室、フリーランスとして独立開業するなど、ネイリストの働く場所はさまざま。
サロンや美容室で正社員として勤務するほか、フリーランスの外注スタッフとして週に何日かだけ働く人もいます。
そのほか、「ネイルをやってほしい」というお客さまの予約が入ったときに結婚式場やスタジオなどに直接出向く「出張」的なスタイルで働く人もいます。独立する場合は、自宅や賃貸のテナントに設備を整えて店名をつけ、ネイルサロンとして開業します。

ネイルサロン

ネイリストの仕事場といえば、やはりネイルサロン。ネイルサロンと言っても全国に店舗をもつような大きなサロンから、個人が自宅で開業しているサロン、繁華街にあるサロン、郊外にあるサロンなどがあり、店の雰囲気はそれぞれ違います。
ターゲットとする客層が違えば、得意なデザインや売りも異なってきますので、高めたい技術を学べるサロン、自分の個性が発揮できそうなサロンをみつけるといいでしょう。
無資格者や未経験者も歓迎というサロンもありますので、アシスタントとして就職し、現場で知識や技術を学びながら一人前のネイリストを目指すこともできます。

美容室や結婚式場

美容室や結婚式場、エステサロンなどにネイリストが常駐する場合もあります。
ネイルに加え、ボディジュエリー、エステなどの技術ももっていれば、ネイル以外にも対応できる美のスペシャリストとして重宝されるでしょう。ただし、1店舗に1人のネイリストということも少なくないため、未経験者よりも経験者が優遇される可能性が高い職場です。

独立・フリーランス

自宅や賃貸テナントでネイルサロンを開くほか、店舗をもたないフリーランスとして働く人もたくさんいます。
フリーランスのネイリストはサロンと業務委託契約を結び、サロンの椅子を借りて週に何日かだけ働いたり、予約が入り、声がかかったときに出向いて働いたりします。
また、ネイリストとしての評判や実力が買われ、モデルやタレントなど芸能人専属のネイリストとして活躍する人もいます。
いずれも、自分の実力がダイレクトに収入に反映される働き方になるため、その覚悟と努力が問われることになります。

全国のオススメの学校

ネイリストを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路