• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 久留米工業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部

私立大学/福岡

クルメコウギョウダイガク

工学部

定員数:
320人

個々のキャリア意識の醸成を図り、高度な工学力を身につけた社会人になる!

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    「そのままでは有効活用が難しい」とされている物質でも、加工することによって利用価値の高い「材料」にできます。このように、新たな材料を生み出すことや、それらを活用するための技術を開発・研究する学問が材料工学です。まず、化学、物理、数学といった科目と、材料工学の基礎を学びます。ここで物質の特性をしっかりと理解し、次のステップとして、現在使われている材料について、実験も交えて身につけていきます。金属、無機、有機材料について横断的に学ぶことで理解を深め、専門的な学びや研究へと進んでいきます。卒業後の進路としては、材料系をはじめとするメーカーが挙げられます。また、大学院に進学して研究をつづける人も多いようです。

目指せる仕事
  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • 建築士

    建築物の設計・デザインから施工監理まで

    一般住宅や店舗やオフィスなどの建築物の企画、設計、見積もり、施工管理などに携わる仕事。建築予定地の調査をし、顧客の要望に沿う建築の設計と積算を行う。また、建築工事の管理、建築許可や道路の使用許可などの法規に基づく官庁への手続きや届け出もする。

bug fix
初年度納入金:2019年度納入金 142万8300円  (4月・10月分納、入学金含む)
年限:4年制
bug fix

募集学科・コース

機械デザインコース・ロボティクスコースで、産業工学に関する知識と技術を習得する。

ロボティクスコース

機械デザインコース

自動車から航空機、船舶、鉄道まで、交通機械(ノリモノ)の設計・開発・メンテナンスを幅広く探究。

先端交通・航空宇宙コース

自動車コース

住宅・ビル建設に必要な知識や技術を建築・設備の両面から総合的に学習し、スペシャリストを育成する。

建築デザインコース

設備デザインコース

情報技術(IT)を基礎から応用まで幅広く身につけ、ネットワーク社会の基盤を支える多様な技術者の育成を目指す。

ビジュアルコンテンツコース

ソフトウェアコース

ハードウェアコース

工学部の特長を生かして、ものづくりの面白さを伝えられる、理数系教員を目指す!

数学コース

理科コース

キャンパスライフShot

久留米工業大学 <100号館(テクノみらい館)>学生の皆さんが快適な環境で学び、充実したキャンパスライフを過ごせる新棟が完成しました
<100号館(テクノみらい館)>学生の皆さんが快適な環境で学び、充実したキャンパスライフを過ごせる新棟が完成しました
久留米工業大学 <学生寮>大学から近い場所に学生寮を完備。一人暮らしも安心できる快適な学生生活を応援します
<学生寮>大学から近い場所に学生寮を完備。一人暮らしも安心できる快適な学生生活を応援します
久留米工業大学 <ものづくりセンター>本学は学生の自主的なものづくり教育を積極的に推進しています
<ものづくりセンター>本学は学生の自主的なものづくり教育を積極的に推進しています

学部の特長

学ぶ内容

機械システム工学科
本学科は、機械工学の基礎を身につけると同時に、IT技術・環境技術を駆使したデザインやロボティクス、メカトロニクスなどの知識や技術を習得できる学科です。最新設備を使った実験・実習やCAD/CAMによる設計・製作など、実践の楽しさを重視した生きたカリキュラムで、社会のIT化に対応できる機械エンジニアを育成します。
また、機械設計技術者やCAD利用技術者試験などの資格取得を正規の科目として積極的に支援しています。「ロボティクスコース」、「機械デザインコース」の2コースで、一人ひとりの適性に合ったきめ細かな教育でスペシャリストを目指します。
交通機械工学科
交通機械工学は、流体力学や設計・製図、エネルギー工学、電気工学、情報技術、環境問題、そしてデザインなど工学の広い分野が集約された総合的な学問です。本学の交通機械工学科では、自動車の開発設計の他、性能や交通環境の改善などについての研究も活発に行っています。さらに4年制大学では全国唯一の国土交通省による2級自動車整備士養成の認可学科であるため、卒業と同時に2級自動車整備士<国>の受験資格が得られます。 また、卒業直後に実施される2級自動車整備士<国>資格試験では、毎年高い合格率を誇っています。「先端交通機械コース」「自動車コース」の2コースがあります。
建築・設備工学科
建築物の機能性、安全性、住みやすさなどを、美しさやデザイン、伝統と習慣、エネルギー効率、環境問題、高齢化問題、都市計画、建築関連法規、色彩や照明、騒音、インテリアなど様々な面から学習し、それぞれ将来の職業に直結した専門性の高い知識と技術の習得を目指します。この分野で大切な各種資格取得では、現場経験が豊富で数々の資格を持つ教員たちがきめ細かく指導。空調設備や給排水衛生設備、電気設備、省エネルギーや自然エネルギーの利用、環境対策など、建築物に不可欠な設備関連の教育研究が充実しているのも本学の建築・設備工学科の特徴のひとつです。「建築デザインコース」「設備デザインコース」の2コースで専門性を高めます。
情報ネットワーク工学科
今、私たちの日常生活も社会も国際的な規模で情報技術 = ITに支えられています。もちろん、その利用スキルを身につけることは、私たちにとってはすでに必須です。本学科では、充実した設備と経験豊かな教員をそろえ、演習や実技を重視した教育で実践力を身につけた技術者を養成します。情報技術の分野では、ハード・ソフト・コンテンツが複雑に連携することで革新的なサービスが生まれており、本学科では、これらの分野の基礎を学んでいき、さらに、2年次から「ビジュアルコンテンツコース」「ハードウェアコース」「ソフトウェアコース」の3コースに分かれ、それぞれの分野で最先端の情報化社会を支える技術者を育成します。
教育創造工学科
今、中学・高校の教育現場では「理数離れ」が深刻な問題になっています。本学ではその解消に向け理数系教員養成に特化した「教育創造工学科」を開設しています。
本学科では「数学コース」「理科コース」の2コースを設置し、いずれのコースも幅広い工学の基礎知識の上に、生徒たちの理数科目に対する興味を引き出すことのできる「豊かな創造力と応用力」を備えた教員を養成します。卒業時には「数学」と「理科」の中学校教諭一種免許状<国>および高等学校教諭一種免許状<国>が取得できますが、本学科ではさらに「理科と数学」といった2教科の教員免許の取得が可能となっています。

施設・設備

新棟でさらに学びやすさが充実
学生の皆さんが快適な環境で学び、楽しく充実したキャンパスライフを送ることのできる100号館(テクノみらい館)が2015年2月に完成しました。100号館には、一般教室、大講義室、食堂、学生ラウンジ、自習室、ゼミ室、ホールなどの施設が入っています。

学生支援・制度

キャリアサポートセンターで就職支援が充実
就職支援をさらに充実させるため、キャリアサポートセンターを設置。企業の人事担当経験を持つ講師が、学生への情報提供・企業との仲介等や新たな企業開拓の他、講義の中で行う就業力育成にも今まで以上に力を注ぎ、学生たちに合った就職指導を実施。大学内での合同企業説明会や保護者との面談会も引き続き充実させていきます。また、遠方への就職試験の際には、大学が費用の一部を負担する制度も実施しています。

オープンキャンパスに行こう

就職率・卒業後の進路 

■主な就職先(2018年3月卒業生実績)
■機械システム工学科/山口油屋福太郎、フジキカイ、山九プラントテクノ、ディスコ、ヤンマー建機、建デポ、日田キヤノンマテリアル、三菱電機エンジニアリング、日立交通テクノロジー、中央電設など 
■交通機械工学科/スズキ、日野ヒューテック、ショウエイ、九州日野自動車、九州マツダ、トヨテツ福岡、九州三菱自動車販売、アクティオ、福岡ダイハツ販売、光和設計など 
■建築・設備工学科/大東建託、きんでん、新菱冷熱工業、日本建設、大気社、松尾建設、九電工、イチケン、ダイダン、高松建設など 
■情報ネットワーク工学科/コカ・コーラウエスト、きちり、ソフトウェアサービス、FBS、シー・エス・イー、ノボル電機製作所、エクセル電子、協立電子、東芝テックソリューションサービス、JR九州メンテナンスなど 
■教育創造工学科/福間市立福間中学校、久留米市立屏水中学校、若宮市宮田小学校、福岡県立久留米聴覚特別支援学校、福岡市立原北中学校、久留米市立北野中学校、久留米市立青陵中学校、はま寿司、早信国際、奄美大島信用金庫など

問い合わせ先・所在地

〒830-0052 福岡県久留米市上津町2228-66
0942-22-1241(広報課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
福岡県久留米市上津町2228-66 「JR久留米」駅から西鉄バス 工業大学前下車 30分
「西鉄久留米」駅から西鉄バス 工業大学前下車 20分

地図

 

路線案内


久留米工業大学(私立大学/福岡)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る