• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 桐蔭横浜大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医用工学部

私立大学/神奈川

トウインヨコハマダイガク

医用工学部

定員数:
80人

「医学+理工学」が新時代の医療を担う「臨床検査技師」「臨床工学技士」に!

学べる学問
  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    「そのままでは有効活用が難しい」とされている物質でも、加工することによって利用価値の高い「材料」にできます。このように、新たな材料を生み出すことや、それらを活用するための技術を開発・研究する学問が材料工学です。まず、化学、物理、数学といった科目と、材料工学の基礎を学びます。ここで物質の特性をしっかりと理解し、次のステップとして、現在使われている材料について、実験も交えて身につけていきます。金属、無機、有機材料について横断的に学ぶことで理解を深め、専門的な学びや研究へと進んでいきます。卒業後の進路としては、材料系をはじめとするメーカーが挙げられます。また、大学院に進学して研究をつづける人も多いようです。

目指せる仕事
  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • 精密機械技術者・研究者

    電子・光学技術や知識を活かし、カメラ、時計、望遠鏡、顕微鏡、測定器などの精密機械の研究・開発をする。

    精密機械は現在の生活の中では欠かせない。例えば携帯電話にはデジタルカメラが付き、当たり前のように日常生活の中にある。また、医学の世界では極小化するカメラや高性能の顕微鏡、精度の高い測定器などによって飛躍的に治療や診断、手術の方法なども変化している。これらの精密機器の設計、開発、製造管理などを行うのが精密機械技術者。精密機器メーカーで活躍するのが一般的で、営業などと組み、どのような商品をどういう目的でどのくらいの形状にしたいかなど、十分に打ち合わせをして製作する。

  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • 金属・材料技術者

    さまざまな金属やセラミックなどの新素材の開発をしたり、製品の製造現場での新しい技術を開発したりする。

     モノを作る現場では、モノを作るための素材が必要になる。機械などの場合は、さまざまな金属やセラミックなどの新素材がそれ。どういう目的で、どんな形状のものを作るかという話になった際、重要なのがこの材料。目的にかなった強度や加工のしやすさ、耐久性など、材料次第でうまくいくことも失敗することもある。しかも、商品にするためには、コスト管理も欠かせない。そのような金属や材料に関しての専門知識を持ち、時には新しい素材の開発を行ったり、加工技術に工夫を凝らしたりするのが金属・材料技術者。

  • 臨床工学技士

    生命にかかわる高度な医療機器を扱う“いのちのエンジニア”

    人工呼吸器や人工透析装置、人工心肺装置など、生命を維持するための装置を操作し、その保守と点検を行うのがおもな仕事。医学的な知識と工学的な知識を兼ね備えてなければいけない。

  • 臨床検査技師

    病気の早期発見に寄与する、医療検査のスペシャリスト

    医師の指示のもと、病院や産科・レディスクリニック、整形外科(MRI)、臨床検査センターなどで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

  • 医薬情報担当者(MR)

    医師に薬品の情報を提供する

    MRとはMedical Representativeの略で、製薬会社の営業販売をする人。医療機関に出入りし、メーカーを代表して医師らに医薬品の情報を提供したり、情報を収集する仕事。また、各研究機関への委託研究の連絡や研究発表、シンポジウムを手伝うこともある。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

「医学+理工学」を機軸とした学びのシステムと実践的な医学系教育システムで、未来の医療を支える臨床検査技師を育成

「医療+理工学」の学びを追究し、問題解決能力を備えた臨床工学技士、「いのちと向きあうエンジニア」を育成します。

キャンパスライフShot

桐蔭横浜大学 臨床検査技師・臨床工学技士養成のための最新の医療機器や研究機器を整備した医用工学部実習棟が2014年に完成。
臨床検査技師・臨床工学技士養成のための最新の医療機器や研究機器を整備した医用工学部実習棟が2014年に完成。
桐蔭横浜大学 医学と理工学の分野をそれぞれの専門教員が手厚くサポート。豊富な実習が学生の質を高めます。
医学と理工学の分野をそれぞれの専門教員が手厚くサポート。豊富な実習が学生の質を高めます。
桐蔭横浜大学 研究室で最新の研究に触れ、学びに磨きをかけます。
研究室で最新の研究に触れ、学びに磨きをかけます。

学部の特長

学ぶ内容

生命医工学科
化学、生物学、物理学などの科学系基礎科目をベースに臨床検査技術の基礎となる生化学系専門科目と検査機器運用のための医用計測工学系・情報系専門科目を学び、医学系・臨床検査学系科目を学びます。さらに学内実習や約5ヵ月間の臨地実習を通じて臨床検査技術を総合的に習得します。近年、医療の高度化に伴い臨床検査技師に求められる役割はますます拡大しています。新たな検査技術・検査機器に即応し、優れた分析能力を持った臨床検査技師をめざします。
臨床工学科
生命維持管理装置などの医療機器のスペシャリストになるために、臨床工学技士として必要な医学の基礎知識、医療人としての心得、主な医療機器の原理や実際の操作、それを理解するための基礎工学などについて、授業および豊富な実験・実習を通して学びます。
4年次では、総合的な理解を深めるために、約1ヵ月間の病院実習を行います。また卒業研究を通して、コミュニケーション能力や問題解決能力等を磨き、チーム医療の一員として信頼される臨床工学技士をめざします。

授業

少人数による教育体制
1学年の定員は40名と高等学校の1クラス程度。そのため教員と学生との距離は自然と近く、アットホームな雰囲気の中で、学生一人ひとりに、きめ細かい指導を行っています。

資格

受験資格が得られるもの
臨床検査技師〈国〉、臨床工学技士〈国〉
目標とする資格
1種および2種ME技術者、中級および上級バイオ技術者認定試験 など

学部のプロフィール

学部の特色
最先端の理工学技術を駆使して日々進化し続ける医療技術や医療機器。それらを適切に運用するために医学はもとより、理工学の知識も習得した医療技術者が期待されています。本学医用工学部は「医学+理工学」を基軸に、生命医工学科では臨床検査技師を、臨床工学科では臨床工学技士を養成しています。また国家試験合格に向けた支援体制も充実しており、学習支援サービス「インディ・カフェ」では個別指導が受けられます。また、大学院を併設していることも本学の特徴です。

学生支援・制度

早期卒業制度
基準の成績を満たす学生は、学部を3年間で卒業でき、大学院修士までを最短4年で修了できます。学費を抑えるだけでなく、博士課程進学や各種資格取得など更なるキャリアの追加をめざすことも可能です。

就職率・卒業後の進路 

■平成29年3月卒業生就職先
板橋中央総合病院、安房地域医療センター、(公社)神奈川県予防医学協会、静岡徳洲会病院、(独)国立病院機構東北北陸グループ金沢医療センター、LSIメディエンス、ビー・エム・エル、日本医科大学千葉北総病院、横須賀市立市民病院、イムス葛飾ハートセンター、日本鋼管病院、東戸塚記念病院 他

問い合わせ先・所在地

〒225-8503 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614
045-974-5423 

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県横浜市青葉区鉄町1614 東急田園都市線「青葉台」駅から桐蔭学園行きバス15分、 終点下車すぐ
東急田園都市線「市が尾」駅から桐蔭学園行きバス15分、 終点下車すぐ
小田急線「柿生」駅から桐蔭学園行きバス15分、 終点下車すぐ

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

桐蔭横浜大学(私立大学/神奈川)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る