• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 埼玉
  • ホンダテクニカルカレッジ関東
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 研究開発学科

ホンダテクニカルカレッジ関東 研究開発学科

定員数:
120人

1・2年次で国家資格の二級自動車整備士を取得し、3・4年次は研究開発エンジニアに必要な技術と実践力を養う

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信工学とは、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究する学問です。通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。数学と電磁気学を基礎とし。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。IoT化が進むことを考えると、卒業後の活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気工学とは、電気にかかわるありとあらゆることを研究する学問です。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。まずは高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、専門の研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • 自動車整備士

    自動車を点検・整備・修理して、安全確保に努める

    自動車整備士は、自動車に関する専門知識をもち、乗用車やバス、トラックなどさまざまな車を点検・整備・修理する技術と資格を有するエンジニアです。車社会である現代では、自動車を安全で快適に使用するために必要不可欠な仕事で、交通事故などを減らす社会的な役割も担う重要な人材となっています。最近ではハイブリッド車や電気自動車など自動車の進化とともに必要とされる知識や技術がより高度になっていることもあり、ニーズが高く、将来性もあって、やりがいのある仕事として注目されています。自動車整備士は国家資格であり、一定の受験資格を満たしたうえで、技能検定試験にパスする必要があります。

  • 自動車セールスエンジニア

    カーライフ全般に詳しい販売員

    パンフレットを読めば分かるような情報だけでなく、技術的な知識を生かして顧客に十分な情報提供をし、販売につなげるのがセールスエンジニアの仕事だ。車の性能や構造だけでなく、保険や車検、整備や修理についても詳しく、カーライフ全般について適切なアドバイスをする。

  • レーシングメカニック

    レーシングチームのハイテクエンジニア

    カーレースは、ドライバーとレベルの高いメカニックチームが一緒になって戦う。レーサーメカニックはコンピュータでマシンを管理し、走っている車の水温、油温、油圧、エンジン回転数、残熱量、スピードなどのデータを基に燃費やペースを分析してドライバーに指示したり、整備したりする。

  • カーチューナー

    自動車・オートバイ・自転車など、乗り物の性能を最大限に引きだす

    エンジンのパワーを上げ、加速をスムーズにするなど、自動車・オートバイ・自転車の性能を最大限に引きだす仕事。シリンダーを削る、吸気排気のタイミングを調整するなどエンジン本体のチューンだけでなく、エアクリーナーやマフラーの交換、車高やサスペンション、ブレーキの調整などトータルバランスを意識しながら仕上げていく。

  • レーシングエンジニア

    レースチームの技術面の責任者

    レースチームの技術面の責任者として、ベストの状態でレースに参戦できるようマシンを管理する。テスト走行の結果や次に参戦するレースコースの特色を踏まえ、マシンのチューニングの総指揮をとる。同時に新たなパーツの開発にも参加し、そのためにメーカーやスポンサーとの折衝も進める。

  • カスタムメカニック

    カスタムパーツをその場で素速く取り付ける自動車・バイク専門のメカニック

    自動車やバイクのメンテナンス、機能拡張などを行う。車種とそれに適した部品に関する幅広い知識、溶接や機械加工、板金といった特殊技術が求められる仕事だ。また、取り付けるパーツや車の仕様に関するトレンドなども把握しておく必要がある。

  • レストア技術者

    自動車・オートバイ・自転車など、往年の乗り物をよみがえらせる

    クラッシックカーに代表される、今は生産されていない往年の乗り物をよみがえらせるため、中古車や廃車同然の状態から修理、補修を行う。ボディ、足回り、内装、塗装からチューニングまで仕事の範囲は多岐にわたる。こうした専門知識に加え、こだわりと愛着をもって一台一台仕上げていく。

  • 自動車商品企画

    消費者のニーズなどを調べ、「売れる新車」のアイデアを練り上げる

    自動車メーカーで新車の企画をする仕事。消費者のニーズや他社の動向、自社の技術力などを総合して、「売れる自動車」のアイデアを考える。マーケティング部門と連携しながら、自らも調査をして、「今、どんな車が求められているのか」をリサーチし、技術部門と相談をしながら新車の構想を具体化していく。価格設定や販売戦略に関わることも。新車の開発には多大な時間と費用がかかるため、商品企画担当者が担う役割は重要。マーケティング的な要素も強い仕事なので、文系出身者も活躍している。

  • 自動車開発・設計

    さまざまな分野の技術者が力を合わせ、新車を作り上げていく

    自動車メーカーで、新車の設計や開発を担当する技術者。商品企画部門が考え、社内会議で採用された新車のアイデアを、技術力を生かして形にしていく。担当は、外観の設計、内部構造の設計、エンジンの開発、制御システムの開発といったように細かく分かれており、デザイン、機械工学、電気・電子工学、ITなど多様な分野のスペシャリストが活躍している。それぞれの部門が連携しながら技術的な課題を解決し、何度も試作車を作って、企画に沿った自動車を完成させていく。

  • 自動車生産・管理

    自動車の生産台数や品質などを管理してグローバルなビジネスを支える

    多くの自動車メーカーは、日本国内だけでなく海外でも自動車を販売している。国内外での販売台数の目標を立て、それに合わせて国内外にある工場で生産する台数を計画したり、効率的な生産方法や技術を生み出したり、計画どおりに生産がされているかどうか、安全性や品質が保たれているかどうかを管理したりする各部門が連携することによって、グローバルな市場でのスケールの大きなビジネスが成り立っている。これらの生産・管理系の職種では、文系出身者も数多く活躍している。

初年度納入金:2022年度納入金 127万円  (入学金28万円含む)
年限:4年制

ホンダテクニカルカレッジ関東 研究開発学科の学科の特長

研究開発学科の学ぶ内容

本当にやりたいことを見つける2年間と自分の夢を叶えるため専門性を高める2年間
入学後の2年間は自動車構造の基礎をしっかり学び、二級自動車整備士の国家資格を取得します。3年次からはモビリティーの研究開発エンジニアを目指すため、主に自動車工学・モノづくり・電子制御を学びます。卒業時には大学卒業と同等のスキルを要するもの=高度専門士の称号を与えられます。

研究開発学科の授業

Hondaが大切にしているモノづくり技術。高度な技術を支える「カタチにする力」を養います
お客様に喜ばれ、社会に受け容れられるモビリティーをどの様に創るのか。真に理解するために自分の手を使って「現場」で「現物」に触れて「現実」を知る事を大切にしています。実際の開発現場で用いている設備やツールで実際の開発手法をベースにした授業によりカタチにしていく実践力を身につけモノづくり技術を学びます。

研究開発学科の先生

Hondaの第一線を経験してきたエンジニア。研究開発のエッセンスを知り尽くしています
Hondaの独創的な技術開発を経験してきた各領域のエンジニアで構成する教師陣。世界最先端のモノづくり手法や設計ノウハウ、更にはレースの最前線で世界を転戦してきた経験で、本当に必要な技術のエッセンス、そして教科書には載っていないここだけの技術が学べます。

研究開発学科の卒業後

全員が二級自動車整備士資格を取得しているエンジニア。だから就職の幅が拡がります
モビリティーがどの様に設計されているかを知っている整備士。そしてモビリティーをどの様に使って頂くかを知っているエンジニア。自動車の構造を「整備(直す)」と「研究開発(創る)」の両面で理解している整備士でありエンジニアはどちらの道を選ぶにしても可能性は大きく、就職先で即戦力として活躍できます。

ホンダテクニカルカレッジ関東 研究開発学科の学べる学問

ホンダテクニカルカレッジ関東 研究開発学科の目指せる仕事

ホンダテクニカルカレッジ関東 研究開発学科の資格 

研究開発学科の受験資格が得られる資格

  • 二級ガソリン自動車整備士<国> 、
  • 二級ジーゼル自動車整備士<国> 、
  • 二級二輪自動車整備士<国> (二輪販売会社内定者対象)

研究開発学科の目標とする資格

    危険物取扱者
    低圧電気取扱業務特別教育
    損害保険募集人資格
    ホンダ四輪サービスエンジニア3級
    アーク溶接 特別教育
    実用数学検定
    研削といし取替試運転作業者
    ※コースにより異なる

ホンダテクニカルカレッジ関東 研究開発学科の就職率・卒業後の進路 

研究開発学科の就職率/内定率 100 %

( 就職希望者数146名 )

研究開発学科の主な就職先/内定先

    本田技研工業(株)、(株)ケーヒン、本田金属技術(株)、(株)エフテック、(株)シバックス、山王テック(株)、(株)アビスト、(株)アルプス技研、SOLIZE(株)、(株)アウトソーシングテクノロジー


※ 2020年3月卒業生実績

※旧:一級自動車研究開発学科 開発・設計工学コース(2022年4月より「研究開発学科」)の実績

ホンダテクニカルカレッジ関東 研究開発学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒356-8567埼玉県ふじみ野市鶴ヶ岡5-2-2
TEL 0120-44-1372(フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
埼玉県ふじみ野市鶴ヶ岡5-2-2 「上福岡」駅から徒歩 20分

地図

 

路線案内


RECRUIT