• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本赤十字秋田看護大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 看護学部
  • 看護学科

私立大学/秋田

ニホンセキジュウジアキタカンゴダイガク

看護学科

募集人数:
100人

赤十字の理念を基調とし、国内外で活躍できる看護実践力を備えた人のこころに寄り添う医療人を目指す

学べる学問
  • 看護学

    患者のケアを通して、よりよい生き方について学ぶ

    医療現場で診療・治療以外の手助けをし、患者の健康維持・回復を促す看護を学ぶ実践的な学問。理論と実習を通して看護技術を習得する。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • 養護教諭

    生徒の心身を支える、身近なカウンセラー的存在

    主として小・中・高校に配属される「保健の先生」。年間の保健計画に沿って、身体検査や保健教育などを行い、学校内の救急処置や生徒の健康管理と保健指導、健康相談、環境衛生、にあたる。保健室は、子供たちの「心の居場所」になっているケースが多く、いじめや学業などに関する心の問題や、ストレスを抱える子どものカウンセラーでもある。

  • 看護師

    患者の心身のケアに、医師の診療・治療介助。医療を最前線でサポート

    病院や診療所で、医師の指示に従って、診察や治療のアシスタントを行い、患者さんの症状を正確に把握し、適切な看護をする。最近では、医療の専門分化に伴い、職務も専門化してきている。看護は技術に加えてメンタルな部分も多く求められている。

  • 保健師

    地域で暮らす人々の保健指導、健康管理

    保健所などで乳児検診などさまざまな健康診断を行ったり、個々の家庭を訪れて、健康上のアドバイスをしたりする。乳児から老人までが対象となるので、社会の中で果たす役割も大きい。最近では在宅ケアをする老人が増加し、それとともに経験豊富な保健師の需要が高まっている。

  • 助産師

    妊産婦と新生児のケアに、分娩介助。母子の生命と健やかな成長を支える

    妊産婦を対象に、保健指導や、育児相談、分娩時の介助を行う。産科のある病院や市町村の母親学級で講師を務めたり、相談窓口を担当することになる。核家族化に伴い、妊婦が妊娠・出産にアドバイスを受ける機会が激減しているため、良きアドバイザーとしての活躍がさらに期待されている。

初年度納入金:2016年度納入金(参考) 175万円  (入学金、授業料、維持運営費、実験実習費を含む。教科書代、実習衣代、保険料、学友会費等は別途)

学科の特長

学ぶ内容

赤十字の特色を活かした授業で、国内外の保健医療福祉の向上に役立つ知識・技術を習得
赤十字を理解する「赤十字原論」や災害看護を学ぶ「災害看護学」、「国際関係論」「国際保健学」「国際看護学」など、赤十字の特色を活かした授業を展開。現状理解と必要な知識・技術を習得します。また「赤十字救急法」「赤十字幼児安全法」などの実践的な知識・技術を学ぶとともに資格取得を目指します。

カリキュラム

「人間」「環境」「健康」「赤十字」「看護」の基本概念に基づいた、赤十字独自カリキュラム
カリキュラムの基本となる主要概念を「人間」「環境」「健康」「赤十字」「看護」の5つとして、基礎分野、専門基礎分野、専門分野に分類して体系づけています。看護師として必要なカリキュラムはもちろん、赤十字独自のカリキュラムにより、国内外の災害救援、国際救援の現場で活躍する人材の育成を目指します。

実習

赤十字ネットワークを活かした赤十字病院での臨地実習
1年次より、隣接する秋田赤十字病院で臨地実習を実施。医療の現状を実際に把握、理解しながら看護について習得します。1年次は「基礎看護実習I」、2年次は「基礎看護実習II」、3年次は「成人看護学実習I・II」「小児看護学実習」など8科目、4年次は分野別の看護学実習8科目(保健師選択者は9科目)と「統合実習」があります。

卒業後

国境、宗教、民族を越え、人間の生命と健康を守る営みへの従事
赤十字の看護は、「人道」を大原則とし、国際的な視野に立って人々の生命を守り、個人の尊厳と権利を尊重しております。卒業後の国際救援活動に従事するためには、そのための強い意志や、異文化の人々への理解と尊重、積極的なコミュニケーション、他者との協力・協調、心身の健康管理が出来る事などが求められます。

施設・設備

少人数で医療現場で必要な確かな看護の知識と技術を学ぶ環境を用意
学内には7つの講義室、基礎看護、成人・老年、母性・小児の看護学実習室を用意。その他、少人数学習に対応したゼミ室を多く設置し、学生の学ぶ意欲を後押しします。1年次から看護学実習を行う隣接する秋田赤十字病院とは、専用ブリッジで直結。看護大学と赤十字病院が一体となって、学生の学びをバックアップします。

奨学金

赤十字関連奨学金をはじめ、さまざまな奨学金で学生生活をサポート!
各都道府県赤十字病院の奨学金、(財)日本赤十字社看護師同方会奨学資金、(財)秋田県育英会、秋田県看護職員修学資金、日本学生支援機構等の奨学金制度があり、安心して学業に励める環境を整えています。入学試験の成績が上位の者及び入学後の学業成績が上位の者に対し授業料を免除(全額又は半額)する特待生制度もあります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

日本赤十字社救急法救急員
日本赤十字社健康生活支援講習支援員
日本赤十字社幼児安全法支援員

受験資格が得られる資格

  • 看護師<国> 、
  • 保健師<国>

目標とする資格

    • 助産師<国> (看護師資格を取得後、助産師養成校の課程を修了した者のみ)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    【秋田県内】 秋田赤十字病院 、 秋田大学医学部附属病院 、 JA秋田厚生連 、 秋田市役所(保健師) 、 【秋田県外】 石巻赤十字病院 、 横浜市立みなと赤十字病院 、 八戸赤十字病院 、 函館赤十字病院 、 日本赤十字社医療センター 、 千葉大学医学部附属病院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

【進学実績】日本赤十字秋田看護大学大学院助産学分野、北海道教育大学函館校養護教諭特別別科

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒010-1493 秋田県秋田市上北手猿田字苗代沢17番地3
TEL 018-829-3759 学務課
E-mail : nyushi@rcakita.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
秋田県秋田市上北手猿田字苗代沢17番地3 「秋田」駅東口からバス 15分 日赤病院前下車すぐ

地図

 

路線案内


日本赤十字秋田看護大学(私立大学/秋田)