• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • リハビリ・マッサージ・心理
  • 理学療法士
  • やりがいを聞いてみよう
やりたいことを見つけよう!

理学療法士のやりがいを聞いてみよう

ケガや病気などで損なわれた身体機能を回復することは、その後の人生にもかかわる大きな問題です。このため、リハビリをサポートした患者さんの身体機能が回復することが、理学療法士にとっての一番の喜びとなるようです。また、厳しいリハビリを乗り越えた患者さんから感謝の言葉をかけられることも、仕事への満足度を高めています。「人の役に立ちたい」という気持ちが強く、誰かを支える役割にやりがいを感じる人にとっては、充実感を得られる仕事といえるでしょう。

患者さんの身体機能が回復する

理学療法士は、医学的・社会的視点から対象者の身体能力や生活環境などを評価して、適切なプログラムを作成します。ときには、身体機能が回復するまで時間を要するケースもあります。そんなときは地道な努力と根気強さが必要になりますが、患者さんの行ったリハビリが効果を発揮して、日常生活に欠くことのできない「立つ、座る、歩く」といった基本動作をはじめとする身体機能が回復したときは、理学療法士がもっとも喜びを感じる瞬間となるようです。

患者さんが前向きにリハビリに取り組む

ケガや病気などにより体をうまく動かすことができなくなり、絶望感を味わう患者さんも多くいます。こうしたケースでは、相手の気持ちや心の動きを細やかに察して、寄り添うことがとても大切です。絶望した状況から立ち直り、将来に対する希望をもって回復プログラムに取り組んでもらうことは、理学療法士にとっての大きなやりがいになるようです。そしてリハビリを繰り返し行うことで身体機能が少しずつ回復すると、患者さんの表情に笑顔が戻ってきます。日常生活を安全に送れるまで回復すると、自宅や施設へ帰ることになります。このとき理学療法士は、患者さんから感謝の言葉をかけられます。その瞬間、理学療法士はこれまでの苦労のすべてが報われたと感じるようです。

理学療法士に関連する記事

理学療法士に関連する仕事・資格

理学療法士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路