• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • マスコミ・芸能
  • ダンサー
  • 就職先・活躍できる場所は?
ダンサーの就職先・活躍できる場所は?

ダンサーの就職先・活躍できる場所は?

全国のオススメの学校

劇団やテーマパークなどの組織に所属する、またはフリーとして個人で活動するという2つが、ダンサーの働き方の基本です。
大手劇団ではメインキャストになれれば脚光を浴びますが、自分たちで立ち上げた無名の劇団では運営の収支がマイナスに陥ることも多々あります。
フリーの場合はオーディションに合格して大きな舞台に立ったり、有名アーティストのバックダンサーになるほか、各種イベントに参加したり、ダンスを教える側で働く場合もあります。

劇団、テーマパーク

劇団やテーマパークなどに所属し活躍するダンサーもいますが、大手の劇団やテーマパークほど競争が厳しく、望むポジションを得るには努力や工夫が欠かせません。一方で、大舞台でメインキャストとして、華やかな脚光を浴びて踊れる可能性があります。
仲間と立ち上げて間もない無名の劇団やダンスグループでは、キャリアを積むこと、自分たちのダンスや顔と名前を覚えてもらうことが大きな目的となります。ただ、活動をしても費用が持ち出しになることもあり、収支がマイナスになることも少なくはありません。

クラブ、レストラン、企業イベントなど

クラブ、舞台、レストランなどさまざまな場所で開催される多様なイベントに、ダンサーとして参加します。
ブランドイメージを大切にする企業の商品発表会やパーティーなどのイベントに出演することもあります。イベントに振付師として参加する場合もあります。
最近では、結婚式などで多くの人が突然踊り出すフラッシュモブなどのサプライズ演出に参加するダンサーもいます。

バックダンサー

アーティストの後ろでステージに立ち、アーティストのパフォーマンスを盛り上げるのがバックダンサーの仕事です。
厳しいオーディションを勝ち抜かなければなりませんが、世界的なアーティストのバックダンサーになれれば、世界ツアーに同行して、世界を舞台に活躍することができます。

インストラクター、講師

ダンサーとしての経験を積み、知識・スキルともに高いレベルに達していることが最低条件ですが、ダンス教室などでインストラクターとして働く人もいます。
同様に、専門学校などでダンスの講師として働く場合もあります。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

ダンサーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路