• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • マスコミ・芸能
  • ダンサー
  • 気になる?年収・給料・収入
ダンサーの気になる?年収・給料・収入

ダンサーの気になる?年収・給料・収入

劇団やテーマパークなどに所属して一定の固定給を得る、またはフリーとして1本ごとの仕事を積み重ねて収入を得るという大きく分けて2つのパターンがあります。どちらも、ダンサーとしての経験や実力に応じて報酬が支払われるので、金額に幅広い差があります。
大手劇団ならば、ダンサーから舞台監督や芸術監督になることで年収は増えます。フリーではさまざまなコンテストでの好成績の積み重ねが、より高い報酬での契約に結びつく場合もあります。

劇団・テーマパークなどに所属

大手の劇団やテーマパークに所属すれば、一定の固定給がもらえる場合があります。しかし大手劇団やテーマパークでは、所属するダンサーの数も多いので、経験や実力により年収は差があります。
大手劇団でダンサーから舞台監督や芸術監督などになれれば、年収も増えてきます。テーマパークでは正規雇用と時給労働があります。

フリーとして働く場合

基本は仕事1本ごとの契約で、仕事内容やダンスのスキルにより報酬の幅は広くなっています。一例を挙げれば、PV(販売促進などを目的に作成されるプロモーションビデオ)などのエキストラでは1本3万~5万円、バックダンサーではリハーサルが1日1万円、本番が1日3~5万円などです。
また、各ダンスのジャンルごとに国内外で開催されるコンテストで上位の成績を積み重ねていけば、報酬の額を交渉する際に自分の実績・経歴として強調でき、より高い額で契約できる可能性があります。
ただし、ダンサーだけで生計を立てることは難しく、振付師やダンスインストラクターなどの仕事を兼任して収入を確保するケースが多く見られます。

自分の名前でイベント開催

広く名前が知られて人気を集め、一定の固定ファンが確保できるようになれば、自分の名前を前面に打ち出したイベントを開催して収入を得られるようになります。
イベントにはファンの集い、コンサート、リサイタル、ディナーショーなどがあります。

全国のオススメの学校

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

ダンサーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路