• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 崇城大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 薬学部

私立大学/熊本

ソウジョウダイガク

薬学部

薬そのものから病院・薬局などの現場に至るまで、薬剤師に不可欠な知識を習得。医療を担う「薬のスペシャリスト」に

学べる学問
  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問で、基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。薬学を学べる学部には、薬学部のほかに薬科学部があります。これは4年制の学部で、主に研究者の育成を目的としています。薬を扱ううえでは、細かな計測や厳重な安全管理が欠かせません。ですから、几帳面な性格の人は、薬学に向いているといえるでしょう。薬学を学んだ人の多くは、薬剤師として薬局や病院に就職します。そのほかにも、製薬会社での研究開発や、食品、化粧品会社での商品開発に携わる人、公務員として薬学の知識を生かせる職に就く人もいます。いずれにしても薬を通して、人々の健康や生活の安全にかかわっていく仕事です。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 麻薬取締官

    法学と薬学の知識を生かして違法薬物を取り締まる専門職

    麻薬取締官とは、麻薬や覚せい剤などの違法な薬物の流通や不正売買、それにともなう犯罪を取り締まる国家公務員です。犯罪を取り締まることから警視庁や警察庁が就職先と思われることがありますが、厚生労働省の所属になり、就職先は厚生労働省の地方支分部局である、地方厚生局内の麻薬取締部になります。そのため、麻薬取締官になるには、厚生労働省麻薬取締部の採用試験に合格して採用される必要があります。採用後は各種研修を受け、事務官などの経験を積んだ後に、麻薬取締官として任命されます。採用は不定期で、かつ若干名しか採用されない狭き門です。薬物を取り扱うことから薬学に、さらに、犯罪を取り締まることから法学に精通している必要があります。まずは4年制大学の法学部、または6年制の薬学課程がある大学を目指すことがスタートになるでしょう。麻薬取締官は特別司法警察職員ともよばれ、刑事と同様に犯罪者と対面したり、捜査や容疑者を逮捕したりする権限もあり、小型武器で武装することも認められています。そのため、体力、精神面ともにタフであることも必要です。

  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生命工学研究者

    遺伝子の成り立ちや組み換えなど生物を分子レベルでとらえ、大学や各種研究機関で新たな研究・開発を行う。

    遺伝子の成り立ちや細胞学、生命科学などの成果を、製薬や食品などの工業分野にフィードバックし、生産力をあげたり、新製品の開発につなげるための研究を行っているのが生命工学研究者。分子レベルで生物をとらえ、さまざまな生命や体のメカニズムを解明しようとしている。ある特定の遺伝子の働きが実際にDNAのどの部分で働いているのかなど、マウスを使った実験を繰り返すことで解明しようとする研究者がいたり、実験用の均質なマウスを、遺伝子操作によって作り出すといった実験を繰り返す研究者もいる。

  • 大学教員

    自分の研究分野に関わる専門の講義の指導のみを行う専門講師

    大学では、教授会に所属して大学の運営などにも関わる教授・准教授などとは別に、外部から呼ばれる「講師」がいる。講師とは、一定の期間の契約を大学と交わし、自分の研究分野に関わる講義のみを行う教員だ。教授や准教授のポストの空きがなかなかなくて講師をする人もいるが、本業は別に持ち、その高い専門知識を学生に伝えてほしいと要請を受けて講師を務めるケースも多い。高校までの教員と異なり、大学の教員の場合は特別な資格は必要ではなく、あくまでも専門領域への深い造詣や知識・技能があるかどうかが重要になる。

  • 薬剤師

    正しく安全に薬を調剤、医療と患者の架け橋になる

    医師の指示にもとづき、薬局や病院、診療所で薬の調剤、薬品の管理や販売にあたる。活躍の場は幅広く、薬局や病院、診療所のほかに製薬会社に勤務して薬品の研究や開発に携わる場合もある。また薬局を開業するケースもある。薬剤師は不足傾向にあり、採用は広がっている。

  • 医薬品登録販売者

    薬局の店舗スタッフとして活躍。第二類、第三類医薬品を販売できる

    薬局などで販売している医薬品には第一類、第二類、第三類の3種類があり、このうち第一類は薬剤師がいないと販売できない。しかし、一般的なかぜ薬など市販薬の9割以上を占める第二類、第三類は登録販売者の有資格者がいれば売ることができる。薬剤師は人材が不足していることもあり、現在は多くの薬局で登録販売者が活躍。医薬品の効能・副作用などの説明や会計などの店舗業務に従事している。6年制の大学を卒業しなければならない薬剤師に比べると資格も取りやすい。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

  • 医薬情報担当者(MR)

    医師に薬品の情報を提供する

    MRとはMedical Representativeの略で、製薬会社の営業販売をする人。医療機関に出入りし、メーカーを代表して医師らに医薬品の情報を提供したり、情報を収集する仕事。また、各研究機関への委託研究の連絡や研究発表、シンポジウムを手伝うこともある。

bug fix
初年度納入金:2019年度納入金 195万円  (入学金40万円を含む)
bug fix

募集学科・コース

国家試験合格への近道は徹底した少人数教育。地域の医療現場で活躍する薬の専門家を育てる

キャンパスライフShot

崇城大学 5年次の病院・薬局実務実習がスムーズに実施できるように、基礎知識、技能、態度を醸成。
5年次の病院・薬局実務実習がスムーズに実施できるように、基礎知識、技能、態度を醸成。
崇城大学 医療の現場に精通した教授陣が実践的な指導を実施。少人数体制、国家試験合格をサポートします。
医療の現場に精通した教授陣が実践的な指導を実施。少人数体制、国家試験合格をサポートします。
崇城大学 薬剤師養成教育の最終段階として調剤などの薬剤師業務に関する技能を修得します。
薬剤師養成教育の最終段階として調剤などの薬剤師業務に関する技能を修得します。

学部の特長

授業

薬剤師国家試験対策や、教育と研究のバランスを大切にしたサポート体制
薬剤師免許取得を第一義とすることにより、国家試験対策を中心とした教育活動を緻密に行っています。この目的達成のために、経験豊富なベテランから熱気溢れる新進気鋭の教員まで、丁寧に指導。さらに国家試験合格のためだけなく、教育と研究のバランスの取れたシステムも構築しています。

実習

早期実習で現場を実体験。薬剤師の仕事と責任を理解する
1年次に臨地実習を行う病院・医院、薬局、介護施設、児童福祉施設などに関して、体験・見学実習を行います。医療・保健・福祉関連のスタッフとその業務の重要性を認識し、医療・保健・福祉の現場で困った人を助けたいと思う気持ちを養います。

学生

面倒見の良い先生方が魅力。1年次から現場での実習あり!
薬剤師になりたくて、国家試験合格率が高い本学へ進学。親しみやすい先生が多く、年に数回先生との面談もあるので、勉強のことなど気軽に相談できます。1年次から病院・薬局などで体験実習があり、実際の調剤や服薬指導の様子を見学できたことも、大きな経験になっています。(山本さん/福岡県・嘉穂高校出身)
  • point キャンパスライフレポート

    「薬」を通して、患者様の気持ちに寄り添う薬剤師になりたい!

    高校の進路ガイダンスで崇城大学の説明を聞いたことがきっかけ。沖縄県出身の在学生もいると知り、安心しました。国家試験のサポートが充実していること、沖縄県人会というサークルがあることも魅力に感じました。

    崇城大学の学生

卒業生

充実した学習環境の中で向上心と継続力を磨きました!
充実した学習環境に惹かれ、「確実に薬剤師免許を取りたい」と崇城大へ入学。先生との距離が近く何でもすぐに質問に行けるので、向上心に応えてくれる環境だと思います。資格取得に向けて専門のコースも受講できました。これから病院薬剤師として、大学で身に付けた継続する力を生かし、コメディカルの方たちと協力して高度医療を提供できる存在になりたいです。(本村さん/2018年3月卒業)

施設・設備

DDS研究所など、充実の施設で実践力を高められる!
病気の根源となる患部に、ピンポイントで治療薬を送り届けるDDS(ドラッグデリバリーシステム)技術の研究を行う施設を設置。「Made in Sojo University 夢の次世代型DDS製剤の開発」を推進するための中核拠点として機能しています。また、薬草園では、医療現場で実際に使われている薬の原料植物、漢方薬を構成する生薬の基原植物など300種類の薬草があります。

教育目標

6年間の教育課程を通して、専門的な知識・技術はもちろん、医療現場で通用する実践力を習得
医療が高度かつ複雑になるなか、薬の専門家として薬物治療の計画、副作用の確認や医薬品の開発に関わる薬剤師の役割はより重要になっています。薬学科では6年間の教育課程を通して、専門的な知識・技術はもちろんのこと、医療人としての教養と高い倫理観、医療現場で通用する実践力を身に付け、高度・複雑化する医療に対応できる薬剤師の養成を目指しています。

就職率・卒業後の進路 

アインホールディングス、ウエルシア薬局、大賀薬局、霧島市立医師会医療センター、九州大学病院、クオール、熊本県庁、熊本大学医学部附属病院、クリエイトエス・ディー、久留米大学病院、国立病院機構九州グループ、ココカラファイン ヘルスケア、慈恵病院、長崎県庁、日本調剤 ※2018年卒業生実績

問い合わせ先・所在地

〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1
TEL:096-326-6810(入試課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
池田キャンパス : 熊本県熊本市西区池田4-22-1 「崇城大学前」駅から徒歩 1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

崇城大学(私立大学/熊本)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る