• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 芝浦工業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • システム理工学部
  • 環境システム学科

私立大学/東京・埼玉

シバウラコウギョウダイガク

環境システム学科

募集人数:
90人

範囲は建築から都市計画まで。家の建て方はもちろん、国土や地球規模の「環境」について幅広く学べる

学べる学問
  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 建築士

    建築物の設計・デザインから施工監理まで

    一般住宅や店舗やオフィスなどの建築物の企画、設計、見積もり、施工管理などに携わる仕事。建築予定地の調査をし、顧客の要望に沿う建築の設計と積算を行う。また、建築工事の管理、建築許可や道路の使用許可などの法規に基づく官庁への手続きや届け出もする。

  • 建築設備士

    空調や電気など建物設備の設計と監理

    空調・換気・給排水衛生・電気・防災といった、建物設備の設計や工事監理を行う。ソーラーシステムなどの新技術や、コンピュータの普及で複雑になる設備にも対応し、建築士に適切なアドバイスをする。試験を受けるには、空調・衛生工事会社、ゼネコン、設計事務所などで実務経験を積む必要がある。

  • 環境保全エンジニア

    公害防止や環境保全に関わる

    自然環境の保全に関わる。メーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、調査・分析する仕事に大別できる。

  • 環境アセスメント調査員

    地域開発が自然に与える影響を事前に調査する

    道路開発や、工場建設など大規模事業を行う前に、環境への影響を調査・予測・評価する。現地の川や雑木林などの利用状況、またそこにいる生物の生息状況などを調査する。事業計画が環境に著しく影響を及ぼすと判断した場合、それを回避するための提案も行う。

  • 環境コンサルタント

    環境保全活動などへの助言・指導を行う

    環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を持ち、その知識や経験に基づき市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対する助言や指導を行う。また、自治体の環境政策、企業の環境アセスメントなどをどうすすめればいいか考え、企画、調査、事業の管理を行うこともある。

  • 環境計量士

    濃度や騒音レベルを計量する

    計量器の整備、正確性の保持、計量方法の改善など、適正な計量のための環境保持をする仕事。具体的には、濃度や騒音レベル、振動レベルを測り、工場や事業所などでの計量に問題がないよう必要な措置を講じていく。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

初年度納入金:2017年度納入金 169万7080円 

学科の特長

学ぶ内容

土木と建築の枠組みを超えて、環境をシステムとして総合的に学ぶ
身の回りの施設から、住宅、街、都市、地域、さらには国土までを含めた環境に起こるさまざまな活動をシステムとして総合的にとらえ、問題点と解決策を考える。より複雑な要因が絡み合った21世紀型の環境問題を解決できる専門知識をもった人材の育成をめざす

カリキュラム

建築・都市・環境をつなぐ学問領域をカバーするカリキュラム
専門科目においては、建築、都市、環境の3つの領域と、それらのエリアを横断する学問領域を柱にしたカリキュラムを構成。3つの領域を共通して支える環境システム基礎技術として、環境工学実験、コンピュータを利用したデータベース、模型やCGによるシミュレーションなどの情報処理技術を身につける

授業

システム思考を育てるのに重要な総合科目群
なかでも総合科目1「創る」は、学生の圧倒的な支持を受けている授業。学科の枠を超えてグループを組み、自由なテーマに取り組むというもので、受験勉強で知識詰め込み型になってしまった新入生の脳をシステム思考型に切り替えることを目的としている
興味ある系を中心に履修。実践的な授業を行う専門科目群
建築・都市・環境の3つの領域に分かれた専門科目。都市の安全を考える「環境安全計画」ではワークショップを取り入れるなど、実践的な授業を行う。「建築・環境デザイン」では、まず代表的な建築や都市施設についての概要を学び、次に図面のトレースでどんな建物かを想像。最後にその施設を実際に見学し、理解を深める

研究室

建築・都市・環境・社会科学各系のユニークな研究室
街や都市を科学的な視点で見る「環境設計研究室」、CAD・CG、インターネットなどを積極的に用いた「建築設計情報研究室」、さまざまな切り口でデータを集め巨大な経済システムを分析する「経済システム分析研究室」など、ユニークな研究室が多数

奨学金

学生一人ひとりに配慮した独自の制度「SAFEシステム」で経済的負担を軽減
より充実した学生生活を送れるよう、学生一人ひとりに配慮した独自の制度が「SAFEシステム(芝浦工業大学学生総合保障制度)」。費用を大学が全額負担する保険のほか、経済的負担を軽減してくれる奨学金制度も充実。自活支援奨学金、国外研修奨学金、語学研修支援奨学金など目的に応じた各種の後援会奨学金をそろえる

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【数学】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【数学】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種)

受験資格が得られる資格

  • 一級建築士<国> (実務2年) 、
  • 二級建築士<国> 、
  • 建築施工管理技士<国> (1級/実務3年、2級/実務1年)

ほか

目標とする資格

    • ビオトープ管理士 、
    • 福祉住環境コーディネーター検定試験(R)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    大和ハウス工業 、 東急コミュニティー 、 オリエンタルコンサルタンツ 、 さいたま市役所 、 NIPPO 、 乃村工藝社 、 八千代エンジニヤリング 、 東京都特別区 、 埼玉県庁 、 東芝 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

(就職のほかに大学院進学者18名)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5
TEL03-5859-7100(入試部入試課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
大宮キャンパス : 埼玉県さいたま市見沼区深作307 「東大宮」駅東口からスクールバス 5分
「東大宮」駅東口から徒歩 20分

地図

 

路線案内


芝浦工業大学(私立大学/東京・埼玉)