• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 仙台大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 体育学部
  • スポーツ情報マスメディア学科

私立大学/宮城

センダイダイガク

スポーツ情報マスメディア学科

募集人数:
40人

「情報」でスポーツを読み解き、スポーツの感動と醍醐味を伝えるスペシャリストを育てる

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

目指せる仕事
  • ライター

    依頼されたテーマに関して取材をして記事にまとめる

    出版社や新聞社から依頼されたテーマについて、取材をし、記事にまとめる仕事。政治・経済、社会問題、教育、IT、グルメ、ファッション、エンターテインメントなどライターごとに得意分野をもっているのが一般的。自分から企画を売り込むこともある。

  • ジャーナリスト

    報道を通して、現実社会を浮きぼりにする

    ひとことで言うと、報道に携わる仕事をする人。放送記者、新聞記者、ルポライター、フリーライター、雑誌記者、キャスター、フォトジャーナリストなどを指す。「ジャーナリスト」とはその総称ともいえる。ジャーナリズムの影響力は大きく、報道の仕方によっては、国民意識や政治まで変えることもある。

  • 小学校教諭

    全教科オールラウンドに教える小学校の先生

    公立、私立の小学校で先生をする。学習指導要領に沿って授業計画を立て、生活と教科の指導を行う。音楽、図画、家庭科、体育などの専任教諭をおいている学校もあるが、原則として全教科を教える。授業以外にも授業の下調べや教材づくり、テストと採点、生活指導などやることは多い。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 社会教育主事

    教育委員会に籍をおき、公民館や博物館、図書館など社会教育を行う機関への助言や指導を行う。

    「生涯学習」という言葉が日常的に使われるようになってきた。公民館などで、パソコン、英会話などさまざまな講習会や勉強会が開かれている。また、博物館や図書館などでも、それぞれに工夫を凝らした学習プログラムを提供し、地域に広く開放している。各都道府県や市区町村の教育委員会に籍を置き、これらの生涯学習のプログラムやさまざまな社会教育に対して専門的な知識をもとに指導・助言を行うのが社会教育主事。社会教育主事になるための講習を受け認定を受ける必要がある。

  • 体育教師

    授業や課外活動でスポーツの指導をする

    児童・生徒に陸上競技、球技、水泳など様々なスポーツの指導や、体の仕組み、応急処置などの知識を教える。積極的に運動を楽しむこころを育てるとともに、適度な運動で健康な体をつくることをめざす。中・高等学校では運動部の顧問として活躍することも多い。

  • スポーツジャーナリスト

    スポーツをテーマに報道する

    スポーツに関わる色々な話題を独自の切り口で報道する。選手や試合を取材し、雑誌の原稿を書いたり、本を出版したりする。この仕事は取材力が重要で、自分なりの興味・関心を追う中で、選手や関係者との人脈を作ったり、専門知識を身につけていく。

  • スポーツ雑誌編集者

    スポーツ雑誌を編集する

    スポーツ雑誌の記事を企画をし、取材・記事づくりなどの編集作業に携わる。選手へのインタビューや試合の速報、そのスポーツが上達するためのアドバイスなど、取り上げる話題は雑誌によって多岐にわたる。ライターやコラムニストに転身する人もいる。

  • スポーツ雑誌記者

    スポーツ業界の動向をいち早くキャッチし、最新情報を盛り込んだ記事を書く記者

    サッカー、野球など特定のジャンルに密着して取材・原稿執筆を行う場合が多い。常に業界の動向を把握しておくことは最低限必要。選手やそのほか関係者と信頼関係を築き、より深い話を引き出すコミュニケーション能力、フットワークの軽さも大切な素養である。

初年度納入金:2016年度納入金(参考) 137万円 

学科の特長

学ぶ内容

スポーツ情報であらゆる人を「繋げる」人材を育成
スポーツには参加するだけではなく、観て楽しむ側面もあります。観戦するにしても、対戦相手の戦力を分析するにしても、そこには「情報」が存在しています。この学科はスポーツを「情報」面から支援し、発展させる人材を育成します。映像撮影や編集・送出などの一連の体験ができるスタジオも設置しました。

カリキュラム

スポーツ現場での戦略的な情報活用術を学ぶ
スポーツ界での「情報」の扱いは、ゲームの勝敗を左右するだけではなく、効果的な活用ができれば大きな戦力となります。スポーツ情報マスメディア学科では、求める情報の効果的な収集方法や、集めた情報の分析・加工・活用方法などを学び、戦略的な提示ができるアナリストなどを目指します。
スポーツ情報で感動や真実を伝えるジャーナリストを目指す
スポーツに関する情報は、幅広い人々が関心を寄せる文化の一部となっています。情報は、感動を与えると同時に、人を傷つけることもあります。この学科ではスポーツ報道の現場等の学習などを通じ、品位を持ち的確に情報発信する力を身につけ、専門性の高いスポーツジャーナリストやチームの広報スタッフなどを目指します。

卒業後

情報を扱うスペシャリストを育成する「スポーツ情報マスメディア研究所」への参加
学科生は、1年次から部活動感覚で「スポーツ情報マスメディア研究所」の研修会に自由に参加可能。活動は、地域の少年少女のためのスポーツ教室プログラム「こどもスポーツ大学」や、国際競技大会開催時の情報支援本部のサポートなどさまざまです。

クチコミ

学びたい気持ちがどんどん広がる、スポーツ科学へのアプローチ
「中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)<国>」のほかに「社会調査士」等も取得できます。放課後には映像編集や外国語、フリーペーパー作成など、授業外にもスポーツ情報マスメディア研究会による「情報アカデミー」等に参加したり、自らのテーマによって学外へ赴いたりと、各々の夢の実現に向けて頑張っています。

制度

個別対応を原則に、一人ひとりの将来をバックアップする進路・就職指導サポート
1~3年次まで、全学科必修で「人生設計科目(キャリアプランニング)」を開講。体育系学生の特長であるチームワークやコミュニケーション能力、行動力などを伸ばし、一人ひとり違う進路を導く個別面談を大切にしています。企業を招く「学内合同業界研究セミナー」や、教員・公務員採用試験対策講座なども実施しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【保健体育】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【保健体育】<国> (一種) 、
  • レクリエーション・コーディネーター 、
  • 社会調査士 、
  • 社会教育主事任用資格 、
  • キャンプインストラクター

目標とする資格

    • 小学校教諭免許状<国> (二種)(※)

    ※明星大学通信教育部との併修修了により取得、費用は別途。但し、本学で中学校教諭免許状を取得する事が条件

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 93.8 %

( 就職希望者32名 )

主な就職先/内定先

    栃木県立那須拓陽高等学校 、 仙台市消防局 、 (株)河北新報社 、 ホシザキ東北(株) 、 東武トップツアーズ(株) 、 DCMホーマック(株) 、 (株)ノジマ 、 (株)ヨコハマタイヤジャパン 、 サントリービバレッジサービス(株) 、 (公財)福島市スポーツ振興公社 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒989-1693 宮城県柴田郡柴田町船岡南2-2-18
TEL 0224-55-1017(入試創職室)

所在地 アクセス 地図・路線案内
宮城県柴田郡柴田町船岡南2-2-18 「船岡(宮城県)」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内


仙台大学(私立大学/宮城)