• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 広告・新聞・雑誌・本
  • ジャーナリスト

ジャーナリスト

報道を通して、社会のできごとを広く伝える
ジャーナリストの定義は確立されていませんが、広い意味で「新聞や雑誌、テレビ、インターネットなどのメディアで報道する人や寄稿する人」とする場合、新聞記者や放送記者、雑誌記者、編集者、ルポライター、フリーライター、キャスター、報道写真家などを総称名しているといえます。なかには自分でジャーナリストと名乗ればいい、という人もありますが、少なくとも多くの第三者や社会からジャーナリストとして認められることが必要でしょう。また、会社や組織に所属するのではなく、自らの信念に従いフリーランスで取材活動や執筆を行う人を、狭い意味でジャーナリストと呼ぶ場合もあります。ジャーナリズムの影響力は大きく、報道(発信)の仕方や内容によっては、ひとつの業界のみならず、国民意識や政治まで変えることもあります。
ジャーナリスト
全国のオススメの学校
全国のオススメの学校

ジャーナリストの学校の選び方

POINT
ジャーナリストになるために学歴が必要条件になることはありません。ただし、新聞社や出版社、放送局に籍を置き、記者として経験を積んで、ジャーナリストとして認められるという王道コースを歩むには、大学や短大、専門学校を卒業することが必要になります。特に大手メディアの記者採用に応募するには、大卒であることが条件となる場合が多いので、注意しておきましょう。特定の学科や学部などを問われることは少ないので、学部選びなどは自由でかまわないといわれますが、マスコミ学やジャーナリズム論を学べる学科もあります。

ジャーナリストに求められる人物は?適性を知る

POINT
ジャーナリストは、常に好奇心と問題の真相に迫る探究心をもち、一市民として社会的な良識を備え、弱者にやさしく権力に屈しない正義感と反骨精神の持ち主である人が適していると言えます。また、得意とする分野で広く深い知識が必要になるので、勉強熱心であることも重要な資質です。取材に飛び回る体力や行動力、インタビュアーとしてのコミュニケーション能力、臨機応変に対処できる判断力なども求められます。

ジャーナリストの必要な試験と資格は?

POINT
ジャーナリストになるために、資格は必要ありません。なるための試験などもありませんが、メディアの入社試験にパスすることが、新聞記者や雑誌記者、放送記者への第一歩になります。ジャーナリストは人に会って話を聞いたり、自分の考えを伝えたりすることが多い仕事です。取材では初対面の人から、さまざまな話を聞き出さなければならないこともあります。コミュニケーション関係の資格や検定などで、コミュニケーション能力を磨いておくのも良いでしょう。また、文章を書くことが仕事の中でもかなりの量を占めるため、文章に関する資格や検定を受けてみるのもよいかもしれません。さらに、自分でブログを書いたり、関連する課外活動をしたりして、実践で能力を磨くことも大切なことになります。もちろん、高い教養や知識を身につける努力もかかせません。語学力もあるに越したことはないといわれています。

ジャーナリストを目指せる学校の学費(初年度納入金)

POINT
大学・短大
初年度納入金
81万 7800円
 ~ 231万 2000円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
専門学校
初年度納入金
103万円
 ~ 139万 7000円
学費(初年度納入金)の分布
学部・学科・コース数
※ 
記載されている金額は、入学した年に支払う学費(初年度納入金)です。また、その学費(初年度納入金)情報はスタディサプリ進路に掲載されている学費(初年度納入金)を元にしております。卒業までの総額は各学校の公式ホームページをご覧ください。
ジャーナリストの仕事内容

ジャーナリストの仕事内容

ジャーナリストは主にメディアを通じて、物事の本質を見抜き、人々に真実を伝えるのが仕事です。そのため、取材やインタビュー、表現手段としての原稿執筆や映像作成、テレビやラジオ、インターネット放送への出演などが具体的な仕事になります。特定の分野に精通するための情報収集や分析なども日頃から行う必要があります。そうして得られた深い知識と経験の蓄積、そして培われてきた人脈がジャーナリストの仕事を支えているといえます。

ジャーナリストの気になる?年収・給料・収入

POINT
ジャーナリストは、新聞記者や放送記者ら会社に属して所定の給料を得ている人と、フリーランスで個別に報酬を得る人など、その収入は所属する会社や個人の能力、知名度などによってかなり変わってきます。厚生労働省による平成27年(2015年)の「賃金構造基本統計調査」によると、記者の場合は平均年齢38.8歳、平均勤続年数13.8年で、月収は53万4000円となっており、さらに賞与などを加えた年収は1834万5000円となっています。

ジャーナリストの就職先・活躍できる場所は?

POINT
報道を目的とする媒体である新聞社や出版社、放送局などが、ジャーナリストの働く主な場所となります。つまり、こうした報道機関に就職し、記者としてキャリアをスタートさせるのが一般的です。ただし、なかにはフリーライターやフリージャーナリストとして、こうした報道機関には就職せずに仕事をする人もいます。
  • 出版関連制作プロダクション
  • 出版社
  • 新聞社

ジャーナリストのズバリ!将来性は?

POINT
現代社会は、少子化や高齢化の問題、エネルギー問題、テロや紛争の問題など、さまざまな課題を抱え、ジャーナリズムの役割はますます重要になるといわれています。さらにインターネットの普及による情報の氾濫などによって、“真実”が見極めづらくなっていると指摘され、公平な視点と鋭い切り口で報道をするジャーナリストは、今後ますます活躍の場が広がっていくと予想されています。特に、一つの専門分野に特化したジャーナリスト(スペシャリスト)だけでなく、幅広い視点をもったタイプのジャーナリスト(ゼネラリスト)が求められているといいます。もちろん、ネット時代を見据えた取り組みも重要になっています。

ジャーナリストの先輩・内定者に聞いてみよう

ジャーナリストを目指す学生に聞いてみよう

ジャーナリストのやりがいを聞いてみよう

あらゆるジャーナリストのやりがいに共通しているのは「使命感」です。ほかの誰でもなく、自分に課せられているという使命感に応えることこそが、あらゆる取材の困難さや執筆の苦労を乗り越えさせてくれるという声が多く聞かれます。ジャーナリストは社会的な問題や身近に起きている不公平なことや不適切なことなどを、いかにして多くの人に伝えて認知してもらい、解決の道を探ることができるのかを考えて報道します。その問題や事柄と向き合ってきた自分がやらなければならないという使命感は、最大のモチベーションだといいます。

ジャーナリストの志望動機を教えて!

ジャーナリストを目指す人は、世の中の役に立ちたい、社会の不正を正したい、子どもたちにより良い未来を渡したい、平和な世界を実現したい、などの志望動機を語る人が多いようです。それぞれの思いはさまざまですが、今よりもより良い社会を造りたい、という思いは共通しているといいます。

大学・短大

専門学校

エリアから探す

北海道

東北

青森

岩手

宮城

秋田

山形

福島


東北すべて

甲信越

新潟

山梨

長野


甲信越すべて

北陸

富山

石川

福井


北陸すべて

近畿

中国・四国

鳥取

島根

岡山 広島

山口


徳島

香川

愛媛

高知


中国・四国すべて

九州・沖縄

福岡

佐賀

長崎

熊本


大分

宮崎

鹿児島

沖縄


九州・沖縄すべて

ジャーナリストを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

東京ビジュアルアーツ - ☆体験授業☆放送学科 - 2018/12/23 - 東京都千代田区四番町11
東京ビジュアルアーツ - ☆体験授業☆俳優・タレント学科 - 2018/12/23 - 東京都千代田区四番町11
ビジュアルアーツ専門学校・大阪 - ★映像音響学科 体験入学★ - 2018/12/22~2019/01/12 - 大阪府大阪市北区曽根崎新地2-5-23