• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東亜大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 人間科学部
  • 国際交流学科

私立大学/山口

トウアダイガク

国際交流学科

定員数:
40人

観光学や異文化理解について学び、グローバルな視野と行動力を持った国際人をめざす

学べる学問
  • 地理学

    産業や自然環境から地域の特質を解明する

    高校の教科としてもおなじみの地理学。気候や地形のほか、動植物の分布や水の循環過程などを対象とする「自然地理」と、文化や歴史、民族、経済などを対象とする「人文地理」、地域それぞれの地理的要素を深く掘り下げていく「地誌」の3分野があります。カバーする範囲が広く、幅広い興味にこたえる学問です。地理学の醍醐味はなんといってもフィールドワークです。現地に住み込んで、その土地の自然や人の生活を体験しなければ、その関係性は見えてこないからです。海外をフィールドにする場合、時間や言葉など制約はありますが、とにかく行ってみることに重きをおくところから地理学の学習が始まるのです。

  • 歴史学

    日本や世界各国の歴史と文化を研究する

    人間の文化、政治、経済などの歴史上のテーマを、それがどのように起こり、どんな意味をもつのか、資料や原典にあたり、実証的に研究、現代に生かしていく学問。

  • 日本文化学

    日本独自の文化について研究する

    文学、芸術、民族、思想、日本語など、日本文化の特色をとらえ、日本の風土、歴史、社会などとの関連性を研究。異文化との比較研究も行う。

  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 語学(日本語)

    日本語によるコミュニケーションについて研究する

    日本語の成り立ちや構造、活用法などを国際的な視点から研究する学問。言語の背景となる文化や思想、社会とのかかわり、外国人向けの日本語教育などが研究分野になる。

目指せる仕事
  • 日本語教師

    国内や海外で、日本語と日本文化を教える専門教師

    日本語教師は、外国人に日本語を教える専門教師です。日本はもちろん、世界各国で活躍しており、単に日本語を教えるだけではなく、日本の文化や歴史、一般教養や現代社会に関する知識を伝える役割も担っています。日本語教師として働くために必須となる資格はありません。しかし、人に言語を教えるためには専門的な知識と技術が必要になるため、主な就職先となる日本語学校などでは4年制大学で日本語教育関連の科目を履修していること、日本語教育能力検定試験に合格していること、日本語教師養成講座を受けていることのいずれかを採用条件にしていることが多いです。さまざまな国籍の生徒とかかわるため、それぞれの国の事情や宗教についての知識が求められるほか、言語感覚の鋭さ、柔軟性のあるコミュニケーション能力も大切です。

  • ツアーコンダクター

    楽しく安全な旅をナビゲートするサポート役

    ツアーコンダクターは添乗員とも呼ばれ、旅行会社のパッケージツアーなどに添乗して出発から解散までの間、旅程を見守る現場責任者です。スケジュールの管理、交通手段や宿泊先、食事などの予約確認や調整、海外であれば出入国手続きのサポートを行い、すべての参加者に楽しい思い出をもち帰ってもらえるように力を尽くします。ツアーコンダクターに必要な資格は旅行業法で定められており、国内ツアーに添乗する場合は国内旅程管理主任者、海外でも添乗業務を務めるには、総合旅程管理主任者の資格が必要です。

  • ツアープランナー

    様々なニーズに対応した旅行の企画を立てる

    パック旅行の企画はもちろん、個人の旅行コースの相談にのり、個性的な旅を演出するのが仕事。飛行機やホテルの予約手続きはもちろん、見たいお芝居や、行きたいレストランなど、こまかい要望を聞きながら、安心して旅行できるように段取りし、手配する。

  • 観光局スタッフ・地域コーディネーター

    各国の観光局で観光案内を行う

    観光局スタッフは、各国の窓口となり、政府に代わって観光案内を行う。情報収集や本国とのやり取りがあるため、その国の語学が堪能であることは必須。メディアに対してPRすることも重要な仕事だ。地域コーディネーターは、まちづくりのキーパーソンとして、地域の課題を探り出し、地元のヒトやモノを結びつける新たな事業を生み出していく仕事。たとえば、地元の若者と企業をつなぐインターンシップ事業や地域独自の観光資源を生かした新たなツアーの企画など、さまざまな取り組みが実践されている。

  • 旅行代理店販売・営業

    行く先の相談から出発の手続きまで、旅のお手伝いをする営業職

    旅行会社の窓口スタッフや営業担当として、個人や企業・学校などの顧客に対し、旅行プランの提案・販売を行う。単なる販売職ではなく、顧客の目的や要望、嗜好、予算などをしっかりと聞いて、ニーズに合ったプランを提案するコンサルタント的な役割も担う。そのほか、宿泊施設や乗物の予約、保険手続きなど、安全で快適な旅に向けた準備のお手伝いも大切な仕事。国内外の観光地に関する幅広い知識や旅行・交通に関する専門的な知識が求められる。

  • 海外現地ガイド

    海外に在住し、生活や文化に関する豊富な知識で、旅行客を観光案内する

    海外に在住して旅行客の空港への送迎や観光案内をする仕事。旅行契約内容に合わせてコースを組んだり、オプショナルツアーを紹介したりすることもある。旅行代理店との契約でツアー客を相手にするケースもあれば、個人旅行客にガイドとして雇われるケースもある。現地の歴史、文化、生活に関する詳しい知識、お客さんのさまざまな希望を受け止められる柔軟さが必要。

  • コンシェルジュ

    ホテルの何でも相談係

    ホテルには様々な目的を持った人達が大勢宿泊している。なかには日本に不慣れな人や日本語のわからない外国人もいる。そこでいろいろな要求に対し、さまざまなサービスをする専門家。例えば、宿泊客の要求に応じて、街の地理案内や観劇の切符の手配、病気の時なケアなどをする。別名ゲスト・リレーションズとも呼ばれている。

  • フロントクラーク

    ホテル接客サービスの最前線の仕事

    フロント業務は表面的には、チェックイン、チェックアウトの対応だが、それは仕事のごく一部に過ぎない。実際には、宿泊客の対応全般を行う、接客の最前線にある仕事。レストランの予約、飛行機の乗り継ぎ確認、交通機関の時刻、プレイスポットの情報など、お客から多彩な質問に丁寧に対応する。

初年度納入金:2020年度納入金 110万1300円  (入学金24万円含む)

学科の特長

学ぶ内容

国際化した現代社会で自己を実現するために必要な「4つの基礎力」を身につけます
政治・経済・文化・歴史・思想の授業を通して「国際社会を理解する力」を、環境問題や資源問題について自ら考える授業を通して「地球規模で人類の未来を考える力」を育成。さらに、多言語を駆使して発信する「心に届くコミュニケーション力」、実習やインターンシップを通して「知識と思考を活かす行動力」を身につけます。

カリキュラム

【コース1】 「国際ビジネスコース」
国際ビジネス感覚を身につけ、グローバルに活躍できるビジネスマンをめざします。現場を知り尽くした国際企業で活躍するスペシャリストを講師に迎え、実践的なビジネススキル、ソーシャルビジネスのノウハウを細やかに指導します。国際的な知識を深め、企業のグローバル化に貢献できる人材を育てます。
【コース2】 「観光文化コース」
文化や自然に触れる観光は、人々の心を豊かにするだけでなく、町おこしや文化交流などにとっても重要です。歴史、自然、言語を通して日本や諸外国の文化を学び、観光の文化的な意義と知識の理解を深めます。また、海外研修や留学などの現場でコミュニケーション能力を身につけ、国際人として活躍できる人材をめざします。

授業

1年次からアジアの文化を体験。台湾へ訪れる3泊4日の「国際観光実習」
事前にグループに分かれて現地で取り組むテーマをそれぞれ決定し、渡航後は入念な調査活動を行います。実習を通じて海外での柔軟な適応力やコミュニケーション力の大切さを学ぶことができます。これが初めての海外体験となる学生も、緊張の中でさまざまな学びを得て、国際人への一歩を踏み出します。

資格

観光・語学・文化に関連した資格取得が目標。旅行業や語学を活かした道へ
旅行業務取扱管理者<国>(国内・総合)や、全国通訳案内士<国>(通訳ガイド)などの資格取得が目標。3年次からは各種の語学検定試験対策の授業を行います。これらの資格を活かし、旅行業、ホテル・旅館、観光レジャー施設、地域振興や観光協会に携わる公務員、日本語教師、通訳業などの進路をめざします。

留学

安心かつ充実の留学を実現する「単位認定制度」と「留学前教育」
国際交流学科では海外留学が必修となっていますが、留学中に海外の大学などで修得した単位は本学科の卒業単位として認められるので、4年間で卒業でき、就職活動への影響もありません。また、海外での長期滞在への不安を取り除き、現地での学びをより充実したものにするため、留学前の教育にも力を入れています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 国内旅行業務取扱管理者<国> 、
    • 総合旅行業務取扱管理者<国> 、
    • 全国通訳案内士<国> 、
    • 中小企業診断士<国> 、
    • 実用英語技能検定(英検(R)) 、
    • 中国語検定試験 、
    • 中国語コミュニケーション能力検定【TECC】 、
    • TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 、
    • TOEFL iBT(R)テスト 、
    • 日本語教育能力検定試験 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) 、
    • 販売士 、
    • ファイナンシャル・プランナー【AFP・CFP(R)】 、
    • 簿記能力検定試験 、
    • 社会調査士 、
    • 介護職員初任者研修修了者

    韓国語能力試験
    日本語能力試験
    BJTビジネス日本語能力テスト
    国連英検

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)Kスカイ 、 (株)ANAケータリングサービス 、 (株)創生事業団 、 (株)共進ビルド


※ 2018年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒751-8503 山口県下関市一の宮学園町2-1
TEL 083-257-5151
E-mail nyushi@toua-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
山口県下関市一の宮学園町2-1 JR「新下関」駅南口を出て 徒歩 10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東亜大学(私立大学/山口)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る