• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 商学部
  • 商業学科

私立大学/東京・福島・埼玉・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

商業学科

募集人数:
600人 (2017年度 参考)

ビジネス・経済に関わる専門的な知識を生かし、激動する市場環境に対応できる的確な判断力と問題解決能力を育成

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    経済学をベースに、現実の経済の動きや、ビジネスの実践的な業務に必要な方法論や仕組みを、調査・分析などを通して学ぶ。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

目指せる仕事
  • 法務

    企業内の法律のスペシャリスト

    企業の法務部などで、法律の専門知識を活かして働く。たとえば商標などの知的所有権を守る、訴訟など法的トラブルが起こった場合の対処などを担当。また、海外との取り引きでは、国際法や、取り引き相手の国の法律の知識を生かして、必要な書類を作ったりする。

  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • マーケットリサーチャー

    製品開発に欠かせない調査員

    モノ余りの時代には、ヒット商品を生み出すために、どんな人たちがモノを欲しがっているか、商品についての需要予測や消費者の嗜好動向、購入層、過去の販売実績、販売方法など市場の動きを正確に把握する必要がある。マーケットリサーチャーはこれら調査の専門家として社会調査やその結果を集計・分析する。

  • 商学・経営学研究者

    大学・大学院、公的研究機関・民間研究所などで専門分野を研究し論文を書く

    商学または経営学に関する専門的な研究を、大学・大学院、公的研究機関・民間研究所などで続け学会などに論文を発表する。大学・大学院の場合は、教授・准教授または助教として、学生の指導も行う

  • 証券アナリスト

    投資価値調査や未来予測の専門家

    企業の財務状況や業績の見通し、あるいは広く、産業全般や経済、金融の動向を調査・分析し、個人や金融機関投資家の資産運用について、アドバイスをする。データを集め、膨大な数字から投資価値の評価やいま何に投資すればいいのかを予測するためには、一般企業の動向から為替や原油価格、金利の動向などさまざまな情報を分析しなければならない。

  • 金融ディーラー

    相場界の金融スペシャリスト

    顧客から預かった債券や株を売買して、差益を生み出す仕事。外貨を売買する外国為替ディーラー、外貨の賃借に携わるマネーディーラー、債券を売買する(ボンド)ディーラーなど、仕事内容によって呼び名も変わるのが特徴。刻々と変わる相場の動きを見ながら、瞬時の判断で何十億、何百億もの金額を動かす。

  • ファンドマネジャー

    金融商品を企画。顧客から集めた資金を運用して顧客に収益を還元する投資のプロ

    証券会社や投資会社で、いろいろな投資信託商品(一般にファンドと呼ばれる金融商品)を企画する。これを買った投資家たちの資金を、その狙い通りの利益を生み出すよう、国債などの債券や企業株式を売買して運用する。

  • 貿易事務

    輸出入に必要な事務が仕事

    総合商社、専門商社、貿易代行会社、メーカーの海外事業部門などを舞台に、輸出入の必要な事務をとる。輸入の場合は、海外への注文手続きから、商品が日本に着いた際の通関手続き、輸入元に対する代金の支払いまで。輸出の場合は、注文のとりまとめ、輸送手続きなどを行う。

  • ツアープランナー

    様々なニーズに対応した旅行の企画を立てる

    パック旅行の企画はもちろん、個人の旅行コースの相談にのり、個性的な旅を演出するのが仕事。飛行機やホテルの予約手続きはもちろん、見たいお芝居や、行きたいレストランなど、こまかい要望を聞きながら、安心して旅行できるように段取りし、手配する。

初年度納入金:2018年度納入金 116万円  (諸会費等除く)

学科の特長

学ぶ内容

1年次に専門基礎力を養い、2年次にそれぞれのコースに進み、専門分野を体系的に学ぶ
1年次は、商学部の学生として、最低限、修得しておかなければならない商学、経済学、経営学、会計学などの専門基礎知識を身につける。そして、2年次には自分の興味・適性などを考慮し、7つのコースの中から自分の将来の志望に合ったコースを選択することが可能だ

カリキュラム

変化には常に敏感。柔らかな感覚のあなたには、実学的に学べるマーケティング・コースがお勧め
ここでは市場の創造や活性化をはかる学際的な学問であるマーケティングを、市場、生活・消費、社会に関する思想、理論、技法、実践を通して学び、基本原理の理解から学生独自の思索へとつなげていく。サービス・マーケティングやエリア・マーケティングなど、従来にない新領域の科目も設置されている
モノよりヒトに接したい!ヒトに前向きなあなたには、トレード&エコノミー・コースがお勧め
商品取引の仕組みと経済の理論を学修し、ビジネスや産業が経済の中でどのように機能しているかを考察。流通、貿易、サービス関連などの分野で、国際的に活躍できる人材を養成する。サービスや貿易の体系的な知識と技能を習得する科目や現代経済の基本をマスターする科目が設けられている
お金の動きってオモシロイ! 好奇心旺盛なあなたにはファイナンス・コースがお勧め
資金そのものの取引を学ぶコース。「お金」の調達・運用・管理を中心に、金融に関する理論と仕組みを学修。さらに、民法・商法をはじめとするビジネス法務関連の知識も身につける。金融、証券、保険、国際金融、企業会計など広範な分野を学べる科目や企業取引や企業組織におけるビジネス法務の知識や考え方を学ぶ科目を設置

ゼミ

ゼミは2年次から。10数名の仲間と調査、報告、討論を重ね、合宿や各種大会参加で自分を磨く
2年次から始まるゼミナールは、少人数の対話型授業のこと。研究テーマが設定され、調査・発表を行い、討論を通じて理解を深める。地域限定商品などマーケティングと“地域”を考察する「エリアマーケティング」、物流問題に関して実地見学や実務家へのヒアリングを行う「物流、ロジスティクス、SCM」など実践的テーマが並ぶ

卒業後

1年次からのキャリア教育が4年間を充実させる
1年次にキャリアデザインや自己分析を実施し、将来や職業について考え、早期に目標を設定。2年次以降は「履歴書・エントリーシート講座」「業界研究会」「模擬グループディスカッション・個別模擬面接」などさまざまなキャリア教育、就職対策で、学生一人ひとりの夢の実現に向けたバックアップを行う

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 税理士<国>

目標とする資格

    • 公認会計士<国> 、
    • 国内旅行業務取扱管理者<国> 、
    • 総合旅行業務取扱管理者<国> 、
    • 二種外務員 (証券外務員) 、
    • ファイナンシャル・プランナー【AFP・CFP(R)】 、
    • 販売士

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    大和ハウス工業 、 敷島製パン 、 エステー 、 イシダ 、 全日本空輸 、 中部国際空港 、 東日本旅客鉄道 、 みずほフィナンシャルグループ 、 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 、 アサツーディ・ケイ ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒157-8570 東京都世田谷区砧5-2-1
TEL 03-3749-6735(入試係)

所在地 アクセス 地図・路線案内
商学部キャンパス : 東京都世田谷区砧5-2-1 小田急線「祖師ケ谷大蔵」駅から徒歩 12分
小田急線「成城学園前」駅から東急バスまたは小田急バスで10分 「日大商学部前」下車

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

日本大学(私立大学/東京・福島・埼玉・千葉・神奈川・静岡)