• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 北海道
  • 北海学園大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部

私立大学/北海道

ホッカイガクエンダイガク

工学部

定員数:
260人

多様化する社会ニーズに確かな技術で応える技術者を育成

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • インテリアデザイナー

    安全で快適な住空間を設計する

    住宅やオフィス、船舶、航空機などの室内デザインから家具や照明器具などのデザインまで、幅広い分野にわたって携わるデザイナー。建築設計者や施行業者、依頼人と打ち合わせを重ね、デザインを進めていく。専門化が進み、室内空間専門、建築設計に強い人、家具や照明などの専門など、あらゆる分野で活躍している。

  • カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)

    顧客である企業を訪問し、コンピュータシステムの導入・保守・修理を担当

    コンピュータシステムやネットワークシステムの導入や保守・点検、修理などを担当するエンジニア。顧客である企業などを訪問し、現場で仕事をする。新たにシステムを導入する際には、機器のセッティングやソフトウェアの設定、操作の指導などを行い、導入後も定期点検を行う。また、システムにトラブルが発生した場合は、現場に急行して原因を究明し、復旧する。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識やコミュニケーション能力が求められる仕事だ。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 電気工事士

    電気配線工事を一手に引き受ける

    電気工事士には第1種と第2種があり、それぞれ工事範囲が決められている。第2種は、一般家屋の屋内配線や電気照明の設備取りつけが主な仕事。第1種は、大規模な工事や工場やデパートなどの構内配線、変電室の配電など変電電力の大きい設備の工事を手がけることができる。第1種、2種ともに学歴、年齢、経験などの受験制限はない。

  • 電気技術者・研究者

    家電製品から電力会社まで電気を扱う分野は幅広い。それらの電気を扱う場所での技術管理や研究開発を行う。

    あらゆる分野で「電気」は必要不可欠なものになっている。それに伴い、電気を扱う技術者はすべての企業や業界で活躍している。大きく分けると家電製品や通信・エレクトロニクスで使用する「弱電」を扱う電機機器や通信機器の開発・製造管理をする「弱電技術者」と、電力会社や送電所、変電所、大規模な工場などで使用する「強電」の電気設備を開発・管理する「強電技術者」の2種類になる。電気技術者は企業や工場などの現場ですぐ役立つ開発や管理を行うのに対し、研究者はより長期的な視野に立った電気技術の研究を行っているといえる。

  • 建築士

    建築物の設計・デザインから施工監理まで

    一般住宅や店舗やオフィスなどの建築物の企画、設計、見積もり、施工管理などに携わる仕事。建築予定地の調査をし、顧客の要望に沿う建築の設計と積算を行う。また、建築工事の管理、建築許可や道路の使用許可などの法規に基づく官庁への手続きや届け出もする。

  • 土木・建築工学技術者・研究者

    建造物の基本となる土木工事や建築工事などの安全性や効率などを考えた新しい施工技術の開発、研究を行う。

    さまざまな建造物の土台となるのが土木工事。また、道路建設のような建造物のない工事は、土木の仕事。それらの土木工事の計画から設計、施工、管理などのリーダーとして全体を把握し、現場がスムーズに動くように采配をふるうのが、土木工学技術者。一方、建築物の強度や耐震性など、安全面を重視した工法や建築工学に基づいた施工技術を考え、建築現場の管理をするのが建築工学技術者。これらの技術や工法などの研究を、大学や関連研究施設で行うのが土木・建築工学研究者だ。

bug fix
初年度納入金:2020年度納入金 155万2000円 
bug fix

募集学科・コース

社会基盤整備の設計・建設・維持管理、人にやさしい安全・安心な街づくりを学ぶ

環境情報コース

社会環境コース

環境と共生し、安全性・快適性・センスあふれる建築、持続可能な都市づくりを可能にする空間の創造を学ぶ

電子工学(ハードウェア)と情報処理技術(ソフトウェア)の両方を基礎から応用まで幅広く学ぶ

地域・社会・地球を支える「生命科学」と「人間情報」の知識・スキルを幅広く学ぶ

キャンパスライフShot

北海学園大学 最新の研究教育設備を備えた生命工学科で学ぶ!
最新の研究教育設備を備えた生命工学科で学ぶ!
北海学園大学 山鼻キャンパス内での測量実習の様子
山鼻キャンパス内での測量実習の様子
北海学園大学 電子情報工学科ではハードウェアとソフトウェアの両面を幅広く学びます
電子情報工学科ではハードウェアとソフトウェアの両面を幅広く学びます

学部の特長

カリキュラム

社会環境コースの柱は「維持管理」「防災」「設計・デザイン」
・社会環境工学科 社会環境コースは、「維持管理」「防災」「設計・デザイン」を柱に、社会基盤整備に関する知識を修得します。時の流れとともに老朽化する社会基盤施設の維持管理や環境破壊による生態系への問題、また、国民の合意形成を得て行われる防災対策は、社会環境コースの重要な課題です。本コースでは、これからの技術者に求められる幅広い地球的視野と工学知識を総合する能力を養います。
環境情報コースの柱は「環境」「情報」「都市学」
・社会環境工学科 環境情報コースのカリキュラムは、従来から社会環境工学科で行っている工学の基礎的な教育に加え、広い視野を身につけるため「環境」や「情報」「都市学」を柱に展開します。「環境」に関する科目では、環境保全のための知識に加え、限られた資源を有効利用し、持続可能な社会に転換していくための考え方や手法を幅広く学びます。環境計測学や都市環境工学などで学んだ知識は、実習・実験を通じてより深く修得することができます。
「環境革命時代」の魅力的で持続可能な建築・都市の創造
建築学科では専門科目を「空間デザイン系」、「環境デザイン系」、「システムデザイン系」の3系列に分けています。各自の関心に応じ、一つの系を重点的に履修することも幾つかの系にわたって総合的に履修することもできます。
また、学ぶ意欲を引き出すような科目(芸術論、デザインセミナー、造形演習、工芸デザイン、北方建築など)や外国語科目(英語、ドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語、韓国・朝鮮語)、さらに「技術者倫理」など時代の要請に応じた科目も用意し、学生の関心に応えるカリキュラムの構成に心がけています。
現代社会を支える電子情報工学
電子工学や情報工学が生み出し、支えているものは、パソコンや携帯電話、インターネット、さらには鉄道や航空機の安全運行、機械の設計製造、病気の診断・治療など広範囲に及んでいます。これらのシステムを実現するにはコンピュータの心臓部である集積回路(ハードウェア)と、それを動かすプログラム(ソフトウェア)が必要です。
さらに、近年、ロボットや人工知能への社会的関心が高まりつつあります。その背景には、高齢者や障がい者を高度に支援する技術、ヒューマンフレンドリなロボット開発等への強い社会的な要求があります。このような要求に応えるためには、外界の情報を取得するセンシング技術や、取得した膨大なデータ(ビッグデータ)を解析する技術が重要です。
電子情報工学科では、このような社会のニーズに対応し、ハードウェアとソフトウェアの両面を、基礎から応用にいたるまで幅広く学ぶことができます。そして、システムや装置全体を見通すことのできる目と、これからの技術の変化にも柔軟に対応し、新しい技術を生み出す知識や能力を身につけた人材を育成します。
“生命科学”と“人間情報”の知識・スキルを幅広く習得
生命工学科では、このような社会のニーズの変化に対応し、環境調和型のコミュニケーション社会に必要とされる知識とスキルを幅広く学ぶことができます。各自の興味と適正に応じて、分子生物学、生化学、細胞生物学、遺伝子工学、生命工学倫理、バイオテクノロジーセミナー、情報処理論、コンピュータアーキテクチャ、データベースとネットワーク、ソフトウェア通論、情報セキュリティ、情報マネジメント、情報数理学、感覚情報処理、言語処理概論などの科目を、「生命科学系」と「人間情報工学系」の2つの系から、自由に選択履修できるよう配慮されています。人間と生命環境にやさしい工学技術とは何かを見すえ、これからの社会に必要な知識とスキルをバランスよく習得した技術者の養成を目標にします。

授業

国際的に通用するJABEE認定教育プログラム
社会環境工学科は、「土木および土木関連分野」においてJABEE(日本技術者教育認定機構)から認定を受けたプログラムです。JABEEとは、工学教育の品質が国際的に通用する技術者教育を目指した満足すべきレベルにあることを認定する機構です。本学では、海外でも活躍できる技術者の育成を目指しています。

就職率・卒業後の進路 

■主な就職先
【社会環境工学科】
岩田地崎建設、旭川市役所、戸田建設、札幌市役所(土木)、大林道路、北海道職員(総合土木)、宮坂建設工業、北海道開発局、ドーコン、北海道教員 ほか
【建築学科】
北海道教員、大林組、竹中工務店、札幌市役所(建築)、大成建設、北海道職員(建築)、岩田地崎建設、鹿島建設、一条工務店、大和ハウス工業 ほか
【電子情報工学科】
北海道教員、日本コンピュータ開発、北海電気工事、札幌市役所(電気)、国家公務員一般職(総務省)、北海道電力、ジャパンテクニカルソフトウェア、NTT東日本-北海道、エヌ・ティ・ティ・システム開発、北海道開発局 ほか
【生命工学科】
北海道糖業、もりもと、アクセンチュア、エイジェック、国税専門官、北一食品、北洋銀行、北海道職員(一般行政)、北ひびき農業協同組合、フロンティア研究所 ほか
(2018年3月卒業生実績)

問い合わせ先・所在地

〒062-8605 北海道札幌市豊平区旭町4丁目1番40号 入試部入試課
TEL 011-841-1161 (代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
札幌山鼻キャンパス : 北海道札幌市中央区南26条西11-1-1 「札幌」駅からじょうてつバスで19分 「北海学園大工学部前」下車 徒歩 1分
「西11丁目」駅からじょうてつバスで10分 「北海学園大工学部前」下車 徒歩 1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

北海学園大学(私立大学/北海道)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路