• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • ホスピタリティ ツーリズム専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 昼間部 エアライン科
  • エアポートオペレーションコース

ホスピタリティ ツーリズム専門学校 昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコース

お客様の安全と世界の物流へ!空港実習、実務知識と資格取得で就職率100%※2020年度(2021年3月卒業生)

学べる学問
  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

目指せる仕事
  • 通関士

    物品の輸出入に必要な手続きを行う専門家

    輸出入される物品が税関(国境を越える物品に関する事務や取り締まりを行う国の機関)を通過(通関)するのに必要な申告書の作成や、税関手続きの代行などを専門的に行うのが通関士です。通関の手続きは複雑で、しかも多くの規制があるため、この業務に携わる人は通関法や関税法、貿易に必要な法令や手続きなどの知識が不可欠です。このため通関士になるには、国家試験の通関士試験に合格し、通関業務を行っている会社に就職する必要があります。

  • 空港業務スタッフ(グランドハンドリング)

    空港内で航空機の到着・出発に伴う、航空機誘導・貨物搭載・給油などの作業を行う

    ボーディングブリッジの接続、航空貨物や旅客手荷物・機内食の運搬、給油、機体の牽引・誘導など、航空機の到着出発に伴うさまざまな空港内業務を総称してこう呼ぶ。マーシャラーもこの中の一職種。それぞれの業務に応じて「大型特殊自動車免許」「危険物取扱者」などさまざまな資格が必要になる。

  • 航空整備士

    航空機の安全運航を支える、整備のスペシャリスト

    航空整備士は、飛行機やヘリコプターの安全運航を支える整備・点検・修理のスペシャリストです。空を飛ぶ航空機のトラブルは命にかかわる危険に直結するため、その責任は重大です。航空整備士として整備を行い、法令に基づいた安全基準を確認するためには、国家試験や独自の社内試験などにパスしなければなりません。就職先には、航空会社の整備部門や整備会社のほか、航空機を使用する企業、警察や消防などの官公庁、報道機関などがあります。

  • マーシャラー

    空港で旅客機を正確な位置に誘導

    マーシャリングとは、誘導の意味。広い空港で、巨大な旅客機を定位置まで導くのが仕事。手信号で到着便のパイロットに合図を送りながら、飛行機をボーディングブリッジの降機口にくっつけるように誘導する。トーイングトラクターで飛行機を牽引する作業も。

  • 自動車整備士

    自動車を点検・整備・修理して、安全確保に努める

    自動車整備士は、自動車に関する専門知識をもち、乗用車やバス、トラックなどさまざまな車を点検・整備・修理する技術と資格を有するエンジニアです。車社会である現代では、自動車を安全で快適に使用するために必要不可欠な仕事で、交通事故などを減らす社会的な役割も担う重要な人材となっています。最近ではハイブリッド車や電気自動車など自動車の進化とともに必要とされる知識や技術がより高度になっていることもあり、ニーズが高く、将来性もあって、やりがいのある仕事として注目されています。自動車整備士は国家資格であり、一定の受験資格を満たしたうえで、技能検定試験にパスする必要があります。

初年度納入金:2023年度納入金 159万8000円 
年限:2年制

ホスピタリティ ツーリズム専門学校 昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコースの学科の特長

昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコースのカリキュラム

空港や関連施設の見学など課外授業を多数導入
将来の職場となる空港や、現場の業務を間近に見るチャンスを多数用意。企業の方や卒業生から仕事内容についてお話を伺い普段見ることのできないバックヤードの見学や、空港内で行うサテライト授業など現場の緊張した雰囲気の中で職業観を育成します

昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコースの授業

ハンドリングなどの実務を学ぶ
空港業務、航空貨物・物流、貿易・輸出入など幅広い知識を得て、空港における業務の全体像を把握。業界経験の豊富な現役の航空会社社員から仕事に役立つ技能やノウハウなどを学び、就職に直結した知識を深めます

昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコースの実習

羽田、成田で行う空港実習
成田空港、羽田空港で企業の協力、指導のもとグランドハンドリング業務を経験する空港実習。グランドハンドリング業務の補助作業や機内清掃など、現役社員と共にチームを組んで業務を担当します。グランドハンドリングの仕事で何よりも大事なチームワークを、空港実習を通して体得します
空港の繁忙期に実習
1年次空港実習授業後、約1カ月間行われる企業実習。業務の慌しい繁忙期こそ仕事のやりがいを実感できます。教室で学んだことを現場で実践し、そこで得た経験を今後の就職活動に活かします

昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコースの資格

就職で役立つ資格を取得
航空貨物に関する危険物の取扱や貿易・通関など、企業のニーズに合った資格取得を目標に学習。国際航空貨物取扱士の過去問題の演習を中心に、在学中の検定試験合格を目指します

ホスピタリティ ツーリズム専門学校 昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコースの学べる学問

ホスピタリティ ツーリズム専門学校 昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコースの目指せる仕事

ホスピタリティ ツーリズム専門学校 昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコースの資格 

昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコースの目標とする資格

    • TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST

    救命技能認定
    国際航空貨物取扱士 
    みんなの外国語検定 ほか

ホスピタリティ ツーリズム専門学校 昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコースの就職率・卒業後の進路 

昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコースの就職率/内定率 96.5 %

( 就職希望者230名中 222名が内定 )

昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコースの主な就職先/内定先

    (株)INTEX、ANAエアポートサービス(株)、ANA成田エアポートサービス(株)、AKSグランドハンドリング(株)、(株)JALグランドサービス、マイナミ空港サービス(株) ほか

※ 2021年3月卒業生実績 (学校全体)

ホスピタリティ ツーリズム専門学校 昼間部 エアライン科 エアポートオペレーションコースの問い合わせ先・所在地・アクセス

〒164-8550 東京都中野区東中野3-18-11
フリーダイヤル 0120-115-784

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都中野区東中野3-18-11 「落合(東京都)」駅から徒歩 5分
「東中野」駅から徒歩 7分
「中井」駅から徒歩 20分

地図

 

路線案内


RECRUIT