• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 栃木
  • 文星芸術大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 美術学部

文星芸術大学 美術学部

定員数:
95人

芸術大学ならではの総合的教養を備えた地域社会で活躍できる人材に

学べる学問
  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • ブックデザイナー(装丁家)

    作品にあわせて本の表紙をデザイン

    本のデザインをするのが仕事。装丁家とも言う。作家によっては装丁家を指名する場合もある。需要は増えているが、デザイナーや画家が兼ねるケースも多く、ブックデザインだけで生活できる人はまだ少ない。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 漫画家

    自分の作風やタッチで、人気作品を創り出す

    現在発行されているまんが誌(週刊誌・隔週刊誌・月刊誌)にまんがを描く仕事。最初から単行本に書き下ろすこともあるが、4コマまんがやストーリーものなどで、連載をもつことで収入を得る。自分の作風やタッチを確立して、作品を出版社の編集者等に認めてもらうことが必要。ヒット作品が出れば、時代のブームを巻きおこすことも。

  • 画家

    絵画を通じて人々を魅了する

    洋画、日本画、風景画、抽象画など、絵画の種類や技法はいろいろです。絵を売った収入だけで生活できる画家はほんの一握りなので、ふつうは美術教師やデザイナー、イラストレーターなどの仕事をしつつ、その合間に創作活動をする人がほとんどです。自分の才能を信じて創作活動を続け、コンクールに出展をして受賞経験を積む、個展を開いて画商に認めてもらう、また最近ではSNSやブログなどで人々の目にとまることなどが成功への道のひとつです。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • 修復家

    美術品をいかに元の状態に復元させるか

    絵画や彫刻など、年代が古くなったり、何かのアクシデントによって破損したり一部消失した場合に修復する作業を担当するプロ。素材や色などを、いかに元の状態に近づけるか、残っている部分と違和感なく仕上げるのかが腕の見せどころだ。

  • 陶芸家

    土選びから焼成まで

    工場での大量生産品ではなく、土選びから焼成まで、作品の一つずつに責任を持ち仕上げていく。焼き物の種類や手法はさまざまで、各地の窯元で修業する人もいればプロに弟子入りする人も。創作力と得意分野を持つことが大切。

  • 彫金家

    金属から物を創り出す専門家

    金属を使って、アクセサリーや小物などを作る専門家。その金属の特長を生かし、また、色合いなども考えながら、デザインし、自ら制作する場合が多い。自分で販売まで手がける場合もある。

bug fix
bug fix

文星芸術大学 美術学部の募集学科・コース

豊かな造形性を追究し明確なメッセージを発信できる、新時代の表現者を育成

総合造形専攻

デザイン専攻

マンガ専攻

文星芸術大学 美術学部のキャンパスライフShot

文星芸術大学 1・2年次は基礎力を学びます。地域文化創生分野は実技なしのカリキュラム構成も可能
1・2年次は基礎力を学びます。地域文化創生分野は実技なしのカリキュラム構成も可能
文星芸術大学 プロジェクト型の授業では、実践的に地域の文化に触れるアクティブな学びが行われています
プロジェクト型の授業では、実践的に地域の文化に触れるアクティブな学びが行われています
文星芸術大学 足利市で古建築を和紙を利用しリノベーションをする活動を行い、第15回「学生&企業研究発表会」にて金賞を受賞
足利市で古建築を和紙を利用しリノベーションをする活動を行い、第15回「学生&企業研究発表会」にて金賞を受賞

文星芸術大学 美術学部の学部の特長

美術学部の学ぶ内容

文星芸術大学×栃木 地域との連携
全専攻の学生のべ180名で古民家をリノベーションした「和紙でくるむ家ー古建築アートプロジェクト」(足利市)をはじめ、足利市重要文化財「葉鹿仲町の屋台」付属の襖絵修理、日光二荒山神社の天井絵制作(日光市)、成人式パンフレット制作(宇都宮市)、「しもつけ燈桜会」のための竹灯りモニュメント制作(下野市)など、各専攻の学びをいかした地域連携プロジェクトを行っています。
総合造形専攻【地域文化創生分野】
地域文化創生分野では、芸術を通して本物を見分けるセンスを養うほか、栃木県の豊かな自然や歴史的景観等を学び、地域への誇りや愛着を深めることによって地域社会の絆が強まり、「まちづくり」を進める機運の醸成を図ることを目的とします。また、地域文化を学び、現代社会で求められる知識・技術・思考力等を学ぶとともに、世界的な視野で日本独自の文化を学び、視野の広い、多角的なものの見方やコミュニケーション能力を身につける教育・研究を行っていきます。

美術学部の授業

総合造形専攻の4年間
1・2年次はデッサン・平面・立体作品の制作を通して、モノを見る力や構成力・表現力など基礎力を身につけます。同時に地域と連携するプロジェクト型の授業で、芸術における社会貢献という実践の場を経験できます。3年次で日本画・洋画・立体分野・地域文化創生の分野に分かれ、専門性を深め自分にふさわしい表現を追求。各分野独自の素材・技法・表現法を学んでいきます。4年次は集大成としての卒業制作/論文に取り組み、4年間の成果を発表します。理論系の地域文化創生分野では、1年次から実技科目を履修しないカリキュラム構成も用意しており、芸術文化と社会をつなぐ人材を育成します。

美術学部の学部のプロフィール

美術学部美術学科の3専攻
美術学科には、総合造形、デザイン、マンガの3専攻があります。各専攻の中に専門分野があり、3専攻10分野で成り立っています。1年次前期は共通基礎科目がメインとなり、週4日は専攻の垣根を越えて授業を行います。1年次後期は選択授業と専攻別授業、2年次からはすべて専攻別の授業になります。2年次進級の際に転専攻制度があり、適性を自身と教員で見定めて専攻を変更することも可能。

美術学部の学生支援・制度

キャリア・学生支援センター
働くことへの意欲を高め、社会人基礎力を身につけ、就職に向けてのマナーやスキルを学習するために、3年次を対象にキャリア講座を開催。講義と自己分析、面接指導などを重ねて積極的に社会とかかわっていく自信と心構えを身につけます。公務員志望の学生に向けた公務員試験対策の授業も行っています。

文星芸術大学 美術学部のオープンキャンパスに行こう

美術学部のOCストーリーズ

文星芸術大学 美術学部の学べる学問

文星芸術大学 美術学部の就職率・卒業後の進路 

■2021年3月卒業生主な就職先
株式会社FMC、有限会社クリエイティブハウスポケット、カテル有限会社、株式会社フーモア、株式会社玄海、株式会社フライングガーデン、有限会社よつば、株式会社いわい生花、株式会社カワチ薬品、株式会社クスリのアオキ、グラントマト株式会社、有限会社アップビート、株式会社とりせん、株式会社トクシン電気、栃木県立栃木翔南高等学校、那須塩原市立黒磯中学校 ほか

文星芸術大学 美術学部の問い合わせ先・所在地

〒320-0058 栃木県宇都宮市上戸祭4-8-15
028-625-6888
kouhou@art.bunsei.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
栃木県宇都宮市上戸祭4-8-15 JR「宇都宮」駅から西口8番乗場発バス 文星大学前下車 約25分
JR「宇都宮」駅からJR宇都宮駅西口発 送迎バス 約25分
「東武宇都宮」駅前経由白木屋画材店前発 送迎バス 約15分
「東武宇都宮」駅前経由大通沿バス 約20分

地図

 

路線案内


文星芸術大学(私立大学/栃木)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT