• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 純真学園大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 保健医療学部

私立大学/福岡

ジュンシンガクエンダイガク

保健医療学部募集人数:295人(定員増予定)

1年次から4年次まで、他職種の理解と医療現場における協働の重要さを学ぶ「インタープロフェッショナル教育」を実施!

年    限
4年制
初年度納入金
2017年度納入金 153万6000円~163万6000円  (入学金、授業料、施設設備維持費、実験実習費等含む。教科書代、学外実習費等別途必要)

募集学科・コース

人の「いのち」を支える、感性豊かな『看護師・保健師』を育成します

最先端の医療機器を駆使する『診療放射線技師』を育成します

高度な技術と知識で活躍できる『臨床検査技師』を育成します

医学と工学のスペシャリスト『臨床工学技士』を育成します

キャンパスライフShot

Photo
1年次は「医療人としての基礎固め」を徹底的に行います。学科毎の知識や技術に加え、社会人としてのマナーを身につけます
Photo
1年次から4年次まで、それぞれの職種についての理解を深める「インタープロフェッショナル教育」を実施しています
Photo
年間を通したイベントや、各サークル活動なども盛んです!キャンパスライフも楽しめる環境です

学部の特長

カリキュラム
チーム医療で活躍できる「インタープロフェッショナル教育」を実施しています
本学は、母体である純真学園創設者の掲げた学園訓「気品」「知性」「奉仕」の精神と最先端の知識・技術を兼ね備えた看護師・保健師、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士を養成します。さらに、患者を中心とした医療専門職相互の協働(チーム医療)へのニーズに応えられる、優れた人材を育成することにも力を入れています。4学科合同・横断型カリキュラム「インタープロフェッショナル教育」を導入し、自己の専門分野に併せて、他職種の専門性、医療職種間の協働と連携について学習することで、将来のチーム医療実践に必要な力を身につけます。さらに、様々な職種について学ぶことが各自の専門性を深めることにもつながります。最終的に4年次の課題学習では、4学科混成の各グループに現在医療現場で課題とされているテーマを与え、各専門職からの見方や考え方を討議します。教育施設としては高度な医療機器を、学生一人ひとりがじっくり触れることができる環境を備え、人工心肺装置や人工透析装置、人工呼吸器、心臓ペースメーカーなどの生命維持管理装置をはじめ、X線デジタル撮影装置、コンピュータ断層撮影装置(CT)、磁気共鳴画像診断装置(MRI)、マンモグラフィー装置、自動血球計数装置など、最新の医療機器を取り揃え、また最新のシミュレーターをはじめとした実験器具や設備も充実しています。各分野の専門家が講師として詳しく講義を行うため、医療設備についての理解も十分に深められることが期待されます。
実習
充実の施設・機器を利用した、専門科目における豊富な実習・演習プログラム
●看護学科/1年次から3年次前期までは、日常生活の援助や診療の補助に関する演習、専門領域の技術に関する演習を学内で行います。また、2年次では学内で学んだ知識や技術をもとに、患者さんとコミュニケーションをとりながら必要な援助を行う病院実習を実施。3年次後期からは、講義や演習で得た知識や技術をもとに、病院をはじめ様々な施設での専門領域ごとの臨地実習を行います。この実習では、対象の発達段階や疾病の段階、療養の場に適した看護について学びます。
●放射線技術科学科/一般撮影装置やMRI、CT、そしてマンモグラフィー装置などの医療機器を用いた授業を行うことによって、原理や操作方法などの様々な知識や技術を学びます。3年次から4年次には臨床実習を行い、学内で学んだ技術の実践的な修得はもとより、患者現場で重要な接遇、コミュニケーション能力の修得を目指します。現場で活躍できる放射線技師の教育も実施しています。
●検査科学科/1年次後期から、学内において臨床検査の基本的な手技を学びます。引き続き、2年次・3年次では医療の現場をより身近に感じられるカリキュラムで、専門的な技術を修得する実習を学内で行います。学内実習では、高度化する医療機器に対応できる知識と技術を修得するため、最新の検査機器を使用します。4年次には、実習提携病院での臨地実習を行います。実習先は大学病院、総合病院、地域基幹病院など様々です。臨地実習では、学内で学んだ臨床検査業務のより実践的な修得と、チーム医療の中での臨床検査技師の役割を体験的に学ぶことになります。
●医療工学科/学内で行う演習・実習(1年次~2年次)では医療機器の操作、保守管理を行ううえで欠かせない基礎的な工学知識を学びます。2年次から3年次の専門科目群では、臨床経験豊富な教員が実際に医療現場で用いられている医療機器を使って技能・技術を実践的に指導します。4年次の臨床実習では、それまで学んだ知識・技術をもとに医療現場で実際に臨床工学技士の業務を体験することで、その役割や使命を再確認します。
資格
国家資格の取得はもちろん、その資格を活かす生き方を身につけます
看護師<国>、保健師<国>(選択制)、診療放射線技師<国>、臨床検査技師<国>、臨床工学技士<国>の各国家資格の取得を目指します。さらに、取得した資格を職業に活かす生き方を身につけた人材を育成します。
施設・設備
実践力を高める充実の実習環境が揃っています
●看護学科/最新式のフィジカルアセスメントモデル、保育器、及び救急医療の対応機材などの充実した実習機材を備え、学内でも十分な実技演習が行える環境を整えています。
●放射線技術科学科/MRI、CT、マンモグラフィー装置などの最先端の放射線医療機器を学内に整備しています。これらの機器を用いた授業を行うことによって、原理や操作方法などの様々な知識を学習することができます。
●検査科学科/各分野に新しい実習実験機器を用意しています。特に形態検査学系では、磁気共鳴画像診断装置(MRI)を学内で実習することができます。
●医療工学科/人工心肺装置・人工呼吸器などの生命維持管理装置だけでなく、電気メス、シリンジポンプ、輸液ポンプ、パルスオキシメーターなど医療施設で使用される機器を多数揃えており、実験・実習で使用します。
教育目標
「気品」「知性」「奉仕」の精神を備えた医療のスペシャリストを育成
本学は昭和31年、産婦人科医であった福田昌子により「学校法人 純真女子学園」を設立。豊富な医療経験と知識を活かして、昭和40年に私学初となる衛生看護科を純真女子高等学校に設置しました。その後、学園開設より50余年、本学は地域社会の求める実践的職業人を多数輩出してきました。長年にわたる医療人育成における伝統を継承し、高度化する現代医療に対応できる能力と、建学の精神「気品」「知性」「奉仕」を兼ね備えた人材の育成を目指します。
学生支援・制度
学生一人ひとりが望む進路を実現するための万全の就職サポート体制!
●スモールグループ(SG)制/一人の教員が5~6名程度の学生を担当するスモールグループ制を実施しています。学習面や生活面を、トータルできめ細かくサポートしています。進路に関しても学生それぞれの希望や適性を把握し、親身にアドバイスを行います。
●現場をよく知る教員の就職対策専門チームが、1年次から4年次まで計画的に進路ガイダンス、進路対策セミナーを実施。また、現場とのパイプを活かした求人の開拓を行います。

入試・出願

問い合わせ先・所在地

純真学園大学
〒815-8510 福岡県福岡市南区筑紫丘1-1-1
TEL 0120-186-451(フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
福岡県福岡市南区筑紫丘1-1-1 「大橋(福岡県)」駅から徒歩 約8分

地図

 

路線案内


純真学園大学(私立大学/福岡)