• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • 建築士
  • 1日のスケジュール
建築士の1日のスケジュール

建築士の1日のスケジュール

依頼主との打合せやプレゼン、各業者との打合せ、役所への手続き、現場監理など、多くの人と関わりながら仕事を進めている建築士は、どのような日々を送っているのでしょうか。
ここでは、建築設計事務所で働く建築士の“設計期間中の1日”を追ってみました。

多くの人とやりとりがある


・9:30/出勤
自宅から自転車で事務所に出勤します。夜遅くまで仕事をする時期もあるため、終電の時間を気にしなくていいよう自転車で通勤している人も多いそうです。
出社したら、まずはメールのチェックを行い、必要に応じて返信をします。依頼主からの設計に関する質問やメーカー担当者からの連絡など、建築にはたくさんの人が関わるため、やりとりする先も多くあります。

・11:00/外装に関する打合せ
今は美術館の設計を手掛けています。この日は外観のデザインを決めるため、外装を手掛ける業者に事務所に来てもらい、打合せを行います。
イメージしているデザインが物理的に実現可能なのか、実現させるためにはどんな素材を使うといいかなど、外装のプロと意見を交わします。

・12:30/昼食
1時間ほどの食事休憩を取ります。忙しい時期にはゆっくり食事休憩を取っていられず、簡単に済ませることもあります。

・13:30/設計
午前中の業者との打合せ内容を踏まえて、外観デザインを見直したり、手直しをしたりして外装の設計をつめていきます。
手直しした設計をもとに図面を描き起こし、アルバイトのスタッフに模型を造ってもらうよう依頼をします。
模型ができたら、柱、梁、空調などのダクトの見え方などをチェックして、気になる点があればもう一度考え直す、という作業を繰り返して納得のいく形を造り上げます。
そのほか、床材を決めるために建築雑誌を見ながらどんな素材があるのか、手掛けている業者はどんなところがあるかなども調べ、外装以外の設計も進めていきます。

・18:00/社内打合せ
この事務所では、設計期間中は社内打合せをほぼ毎日行い、チーム内で進捗状況の共有や確認を行います。また、デザイン方針も皆で意見を出し合って検討していきます。
この日は外装業者との打合せを踏まえて見直した外装の設計内容をチームに共有し、意見をもらいます。

・19:00/夕食
もうひと頑張りするため、事務所で腹ごしらえをします。時にはいったん外に出て近くのお店でご飯を食べることもあります。

・20:00/設計
社内打合せでもらった意見を参考にしながら、デザインを再考していきます。この時間帯は電話がかかってくることも少ないので、集中して設計に臨めます。

・22:00/退社
翌日に備えて頭と体を休めます。いいアイデアを生み出すために、きちんと寝て頭をすっきりさせることも大切です。
時には家でのリラックスした時間にふとアイデアがひらめくこともあると言います。

外に出る機会も多い

設計期間中は依頼主との打合せのほかは、アイデアをまとめたり、図面を描いたり、調べ物をしたりと事務所で仕事をする時間が長いようです。
しかし、建築士の仕事には外での作業も多くあります。まず設計に取り掛かる前段階では、実際に建物を建てる敷地に足を運び、土地の状況や周辺環境、街の様子を1日かけて見てまわることもあります。
また、類似する建物を見に行くこともあります。例えば美術館を手掛ける場合は、ほかの美術館に訪れて館長や学芸員の方に建物の特徴などの話を聞き、参考にすることもあるそうです。設計のプロセスは人によって様々ですが、外に出てあらゆる情報をインプットし、アイデアのヒントを見つけ構想を練っていく時間も大切なのです。
さらに、工事が始まると現場監理も行います。現場に行って図面通りに造られているかを確認したり、職人に必要な指示を出したり、検査に立ち会ったりします。

休日も建築に触れている人が多い

休日は、新しくできた話題の建物を見に出かけるほか、建築やアート系の展覧会に足を運ぶこともあります。
なかには建築士の資格取得を目指し、スクールに通う人もいます。
建築士には「建築が好き」という人が多く、休みの日でも建築との接点を持ち、自分の感性や想像力を磨き、アイデアの引き出しを増やすための時間を過ごしたり、スキルアップに時間を費やしたりする人が多いようです。

全国のオススメの学校

関連する仕事のタイムスケジュールもチェックしよう

建築士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路