• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • 川崎医療福祉大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • リハビリテーション学部

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

リハビリテーション学部

患者さん主体の医療を実現できる理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士に

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

  • 理学療法士

    運動やトレーニングで機能回復を目指す『リハビリの専門家』

    運動を主体とした治療や訓練を行い、病後や障害の機能回復と日常生活動作などの維持や改善を図る仕事。運動療法、物理療法、日常生活動作訓練、義手や義足・車椅子などの装具に関する訓練をする。対象疾患は、中枢性疾患、整形疾患、脳性まひ、内部疾患など、小児から高齢者まで幅広い。

  • 言語聴覚士

    「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト

    言語聴覚士は、1997年に国家資格となった比較的新しいリハビリテーション専門職です。脳卒中や事故の後遺症による障がい、生まれつきの障がいにより、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人のリハビリテーション(リハビリ)を手助けするのが主な役割。言語聴覚障がいに加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設など、さまざまな分野で活躍しています。言語聴覚士として働くためには、まずは国家資格を取得するのが一般的。高校卒業後、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は60~70%台で推移しており、作業療法士などほかのリハビリ職種に比べると少し合格率が低くなっています。とはいえ、養成施設の卒業後すぐに受験をする新卒者の合格率は例年80%を超えていることから考えると、養成施設でのカリキュラムをしっかりこなし、卒業年次に受験することが合格への近道と言えるでしょう。

  • 視能訓練士

    目のさまざまな検査と訓練を行うエキスパート

    視能訓練士とは、生活していくなかで重要な役割を果たす「目」に関する、あらゆる検査や機能回復の訓練を専門的に行う仕事です。現代社会では、スマートフォンやタブレット、ゲーム機などの普及によって、昔よりも目を酷使する機会が増え、視力の低下や疲れ目を訴える人も増加しています。それに伴って、眼鏡やコンタクトレンズをはじめ、レーシックなどの矯正手術も日々進化しています。こうした治療方針や診断を、医師は視能訓練士の検査結果をもとに決定していきます。視能訓練士になるには国家資格が必要になり、受験資格を得るには養成施設で1年から3年以上学ぶか、または視能訓練士養成課程のある4年制大学に進学する方法があります。主な就職先は眼科診療所や病院などです。赤ちゃんから高齢者まで幅広く接することが多い仕事で、需要も増えています。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

高齢者や障がい者の身体機能回復や、生活の自立、社会参加を支援できる理学療法士に

高齢者や障がい者の身体機能回復や、生活の自立、社会参加を支援できる作業療法士に

障がいがあるコミュニケーション機能の回復を支援する専門家を育成する

視覚の状態の科学的分析をはじめ、視機能の病態評価を行い、リハビリテーションの理念を備えた視能訓練士を養成

キャンパスライフShot

川崎医療福祉大学 各種検査・測定および評価プロセスについて理解し、実践できる知識と技術を修得する「理学療法評価学実習I」
各種検査・測定および評価プロセスについて理解し、実践できる知識と技術を修得する「理学療法評価学実習I」
川崎医療福祉大学 作業療法士の指導のもと行う「作業療法臨床実習」では、学生がレクリエーションを企画・運営します
作業療法士の指導のもと行う「作業療法臨床実習」では、学生がレクリエーションを企画・運営します
川崎医療福祉大学 模擬患者さんの見え方に応じて疾患を予測しながら検査を進める「臨床視能学実習」
模擬患者さんの見え方に応じて疾患を予測しながら検査を進める「臨床視能学実習」

学部の特長

学ぶ内容

理学療法学科
医療・保健・福祉など幅広い分野で地域社会に貢献できる理学療法士を養成します。ニーズが高まる心疾患や呼吸器疾患、スポーツ医療においてもリハビリテーションを推進するチームの一員としての活躍をめざします。
作業療法学科
医療や保健、福祉などの分野で貢献し、リハビリテーションを推進するチーム医療の一員として活躍できる作業療法士を育成します。食事や着替えなどの作業活動を用いて訓練や指導を通して患者さんに寄り添い、支えることのできる知識・技術を修得します。
言語聴覚療法学科
言語発達やコミュニケーション、食べることの障がいに対して支援を行う言語聴覚士を養成します。検査や症状の分析を正しく行うための知識と技術を修得し、患者さんと信頼関係を築くとともに、チーム医療の一翼を担う医療人としての豊かな人間性を育みます。
視能療法学科
視能障がいの検査および症状の分析を正しく行うための知識と技能を身につけ、患者さんの不安を和らげることができる視能訓練士の育成をめざします。患者主体の医療を行うため、医師の指示のもと関連する他職種と連携し、治療にあたることができる協調性とコミュニケーション能力を育てます。

授業

先生
本学部の先生は川崎医科大学附属病院の現役ドクターや、他医療機関で活躍するリハビリの専門家が勢揃い。現場での豊かな経験を活かした指導が魅力です。

資格

2017年度国家試験合格状況
数字は合格率(合格者数)/全国平均 ■理学療法士98.1%(52名)/81.4% ■作業療法士100%(51名)/77.6% ■言語聴覚士87.8%(36名)/79.3% ■視能訓練士100%(29名)/97.7% ※前身学部・学科である医療技術学部リハビリテーション学科、感覚矯正学科の実績
取得できる資格
■全学科共通/社会福祉主事任用資格
受験資格が得られるもの
■理学療法学科/理学療法士(国) ■作業療法学科/作業療法士(国) ■言語聴覚療法学科/言語聴覚士(国) ■視能療法学科/視能訓練士(国)

就職率・卒業後の進路 

■就職実績(2018年3月卒業生)
■理学療法学科  就職率100%/就職者52名 ■作業療法学科  就職率100%/就職者48名 ■言語聴覚療法学科  就職率100%/就職者29名  ■視能療法学科  就職率100%/就職者29名 ※前身学部・学科である医療技術学部リハビリテーション学科、感覚矯正学科の実績

問い合わせ先・所在地

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288
086-464-1004 (入試課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県倉敷市松島288 「中庄」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内


川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る