• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 宮城
  • 東北学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部

私立大学/宮城

トウホクガクインダイガク

工学部

電力・制御分野、情報・通信分野、電子・材料分野の幅広い学習プログラムで即戦力になる

学べる学問
  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 自動車整備士

    自動車を点検・整備・修理して、安全確保に努める

    自動車整備士は、自動車に関する専門知識をもち、乗用車やバス、トラックなどさまざまな車を点検・整備・修理する技術と資格を有するエンジニアです。車社会である現代では、自動車を安全で快適に使用するために必要不可欠な仕事で、交通事故などを減らす社会的な役割も担う重要な人材となっています。最近ではハイブリッド車や電気自動車など自動車の進化とともに必要とされる知識や技術がより高度になっていることもあり、ニーズが高く、将来性もあって、やりがいのある仕事として注目されています。自動車整備士は国家資格であり、一定の受験資格を満たしたうえで、技能検定試験にパスする必要があります。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • 電気主任技術者

    安全な電気利用に欠かせない

    電気工作物の工事の監督のほか、電気を送り出す管理室で電気が滞りなく供給されているかどうかや、故障があった場合の処理をする。電気を安全に供給、運用する際の監視人のような役割を担う。電気は取り扱いを間違えると大きな事故の原因ともなるので管理責任は大きい。

  • 電気技術者・研究者

    家電製品から電力会社まで電気を扱う分野は幅広い。それらの電気を扱う場所での技術管理や研究開発を行う。

    あらゆる分野で「電気」は必要不可欠なものになっている。それに伴い、電気を扱う技術者はすべての企業や業界で活躍している。大きく分けると家電製品や通信・エレクトロニクスで使用する「弱電」を扱う電機機器や通信機器の開発・製造管理をする「弱電技術者」と、電力会社や送電所、変電所、大規模な工場などで使用する「強電」の電気設備を開発・管理する「強電技術者」の2種類になる。電気技術者は企業や工場などの現場ですぐ役立つ開発や管理を行うのに対し、研究者はより長期的な視野に立った電気技術の研究を行っているといえる。

  • 電気通信技術者・研究者

    現代社会では欠かせない通信やネットワークに関する様々な技術や研究開発を行う。

    電話やインターネットなど、電気通信に関するさまざまな技術を開発し、新しい通信システムなどを設計・管理するのが電気通信技術者。電話会社や情報通信会社、それらの設備設計・施工を行う会社や、電気機器メーカーなどで活躍する。銀行のATMシステムやインターネットバンキング、電車や飛行機などの制御システムなど大規模なものから、企業内のイントラネットなどの設計・管理など個別のものまでさまざまな分野に関わる。これらの電気通信技術が今後どのように成長し、それが世の中をどう変えていくのかなど研究する。

  • 土木・建築工学技術者・研究者

    建造物の基本となる土木工事や建築工事などの安全性や効率などを考えた新しい施工技術の開発、研究を行う。

    さまざまな建造物の土台となるのが土木工事。また、道路建設のような建造物のない工事は、土木の仕事。それらの土木工事の計画から設計、施工、管理などのリーダーとして全体を把握し、現場がスムーズに動くように采配をふるうのが、土木工学技術者。一方、建築物の強度や耐震性など、安全面を重視した工法や建築工学に基づいた施工技術を考え、建築現場の管理をするのが建築工学技術者。これらの技術や工法などの研究を、大学や関連研究施設で行うのが土木・建築工学研究者だ。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

機械知能工学科

電気電子工学科

環境建設工学科

環境土木コース

建築コース

情報基盤工学科

キャンパスライフShot

東北学院大学 電気電子工学科/土井正晶教授。地球環境とエネルギー化の解決を視野に、豊かで安全な生活ができる未来型社会を実現。
電気電子工学科/土井正晶教授。地球環境とエネルギー化の解決を視野に、豊かで安全な生活ができる未来型社会を実現。
東北学院大学 情報基盤工学科/グループワーク。プログラム開発やディスカッションなど様々な課題についての話し合いを欠かしません。
情報基盤工学科/グループワーク。プログラム開発やディスカッションなど様々な課題についての話し合いを欠かしません。
東北学院大学 歴史と文化の薫りが感じられる多賀城キャンパスは、時代に即した最先端の機器や設備環境が整えられています。
歴史と文化の薫りが感じられる多賀城キャンパスは、時代に即した最先端の機器や設備環境が整えられています。

学部の特長

学ぶ内容

機械知能工学科
現代社会に欠かすことのできない機械工学系の基礎と応用力を身につけた技術者養成のため、“知的なものづくり”を通してプレゼン能力やコミュニケーション能力にも磨きをかけます。「スマートデザイン」、「グリーンエナジーシステム」、「バイオロボティクス」、「メカノエンジニアリング」の4コース制。
電気電子工学科
現代社会を支える電気関連技術を総合的に学び、社会のニーズ、時代の変化に対応できる技術者を育てます。「電力・制御系」、「情報・通信系」、「電子・材料系」の3分野を網羅的に学ぶことができ、情報技術を活用した発送電技術や、未来の情報通信を支える新しい材料・デバイス技術の最先端を修得します。
環境建設工学科
安全で快適な空間の創造を目指す「建築分野」、生活を支える建築技術を学ぶ「土木分野」、様々な環境問題の解決に取り組む「環境分野」。これらはすべて、現代の社会基盤には欠かせないものです。本学科では、これら3つの分野についての知見を広め、幅広い知識を身につけた技術者を養成します。
情報基盤工学科
情報・通信分野で必要とされるデータサイエンス、通信ネットワーク、サイバーセキュリティの3領域を「人工知能」、「情報通信工学」、「情報セキュリティ工学」などの多彩な講義を通じて、バランスよく学べます。また、実践的な講義が多数開講されており、基礎から応用までを幅広く身につけることで情報・通信分野で活躍できるエンジニアを育成します。

授業

ロボット研究
音声指示による移動ロボットや、マッサージ用ロボットハンドとアームなど、「人とともに暮らし、安全で快適なサービスを提供してくれるロボットの開発」。機械知能工学科・梶川研究室では人の動作を手本にしながら、使いやすく親しみやすいロボットの研究を重ねています。
エネルギー問題
電気電子工学科・呉研究室では日々の生活に必要不可欠な電力・エネルギー問題の解決に取り組んでいます。風力、太陽光、小型水力などの再生可能エネルギー発電を高効率的に利用するために、電力貯蔵や電力変換制御などを利用した小規模な電力供給システム(マイクログリッド)の構築技術の研究を進めており、国内外から注目されています。

オープンキャンパスに行こう

OCストーリーズ

就職率・卒業後の進路 

■目指せる仕事
自動車整備士、機械技術者・研究者、電気主任技術者、電気技術者・研究者、電気通信技術者・研究者、土木・建築工学技術者・研究者、中学校・高校教諭他
■就職実績(2018年3月卒業生実績)
竹中工務店、鹿島建設、鴻池組、東急建設、トヨタ自動車東日本、本田技研工業、YKK、NTTデータ東北、日立ビルシステム、富士ゼロックス宮城、JR東日本、JR北海道、日本貨物鉄道、日本郵便、東北電力、NTT-ME、リコージャパン、地方公務員、宮城県教員他

問い合わせ先・所在地

〒985-8537 宮城県多賀城市中央1-13-1
022-368-1116 (庶務係)

所在地 アクセス 地図・路線案内
多賀城キャンパス : 宮城県多賀城市中央1-13-1 JR仙石線「多賀城」駅から徒歩 約7分
JR東北本線「国府多賀城」駅から徒歩 約15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東北学院大学(私立大学/宮城)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路