• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 建築・土木・インテリア
  • 測量士
  • 仕事内容
測量士の仕事内容

測量士の仕事内容

全国のオススメの学校

測量士の仕事には、屋外で行う「外業」と事務所内で行う「内業」の2種類があります。
まず作業計画・測量計画などを立案した後、作業現場に出向き、多様な専門機器を活用して測量を行います。実際の測量は、測量士補(測量士の計画に従って測量を行う資格者)が担当するケースもあり、その場合、測量士は業務が予定どおり進行するように全体を統括します。測量を終えた後は、データをパソコンに保存。事務所に戻って観測したデータをもとにさまざまな計算を行った後、測量ソフトを利用して図面作成を行い、必要な書類とともに依頼者に提出します。

外業

屋外で行う測量作業を外業といいます。2~5人程度でチームを組み、GPS(グローバル・ポジショニング・システム)や関数電卓、トランシット(角度を測る器械)、レベル(高低差を測る器械)、光波測距儀(光を使って距離を測る器械)などの専門機器を駆使して測量を実施し、そこで得た結果を保存します。計測場所は市街地とは限らず、山の中や湖畔、海峡など、あらゆる土地で行います。
GPS技術の発展に伴い、近年は測量の効率化が飛躍的に進んでいます。こうした測量は、測量士が作成した計画に従って測量士補が行うことがあり、その場合、測量士は全体を統括する役割を担います。
工事がはじまると、測量士は設計した位置に構造物が正しく構築されているかどうかを確認します。測量はミスが許されないので、何回も確認しながら厳密にチェックします。

測量分野

地表の形状は大変複雑なため、位置や高さ、長さ、面積を正確に把握するには高度な測量技術が欠かせません。
測量には、土木測量、地図測量、地籍測量という3つの分野があります。土木測量は、建物の建造や道路の施工などの際に必要になる測量で、さまざまな専門器具を駆使して計測します。地図測量は、地図を作成するための測量で、航空写真などを元に作図します。地籍測量は、個人や法人が所有する土地の広さを正確に測るものです。

内業

測量士が事務所で行う作業を内業といいます。手順としては、まず作業計画・測量計画などを立案します。測量後は観測したデータを基にさまざまな計算を行った後、測量ソフトを利用して図面作成を行います。完成した図面は製図機器を使って描画し、必要な書類をとともに依頼人に提出します。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

測量士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路