• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪医療技術学園専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療心理科

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

オオサカイリョウギジュツガクエンセンモンガッコウ

医療心理科

募集人数:
40人

心理学を学び、医療・福祉の現場で心の健康を支えるプロを目指す

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • スクールカウンセラー

    子供専門のカウンセラー。快適な学校生活と人格形成に大きな影響を与える

    スクールカウンセラーは、生徒や児童のカウンセリングを行う。子供が自ら相談に来る場合だけでなく、普段から子供の言動に注意し、潜在的な問題にも取り組む。そのために、教師や保護者との面談、コンサルテーションや家庭訪問も大切な仕事の一つだ。

  • 児童指導員

    保護者の代わりに子どもを養育し、自立を支援する専門職

    児童指導員とは、何らかの事情で保護者からの養育を受けることが困難になった0から18歳の子どもたちを、公的責任の下で保護者に代わり保護・養育するという、責任ある仕事です。子ども一人ひとりに寄り添いながら成長を24時間体制でサポートし、自立のための援助も行います。社会状況の変化により、子どもたちが抱えている問題が多様化しているため、保育に関する知識はもちろん、心理学や医学的な幅広い知識をもつことが求められています。

  • 保育士

    乳幼児を保育し、成長をサポート。保護者への情報提供も

    食事、排泄、睡眠、遊びなど日常生活を通じて、健やかな心と身体を持った子どもに成長するように援助する仕事。保育所は仕事と育児を両立させる父母を支え、乳幼児を保育する児童福祉施設だが、特に最近では単に子どもを預かるだけでなく、保育情報の提供や相談などが重要な役割となっている。

  • 訪問介護員(ホームヘルパー)

    家庭に派遣され、家事を代行する

    高齢者や心身障害をもつ人の家庭などに派遣され、炊事、洗濯、掃除などの家事を代行する仕事。時には入浴や排泄補助などの介護や、福祉施設へのつきそいなども行う。定期的な訪問の中で、家族の生活、介護に関する悩みや相談にも応じ、家事だけでなく精神的な負担も軽くするよう努める。

  • 精神保健福祉士

    精神障がいのある人の生活を援助し、社会復帰をサポートする

    精神病院や社会復帰施設、および保健所などに勤務して、精神障害者に対し、社会復帰のための手助けする。また家族の相談相手になったり、医師や看護師、作業療法士などの治療チームの調整役を務めるなどさまざまな役割を持つ。精神障害者の福祉向上のためにニーズは高まっている。

  • 医療ソーシャルワーカー

    患者が社会復帰するための援助・助言をする

    入院患者やその家族が直面するさまざまな問題解決のための援助を行う。例えば保健や治療費の減免制度活用の援助、患者とその家族の人間関係の調整、受診・受療を促進するための心理的・社会的援助、退院後の福祉施設の選定や在宅ケアサービスの調整など、患者やその家族の話に親身になったアドバイスを行う。

  • 福祉施設指導専門員

    福祉施設を利用する老人や障害者への直接指導を行ったり、施設職員の指導を行ったりする。

    老人福祉施設や障害者福祉施設、児童福祉施設などで、入所している老人の介護、障害者への生活指導や職業指導、児童の生活や養育の面倒を見るなど、入所者への直接的な指導を行う一方、施設職員の能力向上のための指導なども行う。また、施設行事の日程を企画したり、要介護者のケアプランの作成を行ったり、訪問看護のケアマネージャーを行うなど、施設と患者の間に立ったプラン作成やマネージャーとしての役割を果たす。さらに、必要に応じて、他の機関(専門の病院など)との連携がとれるように調整することも。

  • 福祉相談指導専門員

    医療福祉や介護の中で、患者とその家族の相談を受けたり、介護に携わる人の指導や相談を受ける。

    医療福祉施設や介護施設、介護などに関連する商品を販売している会社などで活躍するのが福祉相談指導専門員。まず、患者とその家族の相談を受けて、精神的な支えになったり、具体的な生活指導やさまざまな情報の提供を行う。一方で、介護に直接携わる人の相談に乗り、指導を行う。「介護サービスのプラニング」「ホームヘルパーの指導」「行政機関・ボランティア団体の連携折衝窓口」などを通じて、介護に携わる人をバックアップする。また、介護に必要になる介護医療機器(用品)のアドバイスをしたり、購入の手助けをしたりもする。

初年度納入金:2017年度納入金 100万円  (別途教科書代等)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

【精神保健福祉士専攻】医療・福祉で活躍する精神保健福祉士を目指す!
医療・福祉業界では、心に不安や障害を抱える人々へのケアやサポートを行うことができる「精神保健福祉士」のニーズが高まっています。国家資格である精神保健福祉士受験に必須となる科目を履修し、資格取得を最大の目標に、即戦力になる人材を育成します。
【医療ソーシャルワーカー専攻】医学・医療事務などもわかるソーシャルワーカーを目指す
「心理学」「カウンセリング」を基礎として診療報酬の知識や他部署、他職種のスタッフとの連携業務に対応できる医療専門用語や病気・ケガの知識などの授業を多く取り入れ、病院で活躍するソーシャルワーカーとして求められる知識を学びます。
【医療保育専攻】子どもの「ココロ」を学び、医療や福祉業界で活躍!
子どもの心がどのようにつくられるかを専門的に学習。将来は、児童施設や保育所などで働くことができます。精神保健福祉士<国>だけでなく、 在学中に通信教育の併習サポートで保育士<国>の取得も目指します(姉妹校:大阪保健福祉専門学校通信課程併修)。

卒業後

就職状況は好調。2016年3月卒業生については就職希望者264名全員が就職(学校全体)
主な就職分野は総合病院や精神科病院、心療内科クリニック、児童施設、保育所、社会福祉施設など各専攻の専門を生かせる所へ確実に就職可能。卒業後に受験する精神保健福祉士<国>(希望者のみ)の受験対策授業やインターネット講座、模擬試験などを実施し国家試験 合格に向けてバックアップ。

資格

【精神保健福祉士専攻】メンタルを支援するための国家資格「精神保健福祉士」取得を目指す
国家資格の精神保健福祉士(卒業後1年間の実務経験が必要)や、メンタルヘルス・マネジメント検定、色彩福祉(R)検定、カウンセラー(JESC認定)資格などの取得を目指します。
【医療ソーシャルワーカー専攻】心理学検定や医療事務系資格を徹底的に取得
心理系の資格で難度の高い「心理学特1級」を目指す他、メンタルヘルス・マネジメント検定、色彩福祉(R)検定、カウンセラー(JESC認定)資格も取得。また、医療秘書技能検定や電子カルテ検定などの医療事務系の資格を取得し、カルテの読めるソーシャルワーカーを目指す。

募集コース・専攻一覧

  • 医療ソーシャルワーカー専攻 (2018年4月設置予定)

  • 精神保健福祉専攻 (2018年4月設置予定)

  • 保育心理専攻 (2018年4月設置予定)

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 精神保健福祉士<国> (実務経験1年必要)

目標とする資格

    • 保育士<国> (児童カウンセリング専攻対象・大阪保健福祉専門学校通信課程併修)

    カウンセラー(JESC認定)
    心理学検定
    色彩福祉(R)検定
    メンタルヘルス・マネジメント検定
    サービス接遇検定 ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者264人中/264人就職 )

主な就職先/内定先

    医療法人光愛会 光愛病院 、 和泉中央病院 、 医療法人三上会 東香里病院 、 一般財団法人 信貴山病院 、 上野病院 、 榎坂病院 、 社会福祉法人 阪神福祉事業団 、 社会福祉法人関西中央福祉会 淀川暖気の苑 ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

上記は医療心理科の就職先です

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
フリーダイヤル0120-78-2501
info@ocmt.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区東天満2-1-30 京阪電車「天満橋」駅から徒歩 8分
地下鉄谷町線「南森町」駅4-A出口より地下連絡通路(JR1出口)を経て 徒歩 約8分
堺筋線「南森町」駅4-A出口より地下連絡通路(JR1出口)を経て 徒歩 約8分
JR東西線「大阪天満宮」駅JR1番出口から徒歩 3分

地図

 

路線案内


大阪医療技術学園専門学校(専修学校/大阪)